気になるニュース

神田沙也加は子供の頃にトラウマがあった?子供時代の画像も調査!

神田沙也加は子供の頃にトラウマがあった?子供時代の画像も調査していこうと思います!

神田沙也加さんが、村田充さんと離婚されましたが、原因が子供だったことは世間にも衝撃だったと思います。

村田充さんは子供が欲しかったけど、沙也加さんは違ったようですね。沙也加さんはなぜ子供のことを前向きに考えられなかったのでしょうか。

もしかしたら神田沙也加さんの生い立ちや子供の頃の家庭環境が影響しているのかもしれません。

今回は、神田沙也加さんの子供の頃やまた家庭環境はどうだったのか調べてみました。

スポンサーリンク

神田沙也加が子供の頃は?子供時代について!

神田沙也加さんと言えば、アナ雪のアナの声優として空前の人気になっていますが、また両親は松田聖子さんと、神田正輝さんという大物芸能人の娘でもあり、知らない人はいないくらいですよね。


 

そんな沙也加さんですが子供の頃は結構大変な思いをしてきています。沙也加さんの子供時代に体験したことが心のトラウマとなり、今回の離婚の原因となった子供が欲しくない理由に繋がっているのかもしれません。

神田沙也加の母 松田聖子の離婚歴

神田沙也加さんの母は松田聖子さん。父は神田正輝さんで、芸能界でも超ビッグな両親です。神田沙也加さんは、1986年に生まれですが、1997年に両親が離婚されています。

この時沙也加さんは9歳で、親権は母親の松田聖子さんが持つことになりました。

離婚理由は、母である松田聖子さんの不倫だったそうです。それもいろんな男性と不倫していたというので、9歳だった沙也加さんも自分の母親の行動にはがっかりしたのではないでしょうか?

母で松田聖子さんに引き取られるものの、母は国民的人気歌手であり仕事も超多忙で聖子さんの祖母に預けられていた沙也加さん。

そんな子供時代について沙也加さんは

「両親が芸能人だったので、子供の頃から2人ともいいつも家にいない状態が続いていた。親が2人とも仕事でいない日々だった。」

と話していることから、両親が家にいなくて、寂しい思いをされていたんです。特に母である聖子さんが全然家にいなくて辛かったでしょうね。

そして離婚となり、祖母に預けられるって、完全に沙也加さんは振り回されていますよね。

母である松田聖子さんは、恋多き女性であり神田正輝さんと離婚してからも、他の男性との交際を幾度も報道され、1998年5月に2回目の結婚となる、6歳年下の歯科医師と交際2か月で結婚しています。

聖子さんはこの時会った瞬間「ビビビッと来た」とコメントし、「ビビビ婚」と世間でも有名になりました。

しかし神田正輝さんと離婚して僅か1年で再婚って、沙也加さんのことはちゃんと考えていたのでしょうか?普通子供のことを第一優先にして再婚はすると思うのですが、離婚して1年で新し父親が来るって子供からしたら受け付けられないですよ。

しかしこの歯科医師の男性とも、2000年に離婚。結婚生活僅か2年半というスピード離婚です。そしてこの時の離婚理由も松田聖子さんの男性問題だったとか。

そして2012年に3回目の結婚を発表。お相手は、当時慶應義塾大学医学部で准教授をしていた2歳下の河奈裕正さんという一般男性で、河奈さんという男性にも双子の男の子がいました。

松田聖子さんは、このように恋多き女性で、母でる前に一人の女性としての人生を楽しんでいるようで、娘の気持ちを本当に考えたことはなかったのかもしれません。

もし沙也加さんのことを1番に考えていたら、不倫とかありえないですよね。

神田沙也加の壮絶な子供時代 中学でイジメにあっていた

沙也加さんは、母松田聖子が仕事熱心で家にも殆どおらず、祖母に預けられて育ちました。家族の愛情を感じることもなく、幼少期は一人で公園で暗くなるまで遊んでいたそうです。

