スポーツ

奥川恭伸の兄弟や父母はどんな人?球速や球種がすごい!

星陵高校のエースである奥川恭伸選手は球速も球種も他の高校生投手より頭1つ抜けていると話題です。父母はどのような人なのか、兄弟はいるのか。2019年ドラフト候補として既に名前が挙がっている奥川恭伸選手について球速や球種、どのような父母に育てられたのか、兄弟はいるのかなども含めて調べてみました。

スポンサーリンク

奥川恭伸のプロフィール

sayuka︎☺︎さん(@ra_xx14)がシェアした投稿


2001年4月16日生まれの石川県出身です。小学校3年生の時に野球を始め、宇ノ気ブルーサンダーというチームに所属していました。その頃からバッテリーを組んでいるのが現在星陵高校でもバッテリーを組んでいる山瀬慎之助選手です。

現在は星陵高校に在学しており、1年生のときからベンチ入りし、1年エースとして活躍。質の高いストレートと豊富な変化球をもっており、既にドラフト候補として注目されています。

奥川恭伸の出身中学は?

奥川恭伸さんは宇ノ気小学校出身で中学校も宇ノ気中学校に進学し、軟式野球部に所属していました。その時も山瀬選手とバッテリーを組み、中学3年の夏に「全国中学校軟式野球大会」で全国優勝を果たしたこともあります。

この時一緒にバッテリーを組んでいたのが、今星稜高校のキャプテンをしている山瀬くんです。2人は中学の時に全国制覇した時から一緒の高校に行って甲子園で優勝しようという目標を掲げました!まるでドラマみたいですよね!

奥川恭伸のこれまでの成績は?

高校へ進学してからは、1年の春からベンチ入りし、秋の石川県大会でエースを務めて県大会優勝。続く北信越大会では3試合全てに先発し、1回戦は被安打7、奪三振10、四球0で完封勝利を収めます。

準決勝では被安打3に抑えて7回コールド勝ちで完封勝利となっています。さらにこの準決勝では自己最速の146km/hを記録しています。この北信越大会は惜しくも決勝戦で敗退しています。しかし2年の秋では北信越大会で優勝しています。

スポンサーリンク

奥川恭伸が星陵のエースで球速や球種はどれくらい?

近年は良い投手が増えており投手戦となることが多くなってきますが、その中でも奥川選手が頭一つ抜けていると思います。それは球種の多さです。球速は150km/hと、もちろん高校生の投手として速いストレートを投げていますが、持っている変化球はスライダー、カーブ、チェンジアップ、フォークボールと緩急を上手く使い分ける事が出来るようです。

高校生で150km/hのストレートと変化球を駆使されるとバッターもバットに当てるのが大変ですね。

奥川恭伸が野球を始めたきっかけは?

奥川選手は小学校3年生の時に野球を始めましたが、きっかけはご両親のようです。ご両親は才能を見抜いていたというより、何かスポーツをさせたかっただけかもしれませんが、ここまで注目される選手になるとはこの時は予想もしていなかったでしょうね。

スポンサーリンク

奥川恭伸の兄弟はいる?

奥川選手のご兄弟を調べてみましたが、情報は見つけることが出来ませんでした。ご家族の事もほとんど情報は無く、他の注目される選手はご家族も自ずと注目されてメディアやSNS上に出てくるのですが、まだ高校2年生という事で大事な3年生のシーズンに向けて野球に集中してもらいたいというご家族の思いも強いのかと思います。

兄弟がいる場合、兄弟に影響されて野球を始めることが多いですが、ご両親から野球を教わるということから兄弟はいない可能性もありますね。

奥川恭伸の父母はどんな人?

ななさん(@nana.reom)がシェアした投稿


奥川選手のご家族の情報は全くと言っていいほど情報はありません。写真などもないのでどのようなお人柄なのかは分かりません。しかし、小学校6年生の時にキャプテンを務めるなどしているので、選手の親も写っている集合写真には奥川選手のご両親も写っているかもしれませんね。

ただ、ここまで活躍している選手を育てるにはいろいろと気を遣って育てて来られたと思います。お母さんは食事面も考慮しているでしょうし、お父さんは精神面を育てる為に沢山の声をかけたでしょう。

その結果、小学校試合の野球大会で選手宣誓を行った時、「野球を教えてくれた指導者の方々と両親に感謝し、最高の仲間と全力でプレーすることを誓います」と宣誓をしています。もちろん大人に文章を作ってもらっている可能性もありますが、しっかりこういった宣言をすることが出来るということも事実です。

周りの支えてもらっている人たち、環境に感謝出来る人というのはスポーツ選手として最も大事だと思います。なので、そんな選手に育てたご両親は苦労もあったでしょうが、こうして注目される選手になって喜んでいらっしゃるでしょうね。

奥川恭伸はドラフト候補!評判は?

