皇室関係

雅子様の病状や症状は?現在の状態を徹底検証

新皇后雅子様の病状や症状は?また雅子さまの現在の病状が気になるという心配する声が出ているようです。今回は皇后様の雅子さまの病状や症状はどうなのか、また現在の雅子様の病状はどうなのか徹底的に調べてみました。

スポンサーリンク

雅子さまのプロフィール

 

View this post on Instagram

 

ゆさん(@you.ssps)がシェアした投稿


雅子さまは1963年12月9日生まれで第126代天皇陛下の皇后さまです。東京都の出身ですが父親の仕事の都合で小さい頃は海外で生活され、小・中学校は日本で育ちました。
高校2年の時に父親の仕事でボストンに移住し6年間暮らしました。また高校時代はドイツ語も熱心に勉強されたそうです。

ハイスクール卒業後、ハーバード大学経済学部に入学され国際経済学を専攻されていました。大学1年の夏休みにはドイツのゲート・インスティチュートでドイツ語を特訓し、大学2年の時にはフランスのグルノーブ大学のフランス語夏期講座に参加するなど外国語の活動も積極的に行いました。

1985年大学を卒業後日本に帰国し1986年東京大学法学部第3類(政治コース)の3学年に外部学士入学をされました。しかし在スウェーデン特命全権大使の娘さんが外交官になったことに刺激を受け外交官を志し同年10月外務公務職員試験を受け合格、外務省に入省が決まりました。

翌1987年に東大を中退し外務省に入省経済局国際機関第二課に配属になりました。1988年から外務省の研修留学としてオックスフォード大学リベオール・ガレッジに留学されました。

帰国後北米局北米二課に配属され在籍中はアメリカ国務長官の通訳なども努めご結婚されるまで4年間勤められていました。

雅子さまの病気は適応傷害?適応傷害とは?

雅子さまの病気は適応障害?という声が出ているみたいなので調べてみました。雅子さまが適応障害と宮内庁から公表されたのは2004年でした。適応障害という病気がどんな病気がわからない人もいると思うのですが、(私も知りませんでした。)適応障害というのは社会生活の中で誰でも遭遇する可能性がある特定の状況や出来事がその人にとって辛く耐えがたいと感じられそのために精神症状、身体症状、行動に症状が現れる心の病気です。

症状としては抑うつ気分、怒り、焦燥感、過敏、混乱、勤務怠慢、頭痛、倦怠感、腹痛、感冒様症状などが現れるということです。この症状を緩和するにはその原因から離れることで次第に緩和されるということですが、それが難しい場合はカウンセリングを受けたりしてその状況に適応する力をつけることや環境を整えることが大事だそうです。

精神的な病気は外見的に分からないので完治するのはなかなか大変ですよね。

スポンサーリンク

雅子さまが適応障害になった原因は?経緯について

雅子さまが適応障害になった原因は何なのか気になったので調べてみました。雅子さまは父親の仕事で海外で生活を経験され、帰国後は外務省でキャリア外交官として働いていました。

これは私的な考えなのですがそれが結婚して環境が変わると大変なこともあるのにましてそれが皇室だということでご苦労されたこともあったような気がします。この病気は真面目な人でストレスを感じやすい人、多忙な人、心配症な人、自分が無理をしてしまう人がなりやすいそうです。

雅子さまもそういうことが積み重ねになってご病気になられたのかなと思ってしまいました。

雅子さまの病気の原因?皇太子さまの「人格否定発言」とは?

 

 

View this post on Instagram

 

Moto.Sさん(@motosan83)がシェアした投稿


雅子さまが適応障害になられた原因のひとつに皇太子さまの発言があるのではないかという噂があるので調べてみました。

それは2004年に雅子さまが適応障害と公表された時の皇太子さまの会見で雅子さまの人格を否定されるような発言が確認されたということです。

会見で皇太子さまは雅子さまのことに関して「雅子には外交官としての仕事を断念し皇室に入り、国際親善を皇族として大変重要な役目と思いながらも外国訪問をなかなか許されなかったことに大変苦悩していました。