それは近所の人も心配するほどでした。

母親の離婚と再婚で、学校も何度も転校し友達もいなかったようです。というか作れなかったんですね。

そして中学生の時には、松田聖子の娘ということで注目され、壮絶なイジメを経験します。沙也加さんが学校でいじめられていた時、聖子さんは、ちょうど2回目の離婚をしています。

母親の不倫報道が連日テレビで放送され、学校でも居場所がなく、沙也加さんは親戚に預けられたそうですが、自分の居場所がなく心を閉ざしてしまいます。

沙也加さんの子供時代は壮絶で、寂しくて辛い日々だったのです。

沙也加さんんが望んでいたのは、普通の家庭環境。

壮絶な体験をした沙也加さんだったからこそ、自分が結婚して子供がもし生まれたら自分と同じ経験は絶対にさせたくないと考えて当然だったでしょう。

スポンサーリンク

神田沙也加が子供が欲しいと思わない本当の理由は?

沙也加さんは結婚当初は子供は欲しいと思っていたことがわかっています。

結婚インタビューでも子供は欲しいと話していますし、結婚して1年後のインタビューでも子供について聞かれて「欲しい」と答えています。

沙也加さんは以前は、「もし自分の子供が将来できたなら、学校行事とか授業参観とかは絶対見に行ってあげたい」と話していて、仕事より子供のことを優先させたいと話していました。

これも、沙也加さんの寂しかった経験があるからでしょう。

村田充さんと結婚して子供は欲しい気持ちは、あったと思います。

しかしそれを上回る、子供時代の壮絶なトラウマが沙也加さんの気持ちにストップをかけていたのではないでしょうか?

沙也加さんと村田充さん二人とも芸能活動をされていますし、特に沙也加さんは仕事が順調で一家の大黒柱的な存在です。

もし今の状態で子供が生まれたら、家に誰もいない状態が続き、自分の子供にも寂しい思いをさせてしまうこと。

そしてやっと神田沙也加として、世間にも認められて仕事も順調で、今はまだ子供は欲しくないと思ったのでしょう。

沙也加さんは、聖子さんの娘なので、やはりどうしても比べられてしまい業界や世間のバッシングは酷かったようです。

しかし、それを解き放つように自分の力で一からやり直して、アナ雪の声優オーディションに合格し、自分の力を認めてもらった今、沙也加さんはとても充実されていますよね。

アナ雪2の上映も始まり、大ヒット作品になっています。きっと沙也加さんのスケジュールはビッシリで超多忙なのは言うまでもないでしょう。

この状態で子供が欲しいと旦那から言われても、正直今は欲しくないという女性の気持ちは理解できますよね。

子供が生まれたら、子供のそばで子育てしたいという気持ちも本当で、やっと自分の力で仕事をゲットして、もっとキャリアを伸ばしたいと考えると、かなり悩みますよね。

神田沙也加さんは離婚について

「わたしは生きてきた環境の中で持った考えを変えられず、彼を幸せにすることができない」

とブログに綴っていたのが印象的文でした。

生きてきた環境=沙也加さんの壮絶な子供時代

ということでしょうね。

まとめ

神田沙也加さんの子供の頃は、母親も父親も家にいなくて、とても寂しい思いをされて過ごされていました。それでも今こうやって人気になりヒットしているのは、紛れもなく沙也加さんの努力の積み重ねです。

離婚という選択になってしまいましたが、間違いではなかったでしょう。

子供がいてもいなくても幸せに暮らしている夫婦はたくさんいます。

これからの日本も、きっと沙也加さんのように自分のキャリアのためには出産を諦める人女性もたくさん出てくると思いますが、それぞれの生き方を貫くで私はいいと思います。

沙也加さんに新恋人がいるそうですが、それはそれでいいのかなと。

ただ新恋人との間に妊娠したとかは絶対NGですね。

スポンサーリンク