スポーツ

横浜ベイスターズ人気選手ランキング2019最新!注目されている選手は誰?

横浜DeNAベイスターズ、2019年最新の人気選手ランキングは。注目選手は誰?プロ野球開幕、あっという間にもうすぐ交流戦の季節です。ここまで苦戦の続く、横浜DeNAベイスターズですが、球団の企業努力と、ウイング席の増設などもあり来場者数は増加しております。

ココから巻き返しを期待する上で欠かせない、横浜DeNAベイスターズの2019年最新の人気選手とランキング、その他注目選手についても紹介させて頂きます!

スポンサーリンク

筒香 嘉智

 

 

View this post on Instagram

 

濱の八百屋 三橋さん(@hamanoyaoya)がシェアした投稿


・身長185㎝体重97㎏、右投左打、外野手。
・1991年11月26日、和歌山県橋本市出身、血液型A型。
・横浜高→2019年ドラフト1位。

年俸推移は以下です。
2010年 800万円+契約金9000万円
2011年 900万円
2012年 1300万円
2013年 1950万円
2014年 1600万円
2015年 4600万円
2016年 1億円
2017年 3億円
2018年 3億5000万円
2019年 4億円

2015年よりキャプテンを務めます。2014年以降は毎シーズン100試合以上の出場が続き、不動の主砲となります。主なタイトルは、2016年の本塁打王と、打点王。
ベストナインは、2015~2017年まで3年連続で選出されています。

早ければ来シーズンにもポスティングシステムによるメジャー挑戦が噂されています。
(筒香選手ご自身も挑戦したい意向あり)メジャー移籍前のラストイヤーになるかもしれない今シーズンの活躍には注目が高まります。

キャプテンとして、個人の成績よりも、チームの勝利と常々発言されていますが、打撃面ではキャリアハイを目指したいところでしょう。
男女問わず大人も子供もファンが多く、ユニフォーム着用率は、山崎康晃選手と二分しており、正に看板選手ですね。

高校野球や、少年野球などに対する問題提起したことも話題になりました。子供達が無理をし過ぎて手術をしなければならない状況や、ケガにより野球を断念せざるを得ない状況を観て来たことに心を痛めており、野球人口が減少している中、子供達の憧れの選手の立場から問題提起をしています。

具体的には、球数や、練習時間の制限などです。父兄の過剰な負荷についても語っています。

スポンサーリンク

山崎 康晃

 

 

View this post on Instagram

 

tmk_ysak_19さん(@yasu_baystars_19)がシェアした投稿


・身長179㎝88㎏、右投右打、投手。
・1992年10月2日、東京都荒川区出身、血液型O型。
・帝京高→亜大→2014年ドラフト1位。

年俸推移は以下です。
2015年 1500万円+1億円
2016年 5000万円
2017年 8000万円
2018年 1億5000万円
2019年 2億5000万円

ルーキーから、4年連続となる20セーブ以上を挙げています。主なタイトルは、2015年の新人王、2018年の最多セーブ投手。入団から現在まで、二軍降格がない絶対的守護神ではないでしょうか?

Twitterを開設しており、フォロワー数はチームトップの70万人以上で、ファンへ向けて様々な情報発信をしています。将来的に背番号18を受け継ぐに1番近い選手とも言われています。またプロ入り後、牽制球は1球も投げていません。

愛称は「小さな大魔人」 。ルーキーイヤーから、当時の監督である中畑清さんより守護神を任されます。山崎選手と言えばヤスアキジャンプです。登場曲の「Kernkraft400/Zonbie Nation」に合わせて、山崎選手のタオルを掲げ、ジャンプします。他球団ファンも、ヤスアキジャンプを観れただけでも楽しかった!と語るほど、盛り上がります。

スポンサーリンク

石川 雄洋

 

View this post on Instagram

 

みるる☺︎ベイスターズさん(@luckystar.30)がシェアした投稿


・身長183㎝体重78㎏、右投左打、内野手。
・1986年7月10日、静岡県駿東郡清水町出身、血液型O型。
・横浜高→2004年ドラフト6位。

年俸推移は以下です。
2005年 460万円+契約金3000万円
2006年 470万円
2007年 510
2008年 650
2009年 1500
2010年 3000万円
2011年 6000万円
2012年 5700万円
2013年 5000万円
2014年 6500万円
2015年 6000万円
2016年 7000万円
2017年 6300万円
2018年 5500万円
2019年 4500万円

