皇室関係

雅子様の若い頃が綺麗で画像や写真は?美しすぎて秀才だった!

雅子様の若い頃が綺麗で画像や写真は?雅子様が綺麗で美人と早速話題になっていますね!新元号のもと、皇后陛下になられる雅子様は最近、存在感がぐぐっと増していますね。平成を振り返るテレビ番組では、雅子様の若い頃の画像も見られますね。皇后陛下になられる日が近付くにつれ、雅子様も若い頃のような強さが戻ってきたという声もあります。

平成が終わる今、平成を代表するプリンセス、皇太子妃雅子様を写真とともに振り返ってみました。

スポンサーリンク

雅子様の若い頃はどんな人?画像や写真はある?

皇太子妃雅子様の、ご結婚前の画像や写真はもちろんあります。ご婚約が内定してからのものだけでなく、実は『お妃候補』ではないかとマスコミに追い回された経験もある雅子様。

その頃の画像はどれを見ても、とても利発そうですよね。運動も得意で、中学時代には、ソフトボール部を創設し活躍されたんだとか。野球が大好きだったというのは、皇太子殿下と同じですね。

雅子様が外務省に勤務されていた若い頃は、バブル全盛期です。雅子様もバブリーなファッションに身を包んでおられましたが、やっぱり上品。

写真を見ても、育ちの良さがにじみ出ていますね。雅子様の存在が知られるようになったのは、外交官試験に合格した1986年(昭和61年)秋でした。

健康で聡明な才媛、外交官の卵と報道されていました。外交官試験に合格されたことで、お妃候補になったとも言われています。こんなステキな雅子様なら、皇太子殿下が気に入られて当然ですね。

雅子様の学歴がすごい?美人で秀才だった!

雅子様は幼少期を、モスクワとニューヨークで過ごされました。小学1年生の3月に帰国されましたが、高校1年のときに、またアメリカへ。ハーバード大学経済学部を1985年6月に卒業すると、帰国し翌年4月に東京大学法学部に学士入学。

秋には難関の外交官試験に合格し、外務省初の女性キャリア官僚の誕生です。雅子様は英語はもちろん、ドイツ語やフランス語も学ばれています。さらに1988年から1990年まで、外務省の研修留学として、オックスフォード大学ベリオール・カレッジに留学されていました。

雅子様は、ハーバード大学を卒業し帰国したのは、日本で9年間教育をうけていて、アメリカ人と一緒に仕事をしていくのが肌にあわないと感じたからだと、当時インタビューに答えています。

私は日本人なんだなと、思うところがあったのでしょう。試験の2ヶ月前から独学で、毎日10時間も勉強し、難関を突破したと言われていますが、これが東大入試なのか、外交官試験なのか、調べたのですがわかりませんでした。

どちらにしても、雅子様から、短期集中猛勉強されていたイメージはありませんね。「ハーバード大学で、漠然とした問題を論理的にうまくまとめあげ、書く訓練をしていたのがよかった」と語られています。

外交官としては、アメリカのヒューストンで開催された先進国首脳会議では、海部俊樹総理の通訳を行ったり、語学力を生かし幅広く活躍されていました。バブル時代は、女性の社会進出が目立つようになった時代でもあります。雅子様はそんな時代に、絵に描いたような学歴をひっさげ、キャリア官僚になった才女だったんですね。

スポンサーリンク

雅子様と皇太子殿下が結婚に至った経緯は?

1993年(平成5年)6月9日に、皇太子殿下と雅子様はご結婚されました。キャリア官僚だった雅子様は、どうやって皇太子殿下と知り合われたのか、ご結婚までの経緯って気になりますよね。

雅子様の父・小和田恆さんは、東京大学出身の外交官です。1986(昭和61)年10月18日:スペイン・エレナ王女の来日歓迎レセプションに、父・小和田恆さんとともに、外交官試験に合格したばかりの雅子様も招待されました。

当時はまだ昭和の時代でしたので、『浩宮様』と呼ばれていた皇太子殿下は、このレセプションで雅子様と言葉を交わし、好感を持たれたそうです。その後、雅子様は翌年にかけて2度、皇太子殿下も出席される会食に招待されます。

