高校野球

度会隆輝(横浜)の中学はどこ?身長体重プロフィール!

横浜高校野球部の度会隆輝選手が注目されていますね!中学時代には全国制覇も経験していて、1年生ながら名門横浜高校野球部でベンチ入りをしている渡会隆輝選手。今回は出身中学から身長体重などプロフィールをご紹介したいと思います。横浜高校は春の選抜にも出場しますし期待大です。

スポンサーリンク

渡会隆輝のプロフィール

 

度会隆輝さん(@ryuuki_yokoko)がシェアした投稿


名前:度会隆輝 (わたらい りゅうき)

生年月日:2002年10月4日生まれ

出身地:千葉県

身長:180cm

体重:76㎏

出身中学:千葉県市川市立下貝塚中学校

投打:右投げ左打ち

出身シニア:佐倉シニア

侍ジャパンU15代表

名前は少し読みにくい方もいるかもしれませんが「わたらい」と読みますよ!身長も180㎝と1年生ながら大柄な選手です。

渡会隆輝の出身中学はどこ?

渡会隆輝さんの地元は千葉県市川市です。出身中学は市川市立下貝塚中学校に通っていましたが、中学時代は学校の野球部に通わず強豪佐倉シニアで活躍されていました。

佐倉シニアでは全国制覇もしていて、また侍ジャパンU15のメンバーにも選ばれているんです。この世代だと、石川星稜高校の1年生エース内山壮真選手も同じくU15にも選ばれいますし、石川星稜高校も春のセンバツに出てくるのでライバル同士ですね!

中学時代の成績は

中学1年生

2015年リトルシニア日本選手権大会(2回戦)
2015年ジャイアンツカップ(ベスト8)

中学2年生
2016年リトルシニア日本選手権大会(2回戦)
2016年ジャイアンツカップ(ベスト4)

中学3年生
2017年リトルシニア全国選抜野球大会(優勝)
2017年リトルシニア日本選手権大会(準優勝)
2017年ジャイアンツカップ(優勝)

また2017年に選ばれた侍ジャパンU15ではMVPになっています!これはすごい活躍ですね!中学1年生の時に比べると見る見る成長している姿が見て取れます!

ここまで渡会隆輝選手が強くなったのはお父さんの影響やサポートがあったからなんです。

スポンサーリンク

渡会隆輝の父親は元プロ野球選手だった?

野球ファンならもうご存知だと思いますが、渡会隆輝選手のお父さんは元ヤクルトの選手でした。名前は渡会博文さんです。1972年1月26日生まれで、身長は181㎝。現役時代は博文さんはファースト、サード、外野手として活躍されていました。

略歴はお父さんも千葉県出身で船橋市で育ちます。高校は八千代松陰高等学校を卒業し、中央学院大学に進学しその後ヤクルトに入団したということです。1994年にヤクルトにドラフト3位で指名されて2008年まで在籍されていました。

ずっと1軍でプレイしていたわけではありませんが、1994年からプロ野球に11年間在籍していたということは、すごいことですよね!

その息子さんが渡会隆輝さんになるわけです。お父さんがプロ野球選手だったので、隆輝さんは小さい頃から徹底した野球練習をしてきています。父親がプロの選手ですから、お父さんに教わるのが一番いいですよね!

父親も息子を将来野球選手にしようと、隆輝さんに熱血指導をしていたそうです。そのお陰で、隆輝さんは同年代の中でもずば抜けて野球が上手くなっていきました。

現在のお父さんの博文さんのお仕事は球団の広報を担当しているそうです。広報という立場ですがプロ野球と関わりを持っているだけでも息子さんにもいい影響になっているのは間違いないでしょう!

渡会隆輝の母親や兄弟はいる?

渡会隆輝さんのお母さんは若くて美人という情報がありました。どうやら中学時代隆輝さんがテレビの特集をされた際に映ったことがあるようです!また性格も元気で明るく、息子さん達を励ましてくれる存在なんどか!

また渡会隆輝さんにはお兄さんが1人いて名前は度会基輝(もとき)さんです。お兄さんも、お父さんから野球を教わっていて、野球をやっています。高校は千葉県にある拓大紅陵高校に進学し、野球部に所属していました。

弟の隆輝さんほどの目立つ活躍はありませんでしたが、高校通算30本の本塁打を打つなどチームの中ではエース的な存在だったようです!大学は中央学院大学に進学し、大学でも野球をしていますよ!

身長175㎝、体重は77キロで、弟の隆輝さんの方が大きいようです。しかしお兄さんが野球をやっていたからこそ、弟の隆輝さんもその姿を見て、吸収することが多かったんでしょうね。

兄弟や姉妹で同じスポーツをしていると、やはり下の子の方が上手くなっているの傾向が強いかと思います。それはお兄さんの真似をしたり、お兄さんに負けないという気持ちがあるからこそ、下の子が方が上手くなるんですよね。

スポンサーリンク

渡会隆輝の横浜高校での成績は?

渡会隆輝さんは名門横浜高校に入学し1年生ながら強豪横浜の先輩がいる中からベンチ入りをしています。第100回大会となった記念すべき夏の甲子園でも、ベンチ入りを果たし、代打で出場もしています。

1年生が起用されるのは実力はある証拠です。渡会隆輝さんは代打で出場した時には、「自分ならできる」と心の中で何回も唱えていたそうです。大物ルーキーとは言え甲子園のマウンドはやはり緊張されていたのですね。

しかも登場したのは9回でしたから、監督の最後の賭けに出たということでしょう。見事期待に応えて初ヒットを記録しました。この時の心境を「嬉しかった。またスタンドで応援してくれている父に見せることができて良かった」と話しています。

やはりお父さんに活躍している所を見せたいという気持ちも大きいですね!ここまで上手くなったのはお父さんの影響が大きいので活躍することがお父さんにとっても喜びになっていることでしょう!

秋の新チームになってからは、3番に選ばれてショートのポジションを勝ち取りました。横浜高校は2年生も含め強いメンバーがたくさんいるのでその中で1年生がレギュラーになるのは凄いことですよね!

横浜高校は春のセンバツ高校野球にも出場するので、夏に甲子園のマウンドに立った渡会隆輝さんにとっては、リベンジの場でもあり、今後はメンバーに入っているので、バンバン打って活躍してほしいなとと思います!

渡会隆輝はドラフト候補?

渡会隆輝さんは1年生ながら既にスカウトを意識させているようです。渡会隆輝さんが注目されているのは、やはり父親が元プロ野球選手でその息子でU15でMVPにもなっているからです。

中学時代からドラフト候補として有名だったのが清宮幸太郎選手。中学時代からドラフト候補って、逸材ですよね。渡会隆輝さんは打撃センスが抜群なんですが、まだ新2年生になったばかり。

高校生の間にもっと成長するのは間違いないし、2年生になったらチームの中心になるので、これからどんな選手になるのかファンもスカウトも非常に楽しみにしています。

スポンサーリンク

まとめ

横浜高校の1年生エース渡会隆輝さんについて調べてみました。

お父さんは元ヤクルトの選手で、小さい頃から野球の英才教育を受けていた隆輝さん。そのお陰で現在は名門横浜で中心人物になっていますね!

期待されている分、甲子園でのマウンドは緊張されるかもしれませんが「自分にはできる」という言葉と共に頑張ってほしいと思います。