気になるニュース

横浜宝飾展でダイヤモンドルース盗難なぜ?原因や警備員セキュリティ対策は無し?

横浜宝飾展でダイヤモンドルース盗難なぜ?原因や警備員セキュリティ対策は無し?というニュースについて深掘りしていきます。

横浜みなとみらいにあるパシフィコ横浜にて宝飾展が開催さているをご存知でしょうか?この宝飾展で展示されていた時価2億円相当のダイヤモンドが盗難されてしまいました。まるでコナンの怪盗キッドのようですが、なぜ盗難されてしまったのでしょうか?原因や理由が気になりますよね。

警備員やセキュリティ対策はちゃんとしていたのか調べてみました。

スポンサーリンク

2億円のダイヤモンドルース盗難事件の詳細は?

10月24日午後、みなとみらいパシフィコ横浜のDホールにて開催されている宝飾展のショーケースから時価単価2億円の「ダイヤモンドルース」が無いことに、主催者が気づき、警察に連絡。

盗まれたのは、直径約3㎝で50カラットのダイヤモンドです。

宝飾展によると、24日午後17時頃に、ショーケースからダイヤモンドルースを取り出して、お客さんに見せていたことがわかりました。

その後イベントが終了となる18時までの間にダイヤモンドルースが盗まれたことになります。

関係者によると、時価2億円のダイヤモンドルースのショーケースの施錠を忘れてしまった可能性があるとのことです。

一体誰が、ダイヤモンドルースを盗んだのでしょうか?

2億円のダイヤモンドルースが盗難された宝飾展の概要

ダイヤモンドルースが盗難された宝飾展のイベントの概要をまとめます。

イベント名:第7回 国際宝飾展 秋(秋のIJT)

開催期間:10月23日(水)~10月25日(金) 10:00~18:00(最終日は17:00まで)

会場:パシフィコ横浜

主催:リードエグジビションジャパン株式会社

リードエグジビション株式会社が主催となる国際宝飾展は、今年で7回目を迎える人気の宝飾イベントです。年に3回開催されていて、5月、10月、1月に行われています。

会場は神戸、横浜、東京で開催されているイベントです。

そしてこの宝飾展には誰でも入場できるわけではありません。入場には1名様1枚の招待券やVIP招待券が必要になっています。

しかしこの招待券は特別な人だけが受けとれるわけではなく、申し込みをすれば誰でも招待券がもらえるようになっています。

事前に招待券を請求する必要があり、当日招待券を持っていない場合は入場料に5000円がかかってしまいますので、招待券を持って入場している人が殆どでしょう。

また盗難するとしても、偶然ショーケースの鍵が開いていることに気が付いて、盗難したと考えられますので、最初から盗む気持ちでイベントに参加したわけではなさそうです。

スポンサーリンク

2億円のダイヤモンドルースが盗難はなぜ?原因は?

なぜ盗まれてしまったのか、原因は施錠ミスですが、時価単価2億円のダイヤモンドルースの近くに警備員はいなかったのでしょうか?

そんなに高価なダイヤモンドであれば、近くに警備員が立っていてもおかしくありません。

また万が一の場合も考えて、セキュリティーレベルを上げていたのかも気になりますよね。

この二つの条件はちゃんと準備されていたのか、これから判明してくるでしょう。

世間の反応は?

まず筆者の意見ですが、宝石強盗がまさか日本で起きるなんて、ちょっと信じられません。またイベント会場で宝石を盗むとは、計画的な犯行ではなくて出来心の犯行のように思います。

また、施錠を忘れたというのは本当なんでしょうか?そこまで高価なショーケースの施錠を忘れるってかなりお粗末さん。もし自分だったら何回も施錠されているか確認すると思います。

ここら辺の事情も警察が調査していると思います。

ここからは、世間の声をお届けします。

・まるでコナンの怪盗キッドの話みたい。犯人が捕まるのも時間の問題

・会場の警備はどうなってんだ?

・警備が甘い。普通なら2億円ダイヤの前はガチガチに固めるくらいは必要

まとめ

横浜宝飾展でダイヤモンドルース盗難理由、原因や警備員セキュリティ対策はどうなっていたのか調べてみました。

当日の警備体制は今後分かってくると思うのですが、7回目のイベントだし、これまで大きな事故もなかったので緩かったのかもしれませんね。

防犯カメラがあるのであれば、犯人が捕まるのもすぐでしょう。

スポンサーリンク