けれど、まさか自分がお妃候補になっているとは、雅子様は気付いておられなかったでしょう。1987(昭和62)年12月19日:日刊スポーツで『浩宮妃候補に急浮上』と雅子様が報道され、小和田家に報道陣が詰めかける騒ぎとなりました。

1988(昭和63)年には、雅子様はオックスフォード大学へ研修留学します。1989(平成元)年9月:留学先にもマスコミが詰めかけることから、雅子様は「この件については、私はまったく関係ございません」「外務省の省員として、ずっと仕事をしていきます」と発言。

お妃候補を完全否定されました。1992(平成4)年1月:皇太子殿下のご意向もあり、雅子様の名前が、再びお妃候補に浮上。その後、宮内庁関係者からの熱心な働きかけで、雅子様は8月16日、宮内庁長官公邸で、ついに皇太子殿下と5年ぶりの再会をされたのです。

何を話されたのでしょう。そして10月3日、千葉県市川市の新浜鴨場で、二人きりのデートが実現し、プロポーズされたそうです。皇太子殿下は「外交官として仕事をするのも、皇族として仕事をするのも、国を思う気持ちに変わりはないはず」とおっしゃったそうです。

さらに11月になっても、悩まれている雅子様に、皇太子殿下がおっしゃったそうです。「皇室に入られるということには、いろいろな不安や心配がおありでしょうけれども、雅子さんのことは僕が一生全力でお守りしますから」

バブリーなお姉さんたちも、この男らしいお言葉にハートを撃ち抜かれたと言われています。皇太子殿下は、1986年に出会われてから、ずっと雅子様を想われていたのですね。

今となっては、携帯電話が普及を始めたばかりの頃なので、どうやってお二人が連絡を取り合っておられたのかも気になりませんか。改めてご結婚までの経緯を振り返ると、“赤い糸”って本当にあるのだなと思ってしまいます。

雅子様の前職は何?

雅子様は、大学院生のときにご結婚された紀子様と違い、社会人を経験されています。雅子様は難関の、外交官試験といわれる外務公務員採用I種試験に合格。外務省入省が決まり、女性初のキャリア官僚に。

1987(昭和62)年、外務省の経済局国際機関第二課に配属。1988年(昭和63年)から外務省の研修留学として、在イギリス日本国大使館付でオックスフォード大学ベリオール・カレッジに研修留学されました。

留学中も、7月9日から11日まで、第16回先進国首脳会議(ヒューストンサミット)で、半導体の市場開放問題について、海部俊樹総理の通訳の一人としてアメリカに出張しています。1990(平成2)年6月に研修留学から帰国すると、7月1日付で北米局北米二課に配属。

その後、経済局国際機関第二課に配属され、経済協力開発機構OECDを担当しました。スウェーデン首相の歓迎夕食会に通訳で出席されたこともあるそうです。マスコミにも、雅子様が通訳として会議に出席されている画像が残っていますね。

通訳以外の具体的な仕事がどんなものなのかは、凡人には難しすぎてわかりません。外務省には5年10か月勤務された雅子様は、マスコミにお妃候補として自宅に張り込まれていたことも多かったようです。

そのマスコミによると、仕事は徹夜になることもあったとか。徹夜にならなくても、週に3日は帰宅が午前様になるなど、激務だったそうですよ。もしも、皇太子殿下とご結婚されていなかったら、キャリア官僚として、どんな人生を送られていたのでしょうか。

雅子様が病気になられたことで、やはり皇室の嫁として暮らしていくのは並大抵のことではありませんでした。

スポンサーリンク

雅子様の実家の家族はどんな人?