「雅子にはこの10年間自分を一生懸命皇室の環境に適応させようと思いつつ努力してきましたが私が見るところそのことで疲れきってしまっているように見えます。それまでの雅子のキャリアやそのことに基づいた雅子の人格を否定するような動きがあったことも事実です。」

と発言され、これは雅子さまに対する陰湿な嫌がらせがあり、皇太子さまから「人格否定」という言葉がでたことで政府や国民に大きな衝撃を与えました。メディアでも大きく取り上げられていたので覚えてる人もいるのではないかと思います。

ここまで当時の皇太子様が発言されているということは、相当雅子様は苦しい思いをされていたんだと思います。そうじゃないと国民にまで発信しませんよね?天皇陛下になりましたが、これからも雅子様の変化には一番に気付き、雅子様の状態については国民に発信してほしいですね。

スポンサーリンク

雅子さまのストレスの原因は?

 

View this post on Instagram

 

たかさん(Takasan)Kyoto,Japan.さん(@taka2754)がシェアした投稿


雅子さまのストレスの原因は何があるのでしょうか?気になったので調べてみました。

・まずは結婚後の生活への不安

・次は公務への不安

・そしてお世継ぎを産まなければいけないプレッシャー。

結婚後の生活の不安や公務の不安は生活環境が変わるのでもちろんあるとは思いますが、一番の不安はお世継ぎを産まなければいけないということだったような気がしました。

それはお世継ぎは男性皇族だけで2004年当事は男性皇族が産まれていないということで宮内庁側が男性皇族を求めていて皇太子妃の雅子さまにはかなりのプレッシャーになっていたのではないかという噂が出ていました。

それは秋篠宮さま妃紀子さまに悠仁さまが産まれるまであったようです。また雅子さまは海外生活が長かったので結婚後海外に行かれることが少なくなったのも窮屈に感じていたという噂もあります。

会見でも「正直に申しまして私にとりましても結婚以前に私の育ってくる過程でしてきた生活の上でも外国に参りますことが頻繁にございましてそういったことが私の生活の一部になっておりましたことから6年間外国を訪問することがなかなか難しいという状況は正直に申しまして私自身その状況な適応することになかなかなかなか大きな努力が要ったということでございます。」と話されていました。

雅子さまは外交官としてキャリアを積まれていたので皇族となられたことで海外公務の少なさやお世継ぎのプレッシャーや人格否定などがストレスを感じる原因になられたのかも知れないことを思うとお気の毒な気です。

また子供についても男児を生めなんて言うの発言は受け入れがたいですね。子供ができないことで雅子様も悩んでいたなか雅子様は極度のプレッシャーを感じていたことでしょう。子供が中々できなかったのは雅子様だけの責任ではないですよね・・・。

スポンサーリンク

雅子さまの現在の様子は?病状悪化の指摘も

その雅子さまの現在の様子はどうなのかを調べてみました。雅子さまが適応障害と公表されたのは2004年の夏ごろでした。

一部の報道で雅子さままだご公務を明らかにできる段階ではないように感じるというのに対し皇太子さまは

「今は体調の回復に一生懸命取り組んでおりますし将来的にも自分としてできることが見つかることを私も現在はそういうものを少しづつ模索しているような段階なのではないかと思います。雅子自身も色々海外での経験もありますしこのグローバル化の時代にあって国際的な取り組みなど本人だからできるような取り組みが今後出てくると思います。今具体的にどういうものかということはお答できないのですけれども先ほども申しましたとおり本人も一生懸命努力をしながら回復に努めておりますので何かいい取り組みに将来あることができれば私も大変うれしいと思います。」

と話されていました。

この会見を見たときに少しずつよくなられているように思いました。しかしその一方で秋篠宮さまさまのお誕生日会見の時にご夫婦揃って出られたのに対し皇太子さまの会見に雅子さまがいらっしゃらないことで実は雅子さまの病状は悪化しているのではないか?という噂も出ました。

しかし最近は雅子さまがご公務に出られる機会が少しずつ増えているような気もしまし、皇后様になってから何度が雅子様の笑顔を見ることができています。雅子様自身も頑張ろうという決意の現れなんじゃないでしょうか?