hikarü⚾︎さん(@x8i_gram)がシェアした投稿


まだ高校2年生ですが、確実に2019年ドラフトの候補に挙がることは間違いありません。フォークも解禁してさらにパワーアップした奥川選手です。スカウトの人たちはどのように評価しているのでしょうか。

ロッテの永野チーフスカウトは

「日大三の井上と星陵の奥川の二人は来年のドラフト上位候補で間違い無いでしょう」

「来年の1位候補。コントロールが良く、守備も含めて野球センスがある」

「横浜の及川、大船渡の佐々木、星陵の奥川、菰野の岡林と来年は楽しみな投手が多い」。

同じくロッテの小林スカウトは

「どこのチームに行っても、チームを代表する選手になれる」「苑田さんじゃないけど、星陵の前に家を借りてもいいくらい」

オリックスの古屋編成部副部長は

「来年は高校生の三羽ガラス、いや四天王になるのかな。ピンチでもギアチェンジして三振が取れる先発型。球威もコントロールも十分だし、直球を磨いてもらえればさらに楽しみ」。

ソフトバンクの永井智浩編成育成部長兼スカウト室長は「来年にかけてもっと伸びる」。

楽天の山田スカウトは

「ゆくゆくは日本を代表するピッチャーになることも想像できる」「見るたびに成長している。大学、社会人を含めても完成度が高い」。

阪神の筒井スカウトは

「雰囲気は2年生に見えない。気持ちも強いし投手といての大切なものを持っている」

「インパクトがあった。来年が楽しみ」

「マウンド度胸もさばきもいい。低めに力のある球を投げるのが持ち味。気持ちと体のコントロールもできていた」

「フォームもブレないし、球の軌道もブレない。下半身を上手く使って投げていましたね。担当スカウトとしては、そりゃあ欲しいですよね。後輩からも慕われていると聞きますし、頭も見た目もいいですね。彼には勝ち運や人をひきつける魅力があります。この一年間が本当に楽しみです」

他にも和田豊テクニカルアドバイザーは

「見ての通り、一級品。能力はずば抜けている。スライダーは一巡目では対応できないでしょう。これからの1年間が楽しみです」

熊野スカウトは

「今年、3年生だったら1位で指名されている選手。145キロ前後を投げられる投手はたくさんいても、これほど完成度の高い投手はいない。松坂クラスです」

中日の中田宗男アマスカウトディレクターは

「来年の目玉になる可能性がある」

「下半身の使い方に工夫が見えるし、見る度に技術が上がる。球速が出るし、変化球も鋭い。投手としての資質が高く、高校生ではトップクラスでしょう」

米村明チーフスカウトは

「スケールの大きさ、可能性を感じさせる。あの球質は魅力だし、能力も高い」

「カウント球と勝負球のメリハリがきいている。三振を狙ってるわけじゃないんだろうけど、コントロールがいいから簡単に追い込むことができて、結果として三振が増えている」

広島の苑田聡彦スカウト統括部長は「担当スカウトは星陵の前に引っ越した方がいいんじゃないかな。来年のドラフトでは間違いなく1位候補に挙がるでしょう。

DeNAの進藤GM補佐は

「高校生の中では頭1つ抜けている。順調にいけば、来年のドラフトではどの球団がくじを引き当てるかという存在になる」

ヤクルトの阿部スカウトは「スケールが大きい。これからも見ていきます」

と1年中注目し、視察して高評価を得ている奥川恭伸選手!2019年の高校生ドラフトナンバー1になりそうですね!将来も楽しみな選手です。

スポンサーリンク

奥川恭伸に彼女はいる?

これだけ注目されている奥川恭伸さんなので彼女がいるかやはりファンは気になるところです。しかもまだ高校2年生の17歳ですから異性に興味を持つお年頃なのは確かです。

しかし奥川恭伸さんの彼女情報は一切出てきていませんし、奥川恭伸さんはSNSも一切やっていません。なのでプライベートが全くの謎です。でも今はプライベートの時間も野球の練習に費やすほど、野球に集中していると思います。

将来はプロ入りを期待されている選手ですし、今の頑張りようによって2019年度のドラフトにも大きく影響をもたらします。なので彼女を作ったりする暇もなく野球に全てをかけているような気がしませんか!

だからこそ高校2年生の段階でここまで成長し、実力もついています。これだけ人気がある選手なので、黙っていても女性は寄ってきそうですが今はそれどころじゃないといった感じでしょうね。

まとめ

どうしても3年生の選手が注目され、ドラフト候補などで名前がたくさん挙がりますが、その中でもまだ2年生の奥川恭伸選手がここまで注目され、高評価を受けているというのは本当に逸材なのかもしれません。

まだ1年あるので、この1年で更に球速も球威も質も上がっていくでしょう。なのでスカウトも目が離せないでしょうし、我々視聴者も今年の甲子園も星陵高校のエースとして登板すると思われる奥川恭伸選手に注目していきたいと思います。