スポーツ

貴景勝の実家は保育園経営?売却の噂は本当!?

大関昇進なるかという注目の貴景勝関ですが、ご実家が保育園を経営しているという事も話題になっています。さらに芦屋にあるご実家が売却?という気になる情報も。貴景勝関のご実家は保育園を経営しているのか、売却されてしまったのか、調べてみました!

スポンサーリンク

貴景勝の実家は保育園の経営?で父親がやっているの?

貴景勝のご実家が保育園の経営をしているという話があるようですが、実際の所は一族が保育園の経営をしているようで、お父さん自身が保育園の経営者だそうです。しかし、芦屋で保育園というとかなり敷居の高そうな保育園なのでしょうか・・・。

貴景勝の実家は芦屋でお金持ち?売却の噂は本当?

保育園の経営をする一族そいうとやはりお金持ちなのでしょう。実家が売却という情報もありますが、それは事実のようです。バブル崩壊時に何らかの事情で日本家屋の実家を売却し、現在はまた別の洋風のお家に住まれているようです。とはいえ、芦屋は年収1000万円のご家庭が多いと聞くのでお金持ちなのは本当でしょうね。

貴景勝の父親の名前や経歴は?保育園の経営で年収もすごい?

貴景勝関は相撲の前は空手をしていました。それは元空手選手であるお父様の影響かと思われます。そんなお父さんのお名前は「佐藤一哉」さん。極真空手の選手で貴景勝関にも5歳の時から指導していました。

相撲出身ではなかったですが、同じ格闘技という面ではトレーニングも変わらないだろうと独自の特訓で若くして幕内最高優勝を成し遂げる息子さんが育ったんですね。芦屋に家を持つほどなので、もちろんそのような個人的情報は公開されていませんが年収も相当あるのでしょう。

スポンサーリンク

貴景勝の父の食事トレーニングや特訓がスパルタ?

小学校3年生の時に空手から相撲に転向し、食事やトレーニングの特訓が始まりました。相撲を始めた頃は周囲のこと比べて凄く体が細かったそうで、お父さんの指示で1回450gのハンバーグを3枚食べたり牛丼の特盛りを3杯食べるなどの食生活に変わりました。

お母さんも食事のサポートに専念されたようですね。さらにトレーニングは毎日6時間などリアル巨人の星とも言える程のスパルタ教育だったそうです。ちなみに、今はハンバーグが好きですが当時は見たくも無い程嫌いになったそうです。

貴景勝のしこ名の由来?本名は?

貴景勝関の本名は佐藤貴信さんです。本名の貴信というのは当時現役横綱だった貴乃花から1字をとり、天下取りにという思いを込めて織田信長から1字を取ったそうです。織田信長は天下を取っていませんが。

その後に貴乃花部屋へ入門し、最初は本名の佐藤で土俵に上がっていました。新入幕が決まった時に四股名を現在の貴景勝光信に改名しました。貴景勝光信という四股名の由来は貴乃花親方が「私が好きな上杉謙信公。その後を継いだのが上杉景勝です。日本の心意気や誇りの精神を抱いて土俵に上がって欲しい」という思いから景勝の名を付けたようです。貴はもちろん貴乃花親方からの1字となっています。

スポンサーリンク

貴景勝の母親はどんな人?美人過ぎて韓国人?

貴景勝関が2018年の11月場所で初の幕内最高優勝を果たした時にご両親も共に記念撮影に参加されていました。その時に話題になったのが美しいお母様です。あまりの美しさに韓国人?という噂がありますが、ネット上ではそのような情報は無く、れっきとした日本人であると思われます。


美しすぎると韓国人という考えもよく分かりませんが、美人であることは確かです。

貴景勝が貴乃花親方の教えを守る姿に感動!千賀ノ浦部屋での生活は?