キャリアバリバリの雅子様のご実家、小和田家について紹介します。お父さんの小和田恆(おわだ ひさし)さんは、日本の外交官であり、国際法学者です。外務事務次官や、国際司法裁判所(ICJ)所長もされていました。

お母さんの優美子さんは、結婚するまでエールフランス極東支配人秘書をしていたんだそうです。雅子様のインターナショナルな環境は、すでに用意されていたのですね。

お母さんが水俣病の原因企業であるチッソの会長・江頭豊の長女だったことから、当初は雅子様がお妃候補になるのを断られたんだそうですよ。

双子の妹さんがおられ、池田礼子さんはユニセフの駐日事務所副所長。ご主人は国際弁護士です。小和田節子さんは、文化人類学者。上流階級の家庭とは、こういう家庭をいうのでしょうか。家族でどんな会話をされるのか、想像できませんね。

あわせて読みたい
雅子様妹たちの現在は?双子で結婚離婚歴も気になる!雅子様妹たちの現在は?双子で結婚離婚歴も気になる!令和が始まり雅子様が注目されています。そこで今回は雅子様について調べてみようと思うので...
あわせて読みたい
雅子様の両親の現在!父親の介護や逮捕の真相は?皇太子妃雅子様の両親の現在は?父親は介護や逮捕されたことがあるという噂が出ているようです。新元号は発令され、まもなく新しい令和がスタート...

雅子様はなぜ病気になった?原因は?

あおちゃんさん(@aochiyan1)がシェアした投稿


雅子様は2004年6月に、適応障害と診断され、療養生活に入られました。適応障害とは、慢性的に不安と抑うつ気分の混合を伴うのですが、うつ病ではないのだそうです。宮内庁は『複数の明らかなストレス要因が発症の契機として認められた』と発表しています。

複数のストレスとは?

宮内庁の発表では、雅子様はご結婚されてから『私的なお楽しみよりも、ご公務などのお仕事を優先されてこられたために、意識されないうちに心理的な閉塞感を、強く感じられた』のだろうとのこと。

また『お立場上、自由な外出がかなわないために、必然的に情報遮断や感覚遮断の状態になられ、それ自体がストレスになるだけでなく、ストレスに対する抵抗力を弱めることになった』のも要因と考えられるそうです。

ご結婚により、生活がそれまでと全く異なる環境になることは、最初からわかっていたことですよね。雅子様が、ご自分を新しい環境に、適応させようと努力してこられたのは理解します。

皇太子妃という特別な立場から来るプレッシャーも、世継ぎ問題のプレッシャーも、想像以上だったでしょう。世継ぎ問題は、マスコミものかなり騒ぎましたしね。雅子様の体調が思わしくなくなったことで、宮内庁との間が、うまくいっていなかったことも明らかになってしまったんですね。

「雅子のキャリアや、そのことに基づいた雅子の人格を否定するような動きがあったことも事実です」と、皇太子殿下が発言され、『人格否定』が話題になってしまいました。

順調にキャリアを積まれてきた雅子様にとっては、些細なことも人格を否定されたように受け取れることがあったかもしれません。うつ病ではないにしても、過度のストレスに壊れてしまった心を、もとに戻すのは大変なこと。

何に対して、適応できなくなっているのかはわかりませんが、無理をせず、ゆっくりと心を休ませてあげてほしいですね。

スポンサーリンク

雅子様の現在の病状は良くなってるの?

雅子様の病状は、かなり良くなっているのではないでしょうか。2018年5月には、全国赤十字大会に皇后陛下と出席されました。なんと、15年ぶりです!秋の園遊会には、和装で最後まで出席されたのも15ぶり。

2019年に入ってからも、青少年読書感想文全国コンクール表彰式に、17年ぶりに出席されています。ヘルシー・ソサエティ賞授賞式にも、当日になって出席されました。当日に欠席されることはあっても、出席というのは快方にむかっているといっていいのではないでしょうか。

長時間、不特定多数の人たちから注目されるのは、負担が大きいですよね。症状が改善されてきているのなら喜ばしいことですが、皇后になるのだからと、無理をされていたのなら悪化してしまわないかとも心配ですね。

あわせて読みたい
雅子様が皇后無理で異常なプレッシャーを感じてる?病気の状態も気になる!2019年5月1日、いよいよ新しい元号“令和”が始まります。雅子様も皇后陛下になられます。プレッシャーも相当なものかもしれません。そうな...