これからも無理をなさらないでご公務をされてほしいと思います。

雅子さまの現在の病状は?復調の兆し?

現在の雅子さまの病状について気になったので調べてみました。調べてみると前述したように以前に比べると少しずつご公務に出られる機会が増えているようにみえました。また皇太子さまはの会見でも話されていたように少しずつ回復されているように思いました。

2013年には10年ぶりにオランダに皇太子さまとご一緒に訪問されていますし、2015年にはトンガ国王戴冠式にも皇太子さまと出席されました。そしてその年の秋の園遊会にも2003年秋以来12年ぶりに出席され招待客と笑顔で話されている姿をテレビで拝見しました。

また被災地にも訪問するなど活動の幅が増えているようにみえました。新皇后になられてお忙しくなりなかなか完治するするのは難しいのかもしれませんが、少しずつよい方向に向かわれるといいなと感じました。

スポンサーリンク

雅子さまの公務はいつから休んでいる?海外公務は大丈夫?

その雅子さまはいつから公務を休んでいるの?という声が出ているようなので調べてみました。雅子さまが適応障害と公表されたのは2004年でしたが実は2000年前後ぐらいからご公務を欠席されるということがありました。

雅子さまは2001年に愛子さまを出産していますが、その前1999年に一度流産されています。その時は妊娠の兆候がみられなかったのでベルギーへ訪問されました。その後朝日新聞が妊娠していることをスクープ報道しメディアが加熱したのち12月30日に流産されたことが判明しました。

その時の報道は待望の妊娠と期待していたのを覚えています。その後2000年に香淳皇后(昭和天皇の正妃)の葬儀を欠席しそれ以降療養に入られることが多くなりました。療養はご実家の大和田家の別荘を使用していたということです。

また海外訪問も2003年以来雅子さまがされることはなく皇太子さまお一人での訪問となりました。2001年に愛子さまを出産されていますがやはり親王さまということで秋篠宮さま紀子が悠仁さまを出産されるまで雅子さまにはお世継ぎがいないということでかなりのプレッシャーがあったように思います。

しかしこればかりはどうしようもないことで仕方ないのではないかと思います。現在はまたご公務へ出席されることも増えているようにみえますが、無理をなさらないでほしいと思います。

雅子さまは他の病気の可能性も?セカンドオピニオンはしない

 

View this post on Instagram

 

エチョーさん(@tks_0619_ngi)がシェアした投稿


雅子さまの病気は適応障害なのではなく他の病気の可能性もあるのではないか?とも言われています。その病気は新型うつ病の可能性もあるのではないかということでした。

その症状として微熱や風邪の症状、天候による変化、喉の渇きやめまい、疲れやすい、不安感などの症状がでるそうです。雅子さまの症状がこれに似ていると報道されたことでそうなのではないか?といわれたようです。

また病気に対してみあった治療ができていないのではないかともいわれているみたいです。
そしてセカンドオピニオンを受けた方がいいのではないか?という声も出ているみたいです。

それに対し皇太子さまは「私としましては今まで見ておりますと東宮医師団が大変よくやっていただいていますしその治療も非常に深くしていただけていますのでセカンドオピニオンという考え方は今のところ特にございません」と話されています。

前述したようにこの病気はその原因をなくすことで緩和されるといわれています。また皇太子さまも適切な治療がされていると話されていました。私達には病気のことはわかりませんがゆっくりとご自分のペースで焦らずに治療されてほしいと思います。

スポンサーリンク

雅子さまと皇太子さまとの馴れ初めから結婚~現在の仲について

 

View this post on Instagram

 

Sophricoさん(@soph_rico)がシェアした投稿


皇太子さまと雅子さまが出会ったのは1986年に大和田家が外交官中川融氏の紹介でスペインのエレナ王女を迎えた東宮御所でのパーティーに招かれたことでした。この時に皇太子さまは雅子さまに好感を持たれたそうですが、雅子さまは外交官に受かったばかりだったので外交官として経験を踏む意味もあって出席されていたということです。

