お出かけスポット

昭和記念公園プール2019の混雑状況と駐車場は何時に着けばいいの?

昭和記念公園のレインボープールはバラエティ豊かな9つのプールが楽しい首都圏最大級のプールです!毎年夏休みは大人気で多くのお客さんで賑わいます。そこで気になるのはやっぱり混雑状況!駐車場情報や料金情報と合わせてまとめてみました♪

スポンサーリンク

昭和記念公園プール2019の開催期間と料金は?

 

View this post on Instagram

 

makiさん(@k.ma.i2)がシェアした投稿


夏前になるとホームページなどで開催期間が発表されるので2019年の開催期間はまだ詳しくは分かっていませんが、

2018年は7月14日(土)〜9/2(日)でしたので

2019年は7月13日(土)〜9/1(日)の可能性が高いかなと思います。

利用料金には様々な区分がありますが主な料金は以下の通りです(2018年料金参考)

大人(15歳以上) 2,500円

子供(小中学生) 1,400円

幼児(4歳以上)     500円

シルバー(65歳以上)700円

マタニティ         500円

その他にも団体料金や午後14時以降に利用できるサンセット料金、プール開催期間中何度でも利用できるプールパスポートなどがあります。また、2018年は昭和記念公園のホームページで割引クーポンも配布されていました。お得なので行く前にチェックしてみて下さいね!マタニティ料金まで設定されているプールも中々珍しいと思いませんか?

私も妊娠中にプールに行ったことがあるのですが、こうやって料金設定がされているプールであれば妊婦さんのプール利用率も高いのでしょうね!

昭和記念公園プール2019の混雑状況は?平日、土日、お盆

昭和記念公園のプールに限らず、お出かけスポットというのはみなさんご存知の通りやはり土日の方が混雑する傾向にあります。また、お盆に入ると平日も混雑します。期間の中で狙い目なのは始まったばかりの7月!

まだ夏休みに入っていない期間の平日は最も空いています。もし学校などがない小さいお子様などと行かれる場合にはこの期間がおススメです!

昭和記念公園プールの駐車場渋滞がヤバイ!何時に到着すればいいの?プールに近い駐車場はどこ?

昭和記念公園のプールに車で行こうと考えている方は駐車場に要注意です。9時30分開園ですが9時には駐車場は満車になってしまうそうです。そしてその後は車の大行列にはまってしまいます。

しかもプールというのは買い物などと違い一度は入ったらすぐに帰る人は少ないですからなかなか空かないのが厄介です。昭和記念公園の駐車場に停めたいなら9時前、8時半頃には駐車場に到着していなければいけません。

そして広ーい昭和記念公園、駐車場は「立川口駐車場」「西立川口駐車場」「砂川口駐車場」と3カ所あります。

レインボープールに一番近いのは「西立川口駐車場」です。

逆に一番遠いのは「砂川口駐車場」でこちらに駐車してしまうとプールまでかなりの距離がありますので注意してください。駐車場の混雑状況は昭和記念公園のホームページで確認することも出来ますので活用してみて下さい。

スポンサーリンク

昭和記念公園プールで混雑を避ける時間帯や場所取りのおすすめは?

プールが一番混雑する時間帯は

11:00〜15:00頃です。

この辺りの時間は最も暑い時間でもありますし、プールにはたくさんの人が訪れます。逆に比較的空いているのは開園直後や夕方以降ですそして昼以降に行く場合には、14:00以降に販売されるサンセットチケットがおすすめですよ!

