スポーツ

中村輪夢の鼻が黒いのはほくろ?兄弟や父親母親も調査!

いよいよ東京オリンピックが近付いて来ました。東京オリンピックで新種目に採用が決まった、BMXフリースタイル・パークの中村輪夢選手(ウイングアーク1st)について注目してみたいと思います。

中村輪夢選手の鼻の横に黒い大きなふくろがあるようなんです。また父親や母親はどんな人で職業は、兄弟はいるのかなど調べてみました。

中村輪夢選手の技や、プロフィールなども併せてごらんください!

スポンサーリンク

中村輪夢の鼻が黒いのはほくろ?

中村輪夢選手(ウイングアーク1st)を検索すると「鼻」というキーワードが多数出て来ました。

鼻の向かって右側に少し大きめのほくろのようなものが見えます。写真を探してみると、ほくろのない側から撮られた写真が多いです。

もしかすると、中村選手ご自身が気にしているのかもしれません。


顔にあるほくろはどうしても目立ってしまい、除去してしまう方も多いのですが、芸能人や、スポーツ選手などは、メディアへの露出も多いため話題にもなりやすいですね。

ただほくろは場所などによって、運勢にも影響があるため、除去には迷う方も多いようです。

中村選手にとっても、個性としても大事に思えると良いですね。

中村輪夢は本名!名前の由来がカッコイイ!

中村輪夢選手(ウイングアーク1st)は本名なのか?と話題になっています。確かに初めて聞いた時は変わった名前だなと思いましたが、でも自転車競技をやっていたので、自転車に関係している名前なのかなと思いました。

そこで名前について調べてみると、元BMX選手であった父・辰司さんが名前の由来について語っています。

自転車の車輪の部品である「リム」から、また中村選手が生まれた時期にソルトレイクオリンピック開催中であったことから、漢字は車輪の「輪」、五輪の「輪」と、BMXへの夢を託し「夢」で「輪夢」と名付けられました。

親子の夢が叶い、見事に東京オリンピックへの代表権を勝ち取りました。
名前まで、カッコイイですね!

スポンサーリンク

中村輪夢の父親もBMXの選手だった?

中村輪夢選手(ウイングアーク1st)の父・辰司さんは元BMX選手です。

東京オリンピックで新種目として採用が決まった「BMXフリースタイル・パーク」は、自転車による華麗なジャンプや技の数々で世界中のファンを魅了しているスポーツです。

父・辰司さんがどんな選手だったのかは、残念ながら公開されておらず、情報は見つかりませんでしたが、中村選手が子供の頃から父の背中を追い続け、最も信頼していることから、きっと凄い選手であったことに間違いはないでしょう。

中村輪夢の父親の職業は?

中村輪夢選手(ウイングアーク1st)の父・辰司さんは、京都府内で自転車店「BMX SHOP HUNGOUT(ハングアウト)」を経営しています。

元BMX選手ということもあり、経営する自転車店はBMX専門店だそうです。

住所はこちら

〒615ー0854 京都市右京区西京極堤外町18ー45です。

中村選手が使用している自転車は、スポンサーさんからの提供で、それを父・辰司さんがメンテナンスしているそうです。

中村選手は身体的に現在成長途上であるため、他の選手よりも自転車を軽くしたり、それに合わせたブレーキのセッティングなどもしてくれているそうです。

中村選手が海外遠征する際は、父・辰司さんはメカニックとして帯同します。信頼する父がメカニックとして帯同してくれることはとても心強いですね。

中村選手は、父の助言なども素直に受けたり、相談なども友達にすることもあるそうですが、だいたいは父にすることが多いようです。

父・辰司さんは以前にインタビューで、

「五輪のヒーローがいて、その競技が人気になる。BMXが認められるには、ヒーローが出るのが一番。輪夢にはヒーローになって欲しい」と語っています。

スポンサーリンク

中村輪夢の母親はどんな人?兄弟はいる?

中村輪夢選手(ウイングアーク1st)の母や兄弟について調べてみました。
母・麻美さん、姉・百果さんがいて、美人母子として有名なようです!

母・麻美さんはとても若く見えるため、姉・百果さんとは姉妹に見られることもあるとか。
メディアへの露出は父・辰司さんが多く、母・麻美さんや、姉・百果さんが出ることは殆どありませんが、家族ぐるみで中村選手のBMXを応援しているそうです。

中村輪夢の技がカッコイイ!

