気になるニュース

女子ゴルフで不適正発言したベテラン選手は誰?暴言吐いたのはアノ人?

女子ゴルフのベテラン選手が暴言などの不適切発言が波紋を呼んでいます。10月24日から27日までの4日間で行われたマスターズGCレディースにて、死ねなどの発言をしたベテラン選手がいることが分かりました。

これにより、日本女子プロゴルフ協会の小林浩美会長が謝罪しています。

この不適切発言をしたベテラン選手とは一体誰だったのか調べてみました。

今の段階では予想とさせて頂きます。

スポンサーリンク

女子ゴルフで不適切発言をした経緯は?なぜ暴言?

今回行われた大会で不適切発言をしていますが、どんな状況だったのでしょうか。

『死ね』などの暴言を言われたのは、施設関係者の方です。ゴルフの大会が行われていた施設関係者の人は、以前からお風呂使い方のマナーが悪いと悩んでいたため、今大会から、お風呂にはタオルを置かないと決めたそうです。

つまりタオルの使い方が悪かったのでしょうか。調べてみるとお風呂からタオルがなくなるということが頻繫に起きていたそうです。

タオルを撤去したことにより、とあるベテラン選手が「なぜタオルを置いていないのか?」と施設の人に問いただします。施設の人もマナーが悪いから置かない決めたと話しても、ベテラン選手は納得いかなかったようで、2人の間で、タオルを出す出さないの言い合いがあったそうです。

まるで小学生の喧嘩のようです。

そして最終的に、施設関係者に対して「死ね、頭が固い」と暴言を吐き捨てたというのが今回の暴言騒動になります。

どう考えても、施設関係者に落ち度はなく、タオルがないことにキレたベテラン選手が悪いと思うのですが、この選手は一体誰なんでしょうか?

また女子ゴルファーのマナー問題が悪かったみたいなので、仕方ないのかなと思います。

女子ゴルフで不適切発言をしたベテラン選手は誰?

今回は女子ゴルフのマスターズで起こった問題です。マスターズのような大きな大会で、このような暴言を吐いた選手がいて非常に残念ですよね。

今出ている情報だと、このベテラン女子選手は過去に優勝した経験もあるそうです。

ベテランという言い方から年齢も30代の選手ではないかと予想されていますね。

ネットでは、いろんな選手の名前が飛び交っていますが、今の段階では、誰が不適切発言をしたのか決めるのは控えさせて頂きます。

恐らくすぐにでも名前が上がってくるでしょうけど、他の選手もとばっちりを受けてしまいますので。

暴言を吐いた本人も、こんな大事になるなんて思っていなかったでしょうし、女子ゴルフのイメージも悪くなってしまうので、謝罪はもちろん名前はまもなく公表されるのではないでしょうか。

というか早く誰だがハッキリさせないと他の選手も疑いがかけられて迷惑ですよね。

 

女子ゴルフは、上手い選手や可愛い美人な選手も多くて人気なだけに、ファンも今回の騒動にはがっかりしているでしょう。

最後に世間の声を聞いてみましょう!

スポンサーリンク

女子ゴルファーが暴言で世間の反応は?

お風呂場のタオルを持ち帰るって、そんなに良いタオル使っていたんですかね、銭湯に置いてるようなタオルを持って帰るってことですよね。

銭湯には行ったことありますが、タオルを持って帰りたいって思ったことはないですね~。

施設側もタオルだけの問題じゃないかもしれませんよね、使い方のマナーが悪いとか、他の理由もありそう。

優勝経験もあるベテラン選手だったら調子乗っている可能性は高そうですよね。

まとめ

いくら人気選手だからといって、人として最低限のマナーやルールを守るのは普通でしょうし、そこで揉めるってちょっとおかしいですよね。

一体誰が暴言を吐いたのか、今後明らかになってくるでしょう。

スポンサーリンク