そのため大和田家はこのパーティーにお妃候補の顔見せがあったことは知らなかったそうです。その後お妃候補として雅子さまは高円宮家とも会食されるなどで結婚に向けて順調に進んでいるように見えていました。

しかしここで雅子さまの母方の祖父が水俣病の原因企業“チッソ”の元会長だということがわかりそのことを懸念した宮内庁の幹部が東宮大夫を通して皇太子さまにお妃候補の再考を促しました。

雅子様の実家がチッソとは?祖父は水俣病の関係者だった雅子様の実家がチッソ??果たしてどんな意味があるのでしょうか!令和がスタートし何よりも注目されているのが雅子様ではないでしょうか?久しぶ...

しかし雅子さまの祖父は水俣病の問題が顕在化したあとに経営再建を託されて同職に就任されているので事件に関係ないことがわかりました。

しかしマスコミのチッソ問題が加熱し一時雅子さまの出社、帰宅時に自宅に取材陣が待ち受けていたことでお妃候補を辞退されました。そのため他のお妃候補への報道が加熱するという事態がおこり次々と辞退される方が出てきました。

その間に秋篠宮さまの結婚されるなど皇太子さまの結婚問題はなかなか進みませんでした。
その中でも皇太子さまは「雅子さんがいい」と宮内庁長官に思いをたびたび伝えていたそうです。

その後1992年関係者を通して再び雅子さまに再会を働きかけ同年8月に宮内庁公邸で再会をされました。この時同じ過ちがないよう報道には報道協定を持ちかけ、取材陣はこれを受け入れました。

そしてその年の10月慎重に周りが固められ情報漏洩がないようにお二人が会われることはごく一部しか知らなかったとのことです。そのため周りでお二人が会われていることに気づいている人はいなかったそうです。

お二人は鴨場を散策されお話をされて皇太子さまがストレートな思いを伝えられ「私と結婚していただけますか?」とプロポーズされたということです。がその時雅子さまは即答を避けられその後も電話で連絡されることを約束されて終わったとのことです。

その雅子さまの気持ちに結婚に対する変化がおこり皇太子さまの真摯な姿勢とお言葉に引かれ求婚を受けられたそうです。

またその時期まだ女性の社会進出が進んでいない時代であったために雅子さまも仕事に限界を感じていて悩まれていたそうで、皇室で役立つことが自分の仕事と考えるようになっていましたが「皇室に入られることは色々不安もおありでしょうけれども雅子さんのことは私が全力でお守りしますから」という皇太子さまのお言葉が結婚の決め手になられたそうです。

その後は雅子さまの病気のことなどもありましたがお二人で乗り越えられて現在があります。天皇陛下と雅子様の馴れ初めを振り返ってみましたが、本当に天皇陛下は雅子様のことを全力で守ってくれていますね。雅子様への愛情を感じます。

スポンサーリンク

まとめ

雅子さまの現在の症状は天皇陛下の助けもあり、以前に比べるとご公務に出られることも増えられて回復に向かわれているように思いました。これからも無理をなさらずに皇后さまとしてお忙しとは思いますがご公務に参加されていただきたいと思います。

雅子様の関連記事はこちら

愛子様の別人2019なぜ影武者?事実なのか徹底検証!愛子様の別人2019なぜ影武者?事実なのかという話題について今回は調べてみました!新しい天皇陛下になられて注目されている皇室ですが、愛子...
雅子様の学歴ロンダリング!高校や東大中退は本当?雅子様の学歴ロンダリング!高校や東大中退は本当なんでしょうか?ついに令和が始まりましたね!雅子様も皇后様に就任されてどことなく生き生きと...
雅子様妹たちの現在は?双子で結婚離婚歴も気になる!雅子様妹たちの現在は?双子で結婚離婚歴も気になる!令和が始まり雅子様が注目されています。そこで今回は雅子様について調べてみようと思うので...
雅子様の実家は今も目黒区南で警備されている?間取りや豪邸でやばい!2019年5月に后妃となられる雅子様。目黒区南にある豪邸のご実家には今も御両親が住んでいるのでしょうか?また、雅子様のご実家には警備がつ...