気になるニュース

秦野市伊勢原市マスク入荷店舗や状況は?売っている・買える店はどこ?

秦野市伊勢原市マスク入荷店舗や状況は?売っている・買える店はどこにある?

こんにちは、全国各地でマスク不足が深刻化していますね。マスクがないので、マスクを見るとつい買ってしまう人も多いと思います。そこで今回は、神奈川県秦野市や伊勢原市でマスクの入荷店舗や売っている場所、買える店はどこなのか?

また全国各地のマスクの供給状況について調べてみました。

スポンサーリンク

マスク不足が深刻!全国各地のマスクの入荷状況は?

マスク不足は毎日のように世間を騒がせていますね。3月に入り花粉も本格的なってきましたので、花粉症の人にとっては最悪の状況と言えますね。

そしてまだまだ日本中各地の市町村でマスクの不足状況が続いています。どこの都道府県でも不足となっていてるのですが、なぜここまで自分の住む町に届かないのが疑問に思う人も多いでしょう。

それは優先されている地域や病院などが最優先としてマスクが送られているからです。

遂に日本政府もマスクの買い取りをし必要とする地域に発送するとしています。マスクの製造を急ピッチで行うように支援しているようですが、元々日本のマスクの8割は中国に頼っていましたので、日本の製造だけでは到底追いつかないのが現状です。

マスク工場は毎日24時間体制でマスクの製造をされていますが、マスク優先地域や供給しないといけない病院などを優先としているため中々市町村までには潤っていないということです。

菅官房長官は、3月3日の会見にて、感染拡大が急速に進む北海道の自治体住民に対するマスクの優先的な供給するとし「感染拡大防止の観点から迅速にマスクを配布するため、1世帯一律3人との想定で各世帯へ配布する」と述べています。

ようやく政府がマスクの供給管理を始めるということですね。

買占めや転売が一向に止まないので、政府が管理するというのは賛成です。市町村から各家庭に配布するという形が良いですね。

コロナ感染が毎日広がっている北海道が今一番マスクが必要とされている地域になっています。そのため第一優先としマスクの供給をしていくということです、そのためマスクメーカーから政府はマスクを買い取り北海道に送るそうです。

神奈川県秦野市伊勢原市のマスクの入店舗はどこ?売っている店や買えるところは?

秦野市や伊勢原市やでマスクを買えたみかけた店舗を調べてみました。

※注意事項

ここで紹介している店は以前マスクが売っていた買うことができた店になりますので、確実に今売っているわけではございません。マスクはすぐに売れてしまうのでさっきまであったとしても、1時間後には売り切れている可能性が高いです。

なので欲しい人は見つけたら買った方がいいですよ。

 

またマスクがないからと言って、フリマアプリで買うのは危険というか、こんな時でもお金儲けしようと思っている人から買うことになってしまいますのでなるべく控えてほしいですね。

神奈川県秦野市落合にあるホームセンターカインズホームにて、先週マスクの入荷があったそうですが限定50個程度だったようです。

50個はちょっと少ないですよね。マスクの列はざっと50人以上はいたそうです。お一人様1点限りとなっていますがお連れ様がいる人は2点、3点と買えますので50人全員が買えるわけではないということになりますね。

お一人様1点限りじゃなくて、家庭で1点限りにした方が良いですよね。

上の方もイオンで買えたと言っていますが、イオンのような大型スーパーは割と入荷もされているようです。やはり小さい店舗よりいつもたくさん発注している大型店の方が入荷される数も多そうですよね。

秦野市のイオンではありませんが、他のイオンにてマスクが売られているのを見かけました。だた箱入りマスクではなく少量マスクでした。

箱入りマスクは今はレア商品となっています。

マスクを買えるのは、運なんです。行った時に行列ができていたら並ぶか、たまたま偶然マスクがあったかのどちらかとなっています。

スポンサーリンク