気になるニュース

肺ペストとは?日本への影響やマスクで予防は可能?感染力や症状について

今ニュースで肺ペストが話題となっていますよね。

日本では中々聞き慣れない名前ですが、とても感染威力の強い感染病です。お隣の中国で発生していますが、日本への影響やマスクで予防できるのか気になるところです。また、感染の症状についても気になるところですよね。

ここでは肺ペストとはどんな病気なのか、日本への影響について気になったので調べてみました。

また、マスクで予防は有効なのか?感染力や症状についてもわかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

肺ペスとは何?中国で流行中

肺ペストとは飛沫感染から起こる感染病です。

現在中国で流行しているとても恐ろしい感染症で、死者まで出ていますよね。

この菌についてはネズミノミを介して感染が広がるとされています。

直接触れなくても、動物から人へ感染するので注意しいてもなる可能性は十分にある感染症です。

人口が多い中国で感染が拡大すると大変なことになることは間違い無いでしょう。とは言っても日本で肺ペストが流行しないという保証もありませんよね。

肺ペストで日本への影響はあるの?

極めて感染力の強い菌であり飛沫感染する事から、感染国からの入国については日本でもしっかりとした対応が必要になってくるでしょう。

仕事や旅行帰りの人は特に検閲所でしっかりと検査された上で日本の国内に入ってくるものと思われますので、事前にブロックができる体制をとっていると言われています。

しかしながら100%防ぐ事はなかなか難しいのも現状ですから、極力感染国の入国を控えて落ち着いてから入国するなど検討した方が良いでしょう。

スポンサーリンク

肺ペストに感染するとどうなる?症状は?

肺ペストに感染すると発熱、悪寒、嘔吐、吐き気などの症状が出てきます。

腹痛や下痢といった胃腸の症状も現れる事があります。肺炎が2〜4で悪化してショック起こし死にいる場合もあります。

肺ペストで大事なのは初期の対応です。

24時間以内に治療すれば48〜72時間以内に感患者から菌は消失すると言われていますますから、とにかく初期の治療が大切になります。

肺ペストの感染力。予防方法は?マスク?

感染力についてはとても強い菌となります。インフルエンザと同じで飛沫感染になりますので、人から人へも勿論うつるものになります。

インフルエンザのような予防接種は肺ペストの場合にはまだないと言われています。

現在はまだ、開発中の段階で世に出回っていないと言うことです。

ではどうすれば良いのか?と言う部分ですがアメリカではペスト菌に触れた可能性のある人に抗生物質の予防投与が行われているようです。

マスクについてはしないよりはして方法が良いですが、あくまでも予防に過ぎません。インフルエンザ同様に手洗いうがいを励行して行うと良いのではないでしょうか!

肺ペストのペスト菌がやばすぎる!中国で死者も?

中国では肺ペストにより死者が出ているとニュースで騒がれており、その情報は日本にも入ってきていますよね。

2人のうち1人は重症であると伝えてられていますよね。

また、2人が立ち寄った場所などは既に消毒が済んでおり、感染が拡大する事は極めて少ないと発表もされています。

飛沫感染である肺ペストですけら、極めて少ないと言われてもやはり、心配になってしまいますよね。

スポンサーリンク

肺ペストの原因は?中国の大気汚染が関係?

肺ペストの原因はネズミノミからの感染と言われています。確かに中国では現在大気汚染問題が深刻となっています。

PM2.5についても基準値の50倍近くとなっており、かなり大気汚染が進んでいるのも事実です。

その影響で、心臓疾患、脳卒中、肺気腫などを起こす人も多くいるのも事実です。この大気汚染が直接の原因であるとは断言はできません。

しかしながら大気汚染問題についても少しはなんらかの影響があってもおかしくないでしょう。

まとめ

中々耳にすることのない肺ペストですが、中国で死者が出ているのも事実です。現状では予防方法は確立されておらず、予防注射などもありません。

ここで出来ることとを言えば手洗い、うがいをこまめに実施し、感染国の入国を控えることしか出来ないでしょう。

感染国の帰国後体調不良があった際には速やかに医療機関へ受診して診ていただきましょう!

スポンサーリンク