2016年以降は、エリアン選手、柴田選手の加入、2017年は田中浩康選手の加入により、二軍スタートとなります。今シーズンも二軍スタートとなるが、昇格直後の4/29にはスタメン出場し、チームの連敗を「10」で止めた立役者となりました。

多くの後輩から慕われる選手のひとりで、若手選手が多い中、数少ないベテラン選手として今シーズンも更なる活躍を期待されています。チーム日本人の最年長野手となります。ファンの間では、筒香選手の精神的支柱とも言われています。

石川選手登場の瞬間は、声援が1番多いのではないでしょうか?横浜スタジアムが1番盛り上がる瞬間です。女性ファンも多いのですが、男性ファンも多く、ヘアスタイルやファッションなどもリスペクトしているファンが多くいます。スタイルも良いですね。おしゃれ番長と呼ばれるほど、おしゃれで有名な選手ではありますが、その反面チーム1練習熱心なことでも有名です。

宮崎 敏郎

 

View this post on Instagram

 

Chisaki ngさん(@qi3king)がシェアした投稿


・身長172㎝体重85㎏、右投右打、内野手。
・1988年12月12日、佐賀県唐津市出身、血液型B型。
・厳木高→日本文理大→セガサミー→2012年ドラフト6位。

年俸推移は以下です。
2013年 850万円+契約金3500
2014年 950万円
2015年 850万円
2016年 1200万円
2017年 3000万円
2018年 8000万円
2019年 1億6000万円

2016年より100試合以上出場が続いています。2016年はセカンドでの起用もありましたが、2017年からはサードの不動のレギュラーとなります。主なタイトルは、2017年の首位打者。ベストナインは、2017~2018年に選出されています。2014年には「よそみ事件」と呼ばれる守備のミスを侵し即日二軍降格となりましたが、その後の努力によりベストナインを受賞する守備力を身に付けました。

やはり期待されるのは打撃でしょう。今シーズンは、不調が続き苦しいスタートとなりましたが、徐々に復調の兆しが見えて来ており、ファンも大声援を送っています。中には復活の兆しに涙するファンもいました。

愛称は「ハマのプーさん」。夏場に体重が落ちやすい梶谷選手へ冷凍チャーハンを差し入れした心優しい選手です。昨シーズンのファンフェスティバルでは、ディズニーの人気キャラクターであるプーさんの着ぐるみを身にまとい、ファンを沸かせました。

スポンサーリンク

今永 昇太

 

View this post on Instagram

 

tanakaさん(@bay22500)がシェアした投稿


・177㎝体重82㎏、左投左打、投手。
・1993年9月1日、福岡県北九州市出身、血液型A型。
・北筑高→駒大→2015年ドラフト1位。

年俸推移は以下です。
2016年 1500万円+契約金1億円
2017年 4000万円
2018年 8400万円
2019年 6700万円

ルーキーイヤーは、好投が続くもなかなか勝ち星に恵まれず、ようやくの初勝利は5/6となり、シーズン通して好投はするものの8勝に終わり、新人王を逃します。翌年は11勝を挙げるものの、昨シーズンは4勝と不調に陥り、復調の兆しを見出だすことが出来ず、4勝に終わります。

今シーズンは、自身初の開幕投手としてスタートし、エースとしてアピール出来るかが、期待されます。今シーズンは、ここまで順調で現在防御率がリーグトップの1.19。

投げる哲学者と呼ばれる語録が人気です。意識の高い選手ですね。中でも有名なのは、「援護がないという言い訳は、防御率が0点台の投手だけが言える」です。ルーキーイヤーのファンフェスティバルでは、自慢の歌声も披露しました。

東 克樹

 

View this post on Instagram

 

Miho.Kさん(@miho.k.a.k.e)がシェアした投稿


・身長170㎝体重78㎏、左投左打、投手。
・1995年11月29日、三重県四日市市出身、血液型B型。
・愛工大名電高→立命大→2017年ドラフト1位。

年俸推移は以下です。
2018年 1500万円+契約金1億円
2019年 5550万円

ルーキーイヤーは、11勝で新人王を獲得しました。2年目となる今シーズンも期待されますが、肘のケガにより出遅れます。今シーズンの初登板は、昨シーズンのジャイアンツキラーとして、チームの起爆剤として期待されましたが、残念な結果でのスタートとなりました。
シーズンは始まったばかりですから、復調に期待がかかります。

愛称は「ハマのペンギン」。東選手といえば、もぐもぐタイムですね。ベンチで試合の合間にバナナを食べています。大学時代から続けているようですが、ルーキーイヤーからベンチでコレを維持出来ていることに評価している解説者もいます。笑顔の可愛らしい選手です。

