気になるニュース

嵐Ray of Water歌詞の意味は?天皇陛下御即位奉祝曲!国民祭典!作詞は岡田惠和で読み方や経歴!

天皇陛下御即位奉祝曲を国民的アイドルの嵐が披露されますが、その組曲のタイトルはRay of Waterです。この曲を作詞したのが、岡田恵和さん。岡田恵和さんは脚本家としても活躍されていますが、天皇陛下御即位奉祝曲のRay of Waterの作詞も担当されています!

この歌詞にはどんな意味が込められているのでしょうか?

スポンサーリンク

嵐が歌う祝賀曲のRay of Water タイトルの意味は?

嵐が天皇陛下の前で披露する曲が嵐 Ray of Water に決定しました!この曲のタイトルにはどんな意味が込められているのでしょうか、普通に直訳すると「水の光」ですがこれがどんな意味なんでしょうか?

嵐が歌うRay of Waterの作詞は、岡田恵和さんが担当されています!岡田恵和さんと言えば、脚本家でこれまでにもかなりの有名ドラマや映画の脚本を担当されてきました。

令和となった、この特別な式典のために込めた歌詞は、特別な意味がきっとこめらえているはずです。


第一楽章 海神

第二楽章 虹の子供

第三楽章 Journey to Harmony

と三部から成り立つこの組曲。

嵐は第3楽章 『Journey to Harmony』を披露されます。

Journey to Harmonyの歌詞に感動するという声がさっそくたくさん上がっていますね!

 

令和という新しい時代に向けて、全ての国民が理解できるような歌詞になっているのではないでしょうか、歌詞をパッと見たところ難しい言葉は使われていませんでした。

実際テレビの前で嵐の歌声を中継で聞きましたが、素晴らしい歌で感動しました!!

緊張されていたと思うのですが、さすがプロ魂!皇后雅子さまの瞳にも涙がキラリと、涙を拭う姿に私もとても感動しました。

Journey to Harmonyは、誰が聞いても心に響くように、新しい時代として輝けるように、ぐっと心に染みるくる言葉で歌詞が書かれていましたよね。


「君が笑えば、世界は輝く」

まさに雅子さまに向けられたようなメッセージにも聞こえます!雅子さまの笑顔が見られるとやはり国民としても嬉しいですし、心から応援したくなりますよね!
この歌詞を考えたのが岡田恵和さんです。

岡田恵和さんについて少しご紹介させていただきます。

スポンサーリンク

岡田恵和のプロフィール!読み方は?

名前:岡田 惠和(おかだ よしかず)

名前は岡田恵和とも表記されています。

生年月日:1959年2月11日

年齢:60歳

出身地:東京都三鷹市

職業:脚本家 漫画原作者

名前はおかだ・よしかずさんと読みますね!

岡田恵和さんは、脚本家としてこれまで、数多くの有名作品を手掛けてきました

多すぎるので代表作はこちら

・南くんの恋人

・ビーチボーイズ

・ドク

・17才

・最高の恋人

・ちゅらさん

・おひさま

・最後から二番目の恋

・ど根性ガエル

・ひよっこ

・僕だけのマドンナ

・あいのうた

・バンビーノ

・銭ハゲ

・泣くな、はらちゃん

・奇跡の人

・セミオトコ

・少年寅次郎

岡田恵和がRay of Waterの作詞家!

天皇陛下御即位奉祝曲の作詞を担当されたのが、岡田恵和さんです。

歌詞やRay of Waterにはどんな意味が込められているのか、天皇陛下御即位奉祝曲放送後に追記していきたいと思います!

あわせて読みたい
雅子様が涙ぐむ理由や動画は?美しい賞賛の声多数!国民祭典とパレード国民祭典や即位パレードが無事に終了しましたが、雅子様の涙ぐむ姿に感動された方も多いのではないでしょうか?涙をぬぐう雅子皇后の姿に感動の声...

奉祝曲Ray of Waterのテーマは水

3部構成で作られた今回の奉祝曲ですが、タイトルのRay of Waterは天皇陛下が長年研究をされている「水」がテーマになっているとのことです!

今回の国民祭典のコンセプトは、「新しい時代」「世界平和の願い」「人々と絆」それに合わせて、天皇陛下の研究されている「水」を掛け合わせています。

奉祝曲 Ray of Waterの歌詞の意味は?

Ray of Waterの第三楽章嵐のJourney to Harmonyの歌詞の意味が少しずつ分かってきました。

Journey to Harmonyには自然を表す単語がたくさん使われています。これも「水」を意識して作られたのかもしれませんが、自然が豊かに育つためには水が第一に必要になりますよね。

歌詞の中には、「水・花・岩・しずく・雨・空・海」などの自然を表す単語がいくつも出てきています。新しい時代と共に、地球温暖化が進む地球、自然破壊も問題視されています。そんな世界と平和に新しい光が差すという意味も含まれているのかもしれませんね。

また誰の心にも温かく響く歌詞がとても印象的でした。

 

スポンサーリンク