スポーツ

西川僚祐の中学や身長プロフィールは?兄弟や父母について調査!

西川僚祐選手(東海大相模)の出身中学や身長プロフィールは?兄弟や父母について調査!

春が近付いて来たなと感じる瞬間と言えば、
選抜高校野球ですよね。
出場校も決まり、楽しみになって来ました。

今日は、注目選手のひとりである西川僚裕選手(東海大相模)を紹介したいと思います。
西川僚裕選手(東海大相模)の出身中学や、身長、プロフィール・西川僚裕選手(東海大相模)の兄弟や家族も調べてみました。

スポンサーリンク

西川僚祐の中学や身長プロフィールは?

西川僚祐選手(東海大の)のプロフィールを調べてみました。

・生年月日:2002年4月19日。
・血液型:不明。
・出身地:千葉県船橋市。
・身長体重:186㎝、92㎏。
・ポジション:外野手、右投右打。
・背番号:7。
・学歴:船橋市立古和釜小学校→船橋市立古和釜中学校→東海大学付属相模高等学校在学中。

海大相模では、1年夏からベンチ入りし、4番を務めるなど期待のスラッガーです。
50m6.3秒、遠投90m。

西川僚祐の野球経歴について

西川僚裕選手(東海大相模)の野球経歴を調べてみました。

小学1年から薬円台リトルスターで軟式野球を始めます。
小学6年の頃に地域選抜メンバーに選ばれるなど、才能を発揮します。

中学では、佐倉シニアで4番で主将を務めます。
中学3年夏には東京ドームで開催されたジャイアンツ杯で、2ランホームランを放ち、優勝に貢献します。

東海大相模に入学すると、1年夏からベンチ入りし、4番を務めるなど、早い時期から頭角を表します。

あちこちの強豪校からの誘いがあったそうですが、「全国優勝を狙えるチームに行きたい」とのことから、東海大相模進学を決めました。

門馬敬治監督は西川選手について、「とにかく明るい」と話しています。

スポンサーリンク

西川僚裕の兄弟や父母両親はどんな人?

西川僚裕選手(東海大相模)の兄弟や両親を調べてみました。

西川選手には、7歳年上の兄・航平さんがいます。兄・航平さんも野球をやっていたそうで、出身校は健大高崎だそうです。

在学中に甲子園出場を果たしていますが、残念ながら兄・航平さんはベンチ入りは叶わず、スタンドで兄弟で応援していたのだそうです。

西川選手が野球を始めるきっかけは、兄・航平さんの影響が高そうですよね。
佐倉シニアへの入団は、兄・航平さんの勧めもあったようです。

年齢も離れている兄弟ですが、仲が良さそうですよね。

西川選手の父・秀男さん、母・聖子さん。

父・秀男さんは身長181cm、母・聖子さんは身長172cmの高身長の両親に育てられました。
母・聖子さんは元バスケ選手だそうです。

父・秀男さんも野球経験者かもしれませんね。
高校からは地元を離れて寮生活を送る息子に対しては、いろいろな心配などもあったでしょう。

試合の度に応援に来たり、様々な形で両親もサポートしてくれているでしょうね。

西川僚裕のアピールポイントは?

西川僚裕選手(東海大相模)のアピールポイントを調べてみました。

西川選手は、打球の速さは群を抜いており、スイングスピードと、パワーのある打撃に自信を持っています。

長打力がありますが、三振が少ないところも特徴です。四球も選べるので、出塁率の高さに繋がっています。選球眼があり、コンタクト能力に長けています。

スピードスピードが速く、それが打球の速さに繋がり、本塁打に繋がっています。
現時点で高校通算51本で、大田泰示選手(日本ハム)が持つ高校通算65本を超えたいと話しています。

スポンサーリンク

西川僚裕はドラフト候補?

西川僚裕選手(東海大相模)のドラフトについて調べてみました。

既に12球団がリストアップ済みだそうです!

馬力がある、パワーがあり、スイングが速い、広角に打てる、体の軸がブレないので変化球にも対応出来ると、評価が高いです。右の大砲候補として、上位指名の可能性が高そうですね!

まとめ

西川僚裕選手(東海大相模)について紹介しました。

・東海大相模では1年夏からベンチ入り、4番も務めます。
・小学1年で薬円台リトルスターで野球を始めます。
・中学3年のジャイアンツ杯で東京ドームで本塁打を放ち、一躍注目下を集めます。
・両親と兄がいて、兄・航平さんは健大高崎でプレイしていました。
・スイングスピードと、パワーのある打撃に自信を持っています。
・高校通算51本塁打で、大田泰示選手(日本ハム)の持つ65本を超えたいと頑張っています。

是非、大田泰示選手を超えて欲しいですね。選抜は勿論、夏も注目の西川選手です。
ケガなどには気を付けて、思い切りの良いスイングが見たいですね!

最後までお付き合い頂き、ありがとうございました!

スポンサーリンク