気になるニュース

佐賀北高校バスケ部監督の名前や顔画像は?結婚や子供はいるの?

佐賀県立佐賀北高(佐賀市)の男子バスケットボール部で、監督の30代男性教諭が部員に体罰や暴言を繰り返していたことが、部員に対して暴言や体罰を繰り返し行っていたことが判明!この男子バスケットボール部の監督は誰で名前や顔画像はあるのでしょうか?

また結婚して子供はいるのか、体罰をした監督はどんな人物なのか調べてみました!

スポンサーリンク

佐賀県立佐賀北高の男子バスケ部の監督が暴言や体罰をしていた

またもや、部活動での体罰や暴言が明らかになりました。

今回、監督が体罰や暴言をしていたのは、佐賀県立佐賀北高校の男子バスケットボール部です。こちらの佐賀北高校バスケットボール部はインターハイや冬のウィンターカップ常連校で、バスケットボール部の強豪高校として有名でした。

強豪校となると、監督の指導もかなり熱量が増すと想像できますが、今の時代、体罰や暴言はもうしてはいけませんよね。

詳細についてはこちら。

バスケットボール部の監督は30代の男性教諭。部員に対して、体罰や暴言を繰り返していたことが発覚。男子バスケットボール部は夏の大会でもインターハイに出場されていました。

監督の暴言や体罰が発覚した経緯は、部員の保護者からの指摘だったそうです。監督は9月頃から練習中や試合中に、複数の部員に対してボールを投げつけたり、怒鳴り散らす、死ねや部活を辞めろなどの、暴言を生徒に吐いていたようです。

試合中となれば、多くの保護者や相手チームの生徒がいる中での暴言となり、複数の人の目撃情報が出ています。

問題となっている30代の監督は、2018年から、佐賀北高校に着任し、バスケットボール部の監督を引き受けていました。

なぜ監督は暴言や体罰をしてしまったのか?

体罰問題は、これまでにもニュースで取り上げられるなど注意はしていたと思いますが、なぜ再び起こってしまったのでしょうか。

30代のバスケ部の監督は、生徒に対しての体罰や暴言を認めており、理由について

「バスケットボール部はインターハイ常連で、強くして試合に勝たないといけないというプレッシャーがあった」と話しているそうです。

強豪校となると、周囲の期待もかなりあったでしょうね。特に部活動は監督のやり方次第では強くなったり、弱くなったりとかなり左右されるので、30代の教諭も「バスケットボール部期待しているよ」なんて言われたら、かなりのプレッシャーでしょうね。

また試合に負けてしまったら監督の責任ということになってしまいますので、もしかしたら追い詰められていたのかもしれません。

しかしそれを生徒に向けてしまうのは、やはり抑えるべきでしたね。

死ねなどの暴言を吐かれた生徒も精神的なショックを受けていないか心配ですね。

部活動の監督は30代の教諭1人だったのでしょうか?

強豪バスケ部となれば、監督+コーチくらいはいると思うのですが、一人でまとめていたわけじゃないですよね、きっと。

そうなると、一緒にチームを見ていた他の教諭だったりコーチは止めるようなことはしなかったのでしょうか。

スポンサーリンク

佐賀県立佐賀北高の男子バスケ部の監督は誰?名前や画像は?

体罰をした30代の教諭は誰で名前や画像はあるのか調べてみましたが、現在のところ顔画像や名前は公開されていません。

インターハイに出場しているので、調べてばすぐに出てきそうですが、問題が起こったのが高校なので、他の生徒や保護者にもかなり影響は出ていると思います。

そういった意味でも個人情報は流さないようにしているのかもしれませんね。

佐賀北高校バスケ部監督は結婚してる?子供は?

バスケ部の30代監督は結婚しているのか、まだ子供はいるのか調べてみましたが、こちらも今の所まだ情報が出ていませんでした。

新しい情報が入り次第追加していきますね。

30代の教諭であれば結婚している可能性は高そうですよね。

監督の処分は?

現在男子バスケットボール部は、部活が休止となっていますが、監督は高校の教諭でもあり、普通に授業を受け持っていると思われます。

バスケットボール部の部員のクラスを担当することもあるでしょうし、お互い複雑ですよね。

また保護者も、今の状態には納得ができていないと思いますので、今後何らかの処分は下されることでしょう。

しかし、男子バスケ部にとっても今はとっても重要な時期だと思います。ウィンターカップに向けての予選大会もあるでしょうし、チームとしては早く練習を再開してほしいと思っている子も多いでしょう。

主役は生徒なので、一刻も早くバスケットボール部の活動が再開できるように、学校は早急に対応してほしいですね。

スポンサーリンク

佐賀北高校の場所はどこ?

佐賀北高校は、佐賀県佐賀市に所在しています。バスケットボール部以外にも運動部がとても盛んで、サッカー部や陸上部、剣道部でも全国大会に出場している学校です。

世間の反応は?

スポーツの現場はある程度そんな雰囲気が今まであったと思う。最近注目を浴びているラグビーの世界なんてそりゃもう。。、体罰は良くないけど、チームを強くするためには厳しくする必要もある。

暴力が良くないのはもちろんだけど、正直こんなもんだよ、スポーツ強豪校なんて。

またバスケ部ですか、バスケ部って体罰・暴言多い印象

どんな言い訳をしようとも、「死ね」という言葉は絶対に使ってはいけないと思う。

確かに自分が中学、高校のころは、普通に体罰は行われていました。私もバスケ部だったのですが、ボールを投げつけられたこともありましたよ。

今の時代では体罰とされてしまうようなことも、今回暴力をしていまった教師も、バスケット経験者でしょうし、自身が生徒としてバスケ部にいた頃は、同じように暴言や体罰を受けていたのかもしれませんね。

部活の中で監督の体罰が減るように、複数の教諭が指導したり、また外部の監督を入れたりしないと、中々部活という狭い世界では、体罰や暴言は改善されないような気がしました。

スポンサーリンク

まとめ

体罰や暴言を浴びせられた生徒の心のケアはしっかり行ってほしいですね。

特に上手くて期待されていた子には、監督も強く当たっていたのではないでしょうか。

バスケットが本当に好きで強豪校に入部して集まってきていると思うので、バスケ部の心のケアを優先して、早いところ練習が再開できるよう対応してほしいと思います。

スポンサーリンク