女優

シシドカフカの親父は芸能人?本名や年齢経歴がすごい

クールなイメージのシシドカフカさん、親父がすごい人なのでは?と話題になっています。
シシドカフカという珍しい名前からミステリアスな印象も受けますが、本名や年齢は公開されているのでしょうか?そんなシシドカフカさんの、父親や本名、年齢について調べてみました。

スポンサーリンク

シシドカフカの親父がすごい?お金持ちでセレブなの?

 


歌手、ドラマー、女優、モデルと多方面で活躍しているシシドカフカさん。2017年、トレードマークのロングヘアからショートヘアへイメチェンしましたね。そんなカフカさんの父親が偉い人ではないか?との噂を耳にし調べてみると、そう言われるのには、いくつかのエピソードがあることがわかりました。

その一つが、14歳の時に両親からプレゼントされたサイレントドラム。ドラムをプレゼントされる…そう聞いただけで、普通の家庭ではないと感じますが、ドラムのトレーナーとして呼ばれたのが、人気ジャズドラマーの「ダニエル・ピピ・ピアソラ」というかなり有名なプロドラマーの方だというのです。

ハンドネオン奏者「アストル・ピアソラ」のお孫さんなんだそうですよ。私にはよくわかりませんが、父親が子供のトレーナーにプロドラマーをつける、その時点で父親は何者なんだ?と思いますよね。

そしてもう一つが、「チューボーですよ」に出演していた時、「ベルサイユ宮殿の食事会に行ったことがある」と発言されており、絶対お嬢様!というレッテルが張られたそうです。
それなりの地位がないと出席できません…確かにセレブと噂されそうなエピソードですよね。

シシドカフカの父親の職業が気になる!芸能人や相撲取りの噂も

確かにプロドラマーやベルサイユ宮殿のエピソードからしても只者ではないという印象をうけます。また、ベルサイユ宮殿での食事会のことをさらに掘り下げると、ベルサイユ宮殿でのアフターパーティーで森星(もりひかり)さんと一緒になった、というエピソードまであり、森星さんといえば世界的ファッションデザイナーを祖母に持つ超お嬢様ですよね。

ということはカフカさんの父親も世界レベルのお仕事をされているということになります。
また、ベルサイユ宮殿のパーティーには世界中から選ばれた100名しか参加できず参加条件が…
・年齢が16歳~20歳
・語学堪能であること
・容姿端麗であること
・良家の出身であること
・身長
となっておりました。
ついていけません…。

そして、相撲取りではないか?との噂は、元横綱千代の富士の次女で女優の「秋元梢さん」がシシドカフカさんに似ていたことからだと思われます。確かに髪型と言いクールなイメージと言い似ていますね。

ですが、身長は二人とも高いイメージがあったんですが

シシドカフカ:175センチ
秋元梢:165センチ

10センチも差があるんですね、驚きました。父親が芸能人ではないかという噂も、「宍戸」という苗字から宍戸錠さんとの血縁関係が噂されたためでした。宍戸錠さんは息子に宍戸開さん、弟や義理の妹も芸能人という芸能一家のため、名前も珍しいですし、噂されても仕方ないですね。しかし、名前が同じなだけで、血縁関係はありませんでした。

シシドカフカはハーフで帰国子女?

確かに、整った目鼻立ちなのでハーフと言われれば納得してしまいそうですが、両親は日本人です。カフカさんは12歳の時父親の仕事の都合でアルゼンチンへ渡り、中学時代はアルゼンチンで過ごしています。

2年間滞在していましたが、スペイン語圏で言葉が通じないことから辛い経験もしたそうです。日本人学校ではなかったということですよね…そんな言葉や文化の壁に苦労していたカフカさんを想って両親はドラムをプレゼントしたんだそうです。日本に帰ってきてからのカフカさんは、勢力的に活躍していきます。

シシドカフカは女優で歌手でドラマー!ドラムの実力もすごい?