こちらは料金が通常の半額になります。ですのでお昼ご飯を食べてから14時以降に入園し、18:30(時期により17:30.18:00)まで遊ぶのも一つのアイデアです。

また、場所取りですがこれは開園直後でもなかなかレベルが高く、開園前からゲートへ並び開園と同時に一斉に場所取りが始まるそうです。人気なのはやはり日陰です。

具体的にお話しすると、

・昭島管理棟前の人工芝エリア

こちらはメインゲートからは遠いのですが、子供用プールが近く小さいお子様を連れて行く場合には便利な場所です。人工芝や日よけも設置されています。

・大波プール近く

プールエリアの真ん中辺りになるので色々なプールを楽しみたい方にはオススメです。

こちらも人工芝や日よけも設置されます。このあたりはおすすめ&人気です。絶対にいい場所をゲットしたいのであれば開園前から並んで開園と同時にお目当ての場所へ向かう!という意気込みが必要です。

 

もしサンシェードがあれば持参すれば日陰の場所をゲットできなかったとしても安心ですね!サイズなど規定がありますので以下の項目でかくにんしてみてくださいね!

昭和記念公園プールにテントの持ち込みはいいの?

屋外プールでは屋根が無いので休憩するときなどテントがあると便利ですよね。場所によってはテントなど持ち込みが禁止されているところもありますが、昭和記念公園はどうでしょうか?

昭和記念公園のホームページには

テント、タープ、パラソルの持ち込みは禁止です。 ※1辺2m以内のドーム型テントは除く。と記載があります。基本的には持ち込み禁止ですが1辺2m以内の小型のドーム型テントのみ持ち込みOKのようです。持って行く際はお持ちのテントのサイズを確認してから持っていきましょう。

昭和記念公園プールに持っていっていいものは?

・サンシェード

2m四方の小型のものは持ち込み可能です。プールサイドにはドーム型のテントやサンシェードなどがびっしり並んでいます。混雑時や強風の際は使用不可とのことです。

・小型の折りたたみイス

あると便利なアウトドア用のイスは混雑時以外は利用可能とのことです。イスがあると子供が疲れた時に座らせたりご飯を食べるのにも役に立ちますよ!またプールオープン前から並んでいる時にも私の経験上ですが簡易的小さい折り畳みの椅子がかなり役に立ちました!

・浮き輪

ホームページには特に大きさなどの制限は記載がありませんが、流水プールでイルカなどの大きな乗り物のような浮き輪はやめてくださいというアナウンスがあったという情報もあります。いずれも周りの方に配慮して使用するようにしましょう。

スポンサーリンク

昭和記念公園プールに売店はある?

浮き輪、水着、サンダル、レジャーシートなど、プールに必要なグッズが売られている売店は入り口付近にあります。忘れ物をしてしまったり、浮き輪などを現地調達する方はこちらで買えますので利用してみて下さい。ただ現地販売は高めなので、あまり期待しないほうがいいですね。

 

食べ物の売店はプールサイドに並んでいます。定番のかき氷やアイスなどひんやりスイーツからラーメンや丼物のお食事メニューまで色々なお店があるようです。ただし家族みんなで売店で昼食をとるとお値段は張りますので、そこはお財布と相談ですね!

昭和記念プールはオムツが外れていない子でも入れるの?

オムツがまだ外れていないお子様とプールに行く際に気になるのがオムツでの入水がOKかどうかですね。昭和記念公園のプールでは「オムツでの入水は禁止」と明記されています。ですのでオムツが外れていないお子様は子供用プールなどを含めプールの利用はできません。

水遊び用のオムツというものもありますが、そちらも普通のオムツ同様、残念ながらプールに入ることはできません。調べてみたところ水遊び用オムツの上から水着を着用すればOKというプールもあるようです。

昭和記念公園から比較的近い場所ですと、東京サマーランドやよみうりランドなどは上記のような対応でプールの利用ができます!ただ入水できるプールは幼児用プールと決まっていることが多いです。

せっかく行ったのに遊べない、なんてことにならないよう昭和記念公園のプールに行く際はお気をつけ下さいね!

スポンサーリンク

まとめ

今回は昭和記念公園レインボープールの駐車場、混雑状況や売店情報などまとめました!夏のお出かけには欠かせないプール!家族や友人と最高の思い出を作りましょう♪