ドラマ

「イカゲーム」旋風をもたらしたドラマがオンカジに?

「イカゲーム」旋風をもたらしたドラマがオンカジに?

昨今、ビジネスにおけるキーワードとして注目されているのが「収益多様化」である。本業が伸び悩んだ今、新規事業による新たな価値づくりばかりに目を向ける動きが多いが、まず目を向けたいのは、既存事業をきちんと立て直し、収益の多様化を見据えていかに利益獲得のためのイノベーションを起こしていくかである。2021年、世界的に最も話題になったドラマは「イカゲーム」であることは間違いないだろう。

韓国発「イカゲーム」の世界的大ヒット

韓国発のネットフリックスのドラマ「イカゲーム」が、2021年9月17日の配信開始から28日間で、1億1100万世帯で視聴されたというニュースは、世界中を駆けめぐりました。アメリカを含む90以上の国と地域で視聴数1位を記録し、同社が提供する新ドラマとして史上最高記録を叩き出したのである。

「イカゲーム」は、「ネットフリックス独占配信」に位置づけられるドラマです。同じ韓国ドラマで「愛の不時着」や「梨泰院クラス」もネットフリックスで配信されてヒットしましたが、これらは、韓国のテレビ局が製作したドラマを、ネットフリックスが放映権利を得て海外に配信しています。

しかし「イカゲーム」は、ネットフリックス側が、当初からオリジナルコンテンツとして出資し、企画から関与しています。

オンラインカジノの歴史

1994年にアンティグア・バーブーダという国で世界初となるオンラインカジノの運営ライセンスを発行する法律が成立し、オンラインカジノの歴史がスタートしました。

同年に、世界初のオンラインカジノゲーム開発会社であるマイクロゲーミング社(Microgaming)が設立、その2年後(1996年)には、世界初のオンラインカジノである「インターカジノ」が立ち上がり、オンラインカジノは世界中に普及していきます。

今では、主だったオンラインカジノライセンスは8つ、ゲームプロバイダ(ゲーム制作会社)は数百、オンラインカジノも100以上存在し、市場は拡大し続けています。

近年では、日本市場向けに日本語に対応したオンラインカジノも次々と誕生し、オンラインカジノを楽しむ日本人プレーヤーも増え続けています。

こういった中、ネットフリックスのドラマ「イカゲーム」などがゲームやオンラインカジノになるのも時間の問題であろう。

ボーナスについて

ほとんどのオンラインカジノボーナスが用意されています。ボーナスではプレーに使える資金やフリースピン(スロットを無料で回せる)などが貰えます。 それぞれのオンラインカジノが独自のボーナスで集客を競い合っているので、オンラインカジノを選ぶ際はじっくりとボーナスを比較してみましょう。 後述にありますが、ボーナスで得た勝利金を出金するのは非常に高いハードルを越える必要があるので、ボーナスをあえて受け取らないというのも一つの選択です。

まとめ

オンラインカジノにはゲームの種類がたくさんあり、その中でも、おすすめで紹介した「バカラ」「ブラックジャック」「ポーカー」「ルーレット」「スロット」は押さえておきたいゲーム。ゲームによって、ライブカジノやテーブルゲーム、ビデオゲームなど、色々なタイプがあり、新しく発売されるものを楽しみにしていきましょう!