気になるニュース

福島県郡山市青酸ソーダ流出した工場の名前や場所はどこ?健康被害や人への影響は大丈夫?

台風19号の影響を受けた、福島県郡山市市内にあるメッキ工場から猛豪のシアン化ナトリウム(青酸ソーダ)が流出していることがわかりました。この青酸ソーダ流出で、健康被害や人への影響はあるのでしょうか?また工場の名前や場所について調べてみました。

赤ちゃんや小さいお子さんがいるご家庭は特に心配ですよね。

スポンサーリンク

福島県郡山市青酸ソーダ流出した工場の名前や場所はどこ?

福島県郡山市にある市内のメッキ工場は、台風19号の影響で近くを流れる阿武隈川が氾濫し、泥水が工場内に押し寄せ工場内は冠水。

その後、メッキ工場から猛毒のシアンナトリウム(青酸ソーダ)が流出したと発表しています。

工場の名前は『メッキ処理・化成処理専門のSANMIX サンビックス』です。こちらの会社の第2工場から青酸ソーダが流出してしまいました。

シアン化ナトリウムが検出されたのは、台風19号が去った後に、工場の排水をためる調整池を市の職員が調べたところ、排出基準の46倍の濃度のシアンかナトリウムが検出されたことが発覚しました。

シアン化ナトリウム青酸ソーダは、メッキには広く用いられていることから今回流出されたものと思われます。工場内は大規模な浸水被害を受けていて、その影響から工場の廃液槽から漏れた可能性が高いとしています。

郡山市メッキ工場から青酸ソーダ流出で健康被害や人への影響は?

青酸ソーダは猛毒のため健康被害や人への影響が心配です。台風被害を受けた工場内で復旧作業をしていた社員もたくさんいますが、現在のところ健康被害は報告されていません。

しかしシアン化ナトリウムは猛毒で、ガスを吸い込んでしまうと、めまいや呼吸困難を起こすこともあり、また数秒で死に至るこもあるそうです。

怖すぎますよね。

工場近隣に住む約20世帯には避難を呼びかけています。

小さいお子さんや赤ちゃんがや子供がいるご家庭は本当心配ですよね。

範囲が広がらないといいのですが。

ネットのニュースを見ると、健康被害の心配はないという専門家の意見もありますが、何かあってからでは遅いのでお近くにお住まいの方は、完全に処理されるまでは近づかないのが無難でしょう。

スポンサーリンク

青酸ソーダは現在も流出しているの?

10月19日(土)現在も、まだ猛毒シアン化ナトリウムは流出しているようですので、安心することはできません。郡山市は土嚢を設置して至急シアン化ナトリウムの回収をしています。

一刻も早く全ての青酸ソーダの回収をして頂きたいと思いますが、作業に当たる方も健康被害には十分注意してほしいと思います。

まとめ

福島県郡山市青酸ソーダ流出した工場の名前や場所はどこ?健康被害や人への影響について調べてみました。

自分の住んでいる近くて同じようなことが起こっていたら本当に恐怖です。

命の危険はないとしながらも、むやみに現場に近づくのは絶対やめましょう。

また新しい情報が入り次第更新していきます。

スポンサーリンク