14歳の時にサイレントドラムを両親からプレゼントされドラムをはじめます。小さい頃にピアノやバイオリンを習っていた時期もあったようですが、長続きしませんでした。しかし、ドラムには真剣に取り組みメキメキと上達したそうです。

分かるような気がします、楽譜を見て弾くピアノやバイオリンとは違い、叩いて音を出すドラムはカフカさんにとって手っ取り早く感情をぶつけられる表現方法になったんじゃないでしょうか。

アルゼンチンから帰国後、高校時代からバンド活動をはじめたそうです。2005年、20歳の時にドラマーの大島賢治さん、音楽プロデューサーの平出悟さんと出会いボーカリストとしてライヴなどをこなすもデビューとまではいきません。

アルバイト生活を5年経験し、2011年、「ドラムをたたきながら歌ってみれば?」とのアドバイスを受け現在のスタイルとなったそうです。その斬新さがウケ、業界の方の目に留まりデビューすることとなるのです。

19歳の時には「THE NEWS」に3代目ドラマーとして迎え入れられプロドラマーとして活躍し、2012年インペリアルレコードより「デイドリームライダー」で配信デビュー、その後、様々な形で音楽活動の場を広げています。

人生どこに転機があるかわかりませんね!すごいです。そして、女優としても活躍されています。2019年4月からのTBSドラマ「わたし、定時で帰ります。」でも、主人公の個性豊かな同僚役の一人として出演します。楽しみですね。

シシドカフカの経歴!高校や大学はどこ?

そんなシシドカフカさん、どんな学生時代を送っていたのでしょうか?出身高校は、玉川学園高等部です。国際教育と音楽に力を入れている高校で、芸能人の卒業生も多く、DAIGOさんやミスチルの桜井さんのお子さんも通われているそうです。

そして大学は、以前テレビで「高円寺に長く住んでいた」との発言から明治大学ではないかと言われていましたが、実際は、「東京工芸大学の芸術学部、写真学科」でした。学力はそこそこの大学だそうですが、芸術系の大学というのはカフカさんのイメージにぴったりだと思いました。

またこのころのカフカさんはバンドを8つも掛け持ちして、熱心にドラムに打ち込んでいたようです。

シシドカフカの本名や年齢!シシドカフカの芸名の名づけは誰

シシド・カフカさん(@shishido_kavka)がシェアした投稿


シシドカフカさんの名前の由来、気になります。カタカナだし、音の響きも覚えやすくていい芸名ですよね。雰囲気もミステリアスな感じでぴったりです。このお名前、コピーライターの渡辺潤平さんが名付けたそうです。

チェコ語で「カラス」という意味だそうで、当時黒い服ばかり着ていたカフカさんのイメージからつけたそうです。

確かに言われてみれば、私もぴったりだと思います。さすがコピーライターですね、感受性が強いです。そして年齢は33歳です。クールな姿のカフカさんがカッコイイですね!33歳には見えません!

シシドカフカのショートカットが可愛いけど眉毛が変?


真っ黒なショートヘアーで重い前髪がトレードマーク。そのため普段眉毛は前髪で隠れていますが前髪をアップした時に見える眉毛が新鮮で、雰囲気が変わって見えるので、「変」というワードがでてきたようです。

たしかにイメージかわりますね、古風な感じに見えます。でも眉毛ありでも、なしでも綺麗です。2017年に髪をバッサリ切りショートカットになりましたが相変わらずの前髪です。
でもよく似合っていてクールでかっこいいイメージは健在です。

シシドカフカのプロフィール


本名:宍戸 佑名
生年月日:1985年6月23日(33歳)
出身地:メキシコ(アルゼンチン育ち)
身長:175センチ
血液型:B型
所属事務所:avex trax「cutting edge」
19歳の時にドラマーとして活躍しながら、モデルとしても活躍
2013年「グリコ プリッツ」でCMデビューし、注目を集める。
2014年ドラマ「ファーストクラス」で菜々緒さんと姉妹役で出演
2017年朝ドラ「ひよっこ」では主人公みねこが住むアパートの住人で出演し、歌を歌うシーンから「歌が上手い」と話題になりました。

ひよっこに出演していましたね!陰ながらみねこを支え、応援する役柄でした。冷たそうに見えてやさしい、そのギャップがカフカさんのイメージにぴったりでした。

まとめ

魅力的な存在感のある女優さんなので、今後の活躍も期待したいです。
2019年4月16日からTBS「わたし、定時で帰ります。」に、シシドカフカさん出演されるのでぜひ見てください。