中村輪夢選手(ウイングアーク1st)の技について調べてみました。得意な技は「離す系」、「スーパーマン」(技名)なので、それに関する技を観て貰いたいそうです。


「スーパーマン」とは、ライダーが両足をペダルから離し、バイクの後方に身体を伸ばすトリックで、スーパーマンが空を飛んでいる姿を真似しているように見えることから、この名前が付けられた技です。

新しい技を習得する時は、大概は海外の選手の動画を観たり、自分の動画を撮って貰い、後でどこが悪かったのか振り返りをしているそうです。

BMXの技は既にたくさんあるため、中村選手オリジナルの技を作り出すことは難しいようですが、自分の技を振り返り、良い部分だけではなく、逆に悪かった部分を振り返り後に生かすところは、研究熱心で勉強家ですね!

BMXという競技の魅力は、高く飛んだり、新しい技に挑戦した時に味わえる達成感だと語っています。

スポンサーリンク

中村輪夢の経歴や受賞歴について!

中村輪夢選手(ウイングアーク1st)の経歴や受賞歴について調べてみました。中村選手は、3歳になる少し前からBMXを始めます。

父・辰司さんの影響で自然と自転車に乗っていたそうです。小学校高学年時には、キッズクラスにおいて出場した全ての大会を優勝で飾り、その実力と類い稀な才能を発揮します。

11歳でプロクラスへ転身、中学生でいきなり国内3位入賞、一躍注目を集めます。同じ時期に、日本では2018年にVISAのCMに出演したことでも話題になります。

2015年にアメリカで開催された「RECON TOUR」13~15歳クラスで優勝し、同世代での世界最強ライダーという快挙を達成。

2017年12月に開催された「第1回全日本選手権」で、15歳で初代チャンピオンとなり、名実ともに日本BMX界のトップ選手となりました。

中村輪夢選手(ウイングアーク1st)の主なタイトルは、以下です。

・2015年 FISE World成都大会(アマチュア部門)ー優勝。
・2016年 RECON TOUR(13~15歳クラス)ー優勝。
・2016年 PERUGIA CUPー優勝。
・2016年 G-Shock Real Tougnessー優勝。
・2017年 FL BMX Seriesー3位。
・2017年 JAPAN CUP大会富山大会ー優勝。
・2017年 UCI UCIアーバンサイクリング世界選手権ー7位。
・2017年 第1回全日本BMXフリースタイル・パーク選手権大会ー優勝。
・2018年 UCIワールド杯広島大会ー9位。
・2019年 UCIワールド杯広島大会ー準優勝。
・2019年 X Games Minneapolis 2019 BMX Parkー銀メダル。

中村輪夢のプロフィールについて

中村輪夢選手(ウイングアーク1st)のプロフィールについて調べてみました。

・生年月日:2002年2月9日。
・血液型:A型。
・出身地:京都府。
・出身校:京都市立西京極中学校→京都つくば開成高等学校(通信制)。
・身長体重:165㎝、55㎏。
・所属:ウイングアーク1st株式会社。
☆2018年6月ウイングアーク1st株式会社とスポンサー契約を締結。2017年6月スポーツマネジメントのファーストトラック株式会社とマネジメント契約を締結。
・口癖:誰よりも高く飛び、誰よりも目立ちたい。
・好きな食べ物:肉、チョコレート、ハヤシライス。
・嫌いな食べ物:トマト。
・自分が思う自分の良い所:いつでも楽しく、はしゃいだりもしながら、場を盛り上げる。

東京オリンピックの新種目として採用が決まったことから、日本でもファンが急増しているBMXですが、その牽引役となるのが、中村輪夢選手(ウイングアーク1st)であることは間違いありません。

中村選手自身は、「世界一になってBMXをもっと知って貰い、競技人口を増やしたい」と語っています。

その言葉に、強い意気込みを感じます!

海外遠征などで、海外にも友達ができInstagramなどを通じて交流が続いています。
BMXと同じくらい語学は大切だと思い、英語の勉強は毎日頑張っているそうですよ。

父・辰司さんとまさに二人三脚で頑張って来ました。

BMXは一歩間違えると大きなケガをする危険もありますが、そんな中で中村選手はこれまで骨折などの大きなケガなく順調に成長して来ました。

東京オリンピックまであともう少し。
ケガなく、その躍動する姿を観たいですね!

スポンサーリンク