気になるニュース

飯能市日高市マスク入荷情報や販売店舗はどこ?買えた・売っている全国情報!

飯能市日高市マスク入荷情報や販売店舗はどこ?買えた・売っている全国情報!について調べてみました。

感染範囲が広がりを見せていて怖いですよね。自分の町にいつやってくるのが筆者もドキドキですが、感染に伴いマスクの在庫が一向に復活しません。

いつになったら?という心配の声もあがっているので、今日は、飯能市日高市マスク入荷情報や販売店舗はどこ?買えた・売っている全国情報について調べてみました。

マスク不足が深刻!マスクが買えない時はどうする?

必ずしも外出時にマスクをしないといけないわけではありませんが、密閉された空間に行くときはマスクは必要だと思います。

使い捨てマスクの利用が一番多いのですが、その使い捨てマスク専用の取り換えシートが今売れているようです!

マスクが買えないし、いちいち朝並ぶのも大変だという方は他の方法を探していったほうがいいでしょう。

 

また使い捨てマスクではなくて、洗えるマスクを一度買ってしまえば、何回も洗って使えるのでとても楽ですしコスパを考えても洗って使えるマスクの方がいいと思います。

マスクがないので、企業も他の方法を提案したり、防ぐ方法を紹介していますので参考にしてみてくださいね!

飯能市日高市マスク入荷情報や販売店舗はどこ?買えた・売っている?

2月の情報です。

・子供の給食用マスク(綿)は飯能市のぶんぐまるに沢山あった。

・大人用マスクは、埼玉県日高市にあるベイシアモールに20枚入り風邪花粉症用マスクがあった

日高市女影のセブンイレブンで目撃

飯能市の情報が少なかったので引き続き調べていこうと思います。

日本各地マスクの売り切れはいつまで続く?

本当に必要なときにマスクが買えないのはかなり困りますよね。花粉症も始まっていますし。

マスク不足の原因は、国内で出回るマスクの7割は中国製だからです。現在も中国からの出荷が滞っているのためマスクが日本から消えてしまいました。

まさかマスクが消えるなんて、誰も想像できなかったですよね。1月半ばくらいから徐々にマスクが棚から消えていき、そしてそのまま完全に消え去りました。

1月中は中国人のマスク爆買いや、日本の感染がまだなかったので余裕ぶっこいていた日本。しかしあっという間に日本もコロナが広がり、今の状態です。

こんなことになってしまうとは、今後は政府や各自治体が倉庫にマスクを備蓄してもらい今後他の新型ウイルスが出たときには市民に配布できるくらいのことは必要だと思います。

安倍総理大臣は「月6億枚」を達成させるとしていますが、7割が中国産マスクなので、どこから手に入れるのでしょうか?

 

イタリアは日本以上の感染ですよね。世界中でマスク不足と考えるとやはり国内生産量を増やしていく方法を考えるしかないようです。

国内生産だけでは、到底追い付かず、マスク不足は5月以降も続く可能性があります。

コロナ感染が早く収まってほしいですね。

そして必要としている人にマスクが届きますように!

花粉症の人は、取り換えシートなども使用して乗り切っていきたいですね。頑張りましょう!