雅子様は病気が完治していないのに皇后様になれるか心配の声が

雅子様の病気は、インフルエンザのように熱が下がれば大丈夫というような病気ではありません。体調にも波があるので、2時間もある表彰式には出席されたのに、1時間ほどの開会式には欠席されるということもあるのです。

皇后として環境もかわるでしょうから、その中でひとつ、またひとつと出席される行事も増えていくのではないでしょうか。急に全部に出席できるようになるほど、適応障害は簡単な病気ではありません。

目に見えない心の病を、身をもって体験されている雅子様だからこそ、国民に寄り添うことができるともいえるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

雅子様のプロフィール

最後に、雅子様のプロフィールです。

正式名称:皇太子徳仁親王妃雅子(こうたいしなるひとしんのうひ まさこ)

旧名:小和田 雅子(おわだ まさこ)

身位:皇太子妃

敬称:殿下

1963(昭和38)年12月9日生まれ

東京都出身

お印:ハマナス

勲等(称号):宝冠大綬章

配偶者:皇太子徳仁親王

子女:敬宮愛子内親王

父親:小和田 恆

母親:小和田 優美子

役職:日本赤十字社名誉副総裁

 

・1966(昭和41)年9月:ソビエト連邦・モスクワ市立ジェツキサート№1127保育園入園

・1968(昭和43)年9月:アメリカ・ニューヨーク市立第81パブリックスクール付属キンダガーデン入園

・1969(昭和44)年9月:アメリカ・ニューヨーク市立第81パブリックスクール入学

・1971(昭和46)年3月:東京都・目黒区立原町小学校1年編入

・1971(昭和46)年4月:東京都・新宿区立富久小学校2年編入

・1972(昭和47)年4月:田園調布雙葉小学校3年編入

・1976(昭和51)年4月:田園調布雙葉中学校入学

・1979(昭和54)年4月:田園調布雙葉高等学校入学

・1979(昭和54)年9月:アメリカ・マサチューセッツ州立ベルモント・ハイスクール編入

・1985(昭和60)年6月:ハーバード大学経済学部卒業

・1986(昭和61)年4月:東京大学法学部学士入学(3年編入学)

・1987(昭和62)年4月:外務省入省

・1988(昭和63)年:イギリス・オックスフォード大学ベリオール・カレッジ外務省研修留学

・1990(平成2)年:外務省北米局北米二課配属

・1993(平成5)年4月12日:納采の儀

・1993(平成5)年6月9日:結婚の儀

・2001(平成13)年12月1日:敬宮愛子内親王を出産

 

国際的なのが、プロフィールからも一目瞭然ですね。こんなにも国際感覚豊かな雅子様なだけに、皇室での生活は大変だったのかもしれません。一般家庭に育っている者には、雲の上の話すぎて、ピンとこないのですが、どこにいってもラクな生活はないってことなんでしょうか。

スポンサーリンク

まとめ

雅子様はご結婚されてから、数多くのプレッシャーを感じながらも、国民には笑顔を見せてくださっていたのですね。公務に出席される雅子様の姿は、いまだ療養中とはいえ、とても堂々とされていました。

かといって、偉そうにふんぞり返っているわけではありません。美しく、貫禄があり、皇后陛下にふさわしいと感じました。華もあり、こう言っては申し訳ないのですが、やはり紀子様とは格の違いを感じました。

公務に出席される機会も増えてきた雅子様が、『完全復帰』される日も、そう遠くはないかもしれませんね。

あわせて読みたい
雅子様の学歴ロンダリング!高校や東大中退は本当?雅子様の学歴ロンダリング!高校や東大中退は本当なんでしょうか?ついに令和が始まりましたね!雅子様も皇后様に就任されてどことなく生き生きと...
あわせて読みたい
雅子様の実家は今も目黒区南で警備されている?間取りや豪邸でやばい!2019年5月に后妃となられる雅子様。目黒区南にある豪邸のご実家には今も御両親が住んでいるのでしょうか?また、雅子様のご実家には警備がつ...
あわせて読みたい
愛子様偏差値は本当か72は嘘?実は超頭脳派だった!まもなく天皇陛下が退位され新しく令和とる今、将来の天皇についても注目されていますね。愛子様は勉強ができて偏差値も72あるとか?本当なのか...
あわせて読みたい
悠仁様は学力が低い? 中学はお茶の水女子大付属にした理由!悠仁様は学力が低い? 中学はお茶の水女子大付属にした理由!という話題について今回は徹底的に調べてみました”中学に進学された悠仁様は、イケ...