野球

松田亘哲は名古屋大学で学部はどこ?出身高校やwiki経歴プロフィールを調査!

2019年のドラフト候補にもなっている松田亘哲投手についてご紹介したいと思います!松田亘哲は名古屋大学に通っていますが学部はどこなのか、また出身高校や高校時代について、wikiや経歴プロフィールをまとめていきます!

スポンサーリンク

松田亘哲のwikiプロフィール!

名前:松田亘哲(まつだ ひろあき)

生年月日:1997年5月16日

年齢:22歳

身長:176㎝

体重:80kg

出身高校:江南高校

大学:名古屋大学

ポジション:投手・左投左打

松田亘哲投手は。愛知大学三部リーグで活躍する投手。最速146キロのストレートで、左腕の投手です。

続いて詳しい松田亘哲投手の詳しい経歴を調べてみました。実は松田亘哲投手は異色の経歴の持ち主という意味でも注目されています。

松田亘哲の経歴

松田亘哲投手の出身地は愛知県岩倉市です。松田亘哲投手は小学1年生の時に野球を始めました。小学生時代は野球が大好きでドラゴンズのファンだったそうです。

小学生の頃からポジションは投手。なぜピッチャーだったのかはよく覚えていないけど、ピッチャーが一番カッコイイと感じたそうです。

中学生になってもそのまま野球を続けて、中学2年生の時に愛知県大会の決勝まで進出、中学3年生の時は愛知県大会の出場したが初戦で敗退。

しかし高校生になると松田亘哲投手は野球をやめてなぜかバレーボール部へ入部してしまうのです。

松田亘哲の出身高校はどこ?

松田亘哲投手の出身高校は愛知県立江南高校です。高校では野球部に入らずなぜかバレーボール部で入部した松田亘哲投手。バレーボール部に入った理由は、元々身長が低く、身長が高校1年生時160㎝しかなかったそうです。

中学時代も周りの体格のよい投手にはどうしても勝てなかったし、「体が小さい割にはよく投げられてるしスピードも速と言われていて、そこで頑張れば良かったのかもしれないけど、もう野球はいいかな」と思ってしまったそうです。

そんな理由と中学時代の友達がバレーボール部に入部したこともあり、松田亘哲投手バレーボール部に入部。

しかし身長が160㎝程度だったので、アタッカーにはなれず、リベロを志願したそうです。

高校から始めたバレーボール部でしたが、元々運動神経が良かった松田亘哲投手はバレーボール部でも才能を開花させ、リベロとして県大会まで出場することができました。

高校時代は3年間バレーボール部に熱中し、やりきった感があり納得してバレーボール部を引退。そのため高校時代は3年間野球の練習はしなかったそうです。

しかしバレーボール部を引退すると、再び野球へ気持ちが復活。

大学受験勉強中にもう一度野球がしたいと思うようになったそうです。

志望大学を名古屋大学に決めて、野球部を調べたり、硬式野球の経験がないことから野球部に入れるのか不安もあったそうですが、友達から大丈夫という言葉をもらい、名古屋大学に合格し野球部に入ろうと決断しました。

スポンサーリンク

松田亘哲は名古屋大学で学部はどこ?

松田亘哲投手は名古屋大学経済学部経済学科に合格し念願の野球部に入部します。大学生になると身長も175㎝まで伸びていて、身長を気にすることはなくなったそうです。

 

野球部に入部した松田亘哲投手について服部監督は松田亘哲の印象について「身体が細い」「黒縁メガネ」と振り返っています。

松田亘哲投手は、硬式野球部は初めてでしたが最初から投手を希望。3年間のブランクはありましたが、バレーボール部で日々身体を鍛えていたこともあり、3年間全くやっていないとは思えないくらい安定した投球をしていたそうです。

硬式ボールでも十分投げられることもわかり、これならいけそうだと松田亘哲投手も感じたことでしょう。

松田亘哲の大学時代の成長がすごい!

松田亘哲は高校3年間のブランクもあったことから、誰よりも練習に熱心に取り組みまた、細かった身体をもっと太く逞しくするために1日5食5000kcal食べる食生活を始めます。

1日5000kcal食べるのは、かなり大変だったそうです。また食費も大幅にアップしてしまうため、野球部の練習後に塾講師のバイトもしていたそうですよ。経済学部で成績も優秀だったそうです。

毎日の練習に加えて、その後に塾講師のバイトってすごい生活ですよね。野球だけでなく頭も良かった松田亘哲投手。

毎日ご飯を食べまくったおかげで、細かった松田投手の身体は見る見る体重が増え81kgのガッチリ体型になりました。

体重が増えて、体型も安定した松田亘哲投手は、投球スピードもコントロールも上がうようになっていきました。

松田亘哲がメガネをかけて投げる理由は?

野球選手で眼鏡をしている人って珍しいですよね、だいたいコンタクトレンズにしていると思うのですが、黒縁メガネをつけているのは理由があるそうです。

その理由とは、

「名古屋大学出身でメガネをかけていたら頭良さそうにみえて、そんなインテリやろうが投手として活躍していたら世間も驚くじゃないですか。あのメガネをしたやつすごいなって思ってもらえるし印象に残ると思うのでメガネをしています」

と話していました。こんなことを考えるのも松田亘哲投手らしいですよね。インテリ投手になりそうです。

スポンサーリンク

まとめ

プロ志望を出している松田亘哲投手。運命のドラフト会議は2019年10月17日に開催されますね。

松田亘哲投手は念願のプロ入りができるのでしょうか?

これまでの努力が結果に残るように応援しています。

スポンサーリンク