2018年の9月末に貴乃花親方が退職し、約4年所属していた部屋が消滅しました。しかし、その直後の11月場所で初の幕内最高優勝を成し遂げました。そこには元貴乃花親方の教えがありました。

「勝っておごらず、負けて腐らず。土俵上で感情を上下させてはならない」という教えから、横綱から金星を挙げても、優勝争いの高安関に惜敗しても土俵上では一喜一憂せず無表情を貫きました。

朝5時からの朝稽古では基礎運動でみっちり汗をかき、親方の見守る中、兄弟子と本番さながらの10番前後をこなすなどのストイックな貴乃花部屋時代と比べて、移籍後の本場所中は朝稽古はほとんど行わず、

朝8時半頃にまわしをつけて四股を数回踏み、すり足、てっぽうなどの基礎メニューで体を動かす10分程度の運動で本場所にいどんでいました。ストイックな貴乃花部屋とは正反対ともいえるほどリラックスしたスタイルで、挑んだ事が今までの稽古で培った実力を最大限に発揮させたのかもしれません。

スポンサーリンク

貴景勝が相撲取りを目指した理由は?角界に入るまでの道のり

貴景勝関は小学校3年生まで極真空手を習っていましたが、全国大会の決勝で不服の判定で準優勝となりました。その事から判定のある競技はやりたくないと空手をやめました。小学校3年生の間は地元の関西奄美相撲連盟の道場へ通っていました。

小学校4年生から6年生の間は実感の芦屋から東京にある貴乃花部屋のキッズクラブまで稽古に通い、4年の時にわんぱく相撲で全国3位、5年の時は2位、6年の時は3位という成績を収めています。

中学は相撲の強豪校である報徳学園中学校に進学し、2年生までは中々結果が残せ無かったですが、3年生の時に全国中学生相撲選手権大会に優勝し、中学生横綱のタイトルを獲得しました。

中学卒業後は各界入門か高校進学かに迷っていると埼玉栄高校の相撲部監督である山田道紀さんに「プロで活躍したいのなら、栄に来なさい」と勧誘されて高校進学を選びました。その後は関東高等学校相撲選手権大会の無差別級で2連覇、全日本ジュニア相撲選手権大会の無差別級で2連覇など、高校全国大会7タイトルを獲得し、3年生の時には台湾で行われた世界ジュニア相撲選手権大会の無差別級で優勝するなど、多くの大会で成績を残しました。

修学旅行中も稽古をするなど稽古は欠かさず行っていたようです。高校卒業後は各界入門を希望し、高校在学中の9月に貴乃花部屋に入門し、高校生ながら2014年の11月場所で初土俵に上がり、序ノ口で全勝優勝、続く2015年の初場所では序二段で全勝優勝を果たしました。

入門後も高校に通い勉学に励みながら本場所の土俵に上がり番付を上げていきました。原級留置も中途退学もすること無く2015年の3月に埼玉栄高校を卒業しました。

貴景勝のプロフィール

1996年8月5日生まれの兵庫県芦屋市出身です。入門時は貴乃花部屋でしたが、貴乃花部屋が解散したことにより現在は千賀ノ浦部屋所属になっています。

小学校3年生までは極真空手をしていましたが、相撲に転向。その後は報徳学園中学校に進学し、中学横綱のタイトルを獲得、埼玉栄高校に進学後は関東、全国、世界の大会で優勝をし、高校全国大会では7タイトルを獲得しました。

高校在学中の2014年9月に貴乃花部屋へ入門し、2014年11月場所で初土俵にあがり序ノ口で全勝優勝、翌2015年初場所では序二段で全勝優勝を果たし、2015年3月に高校を卒業しました。2016年の3月場所で幕下全勝優勝を果たし、5月場所で新十両に昇進が決定し晴れて関取となりました。

11月場所には12勝3敗で十両優勝し、2017年の初場所で新入幕となりました。その時に本名の「佐藤貴信」という四股名から「貴景勝光信」という四股名に改名しました。2018年の初場所で三役昇進を確定的なものとし、新三役となりました。

2018年9月末に貴乃花親方の退職により貴乃花部屋が消滅し、千賀ノ浦部屋所属となりました。移籍後、小結として迎えた2018年11月場所で13勝2敗の成績で初の幕内最高優勝を果たしました。3役で33勝という大関昇進の目安をクリアしていたが、大関豪栄道戦で負けたことにより見送りとなった。

2019年3月場所で再度大関取りへと発進しました。

スポンサーリンク

まとめ

大関昇進をかけた平成最期の大相撲である3月場所がまもなく終わりを迎えそうになっています。少し連敗もありましたが、一喜一憂せず無表情というスタイルは変わらず黙々と立派な相撲を取っている貴景勝関。

審判団もほぼ大関昇進の方向で考えているのではないでしょうか。若い力士が力を出し始めている昨今。平成の終わりと共に世代交代も来ているのかもしれません。これからの大相撲も注目していきたいですね!