スポンサーリンク

桑原 将志

 

View this post on Instagram

 

Chisaki ngさん(@qi3king)がシェアした投稿


・身長174㎝体重78㎏、右投右打、外野手。
・1993年7月21日、大阪府和泉市出身、血液型B型。
・福知山成美高→2011年ドラフト4位。

年俸推移は以下です。
2012年 540万円+契約金3500万円
2013年 600万円
2014年 610万円
2015年 1100万円
2016年 1300万円
2017年 4000万円
2018年 8500万円
2019年 8400万円

2016年~2017年にかけて、レギュラー定着と思う活躍でしたが、2018年以降は神里選手の加入などもあり、出場機会が減少しています。主なタイトルは、2017年にゴールデングラブ賞、2018年に史上67人目(72度目)となるサイクルヒットを達成しました。

守備力は誰しもが認める外野手です。課題は安定した打撃でしょうか。「夏男」と呼ばれるほど、夏場は絶好調ですが、シーズン通して安定した打撃成績が残すことが出来れば、レギュラー奪還もあるでしょう。

応援歌にある通り、ガッツ溢れるプレーが魅力の選手です。ファンの間では、絶対的守備力の持ち主としての評価か高く、大人から子供まで男女問わず人気選手です。積極的にイベントにも参加し、正にチームのムードメーカーとして欠かせない選手です。その元気なイメージとは裏腹に、考え込んでしまう一面もあるようです。

倉本 寿彦

 

View this post on Instagram

 

きららさん(@5_baystars)がシェアした投稿


・身長180㎝体重82㎏、右投左打、内野手。
・1991年1月7日、神奈川県茅ヶ崎市出身、血液型B型。
・横浜高→創価大→日本新薬→2014年ドラフト3位。

年俸推移は以下です。
2015年 1000万円+6000万円
2016年 1600万円
2017年 4300万円
2018年 7300万円
2019年 6400万円

FAで獲得した大和選手がショートのスタメンで出場することが多く、昨シーズンよりセカンドでの起用や、サードの守備固めとしての起用が増えました。流し打ちの上手い選手で、長打よりもコンスタントに単打が打てる、チャンスの場面にも強い選手です。

倉本選手ご自身は、今シーズンはショートで勝負したいと公言しています。とにかく女性ファンが多いのは倉本選手です。球団が毎年行っているイベントのひとつ、ガールズフェスティバルでは倉本選手への応援はダントツです。

昨シーズンからは、出場機会も激減はしましたが、口数が少ないところも魅力のひとつなかもしれません。二軍暮らしが続いた際も長々と並んだファン全員にサインをしたり、ファンサービスにも定評があります。

神里 和毅

 

View this post on Instagram

 

*nao*さん(@denao_705)がシェアした投稿


・身長179㎝体重81㎏、右投左打、外野手。
・1994年1月17日、沖縄県島尻郡南風原町出身、血液型A型。
・糸満高→中大→日本生命→2017年ドラフト2位。

年俸推移は以下です。
2018年 1250万円+契約金7500万円
2019年 2500万円

ルーキーイヤーは、開幕スタメンを勝ち取り、攻守ともに活躍が光りましたが、死球による骨折でその後一軍復帰は間に合いませんでした。脚力と、長打もある打撃が魅力の選手です。

今シーズンは、同級入団の楠本泰史選手の活躍もあり開幕スタメンは叶わなかったものの、徐々にスタメン出場しています。昨シーズンは自慢の脚力で盗塁や走塁などでアピール出来ましたが、今シーズンの課題は四球などによる出塁率が欲しいところでしょう。

またイケメンとして、女性ファンにも大変人気ですが、イケメンと言われていることは神里選手ご自身も自覚しており、「外見だけじゃなく評判に見合う活躍を残したい」とか、否定しても何かしら言われるので、敢えて否定はしないのだとか。沖縄出身ということもあり、都会には未だ慣れないようで、静かな場所が落ち着けたり、好んだりしているようです。

スポンサーリンク

まとめ

横浜DeNAベイスターズの人気選手、注目選手を紹介させて頂きましたが、いかがでしたでしょうか。現在は苦しい状況ではありますが、毎試合たくさんのファンが球場に足を運び、熱い声援を送っています。

例え負けた試合でも、最後まで見守っているたくさんのファンがいます。選手の皆さんには、何とか奮起頂きたいと見守っています。交流戦でまた流れも大きく変わります。
ケガなく、元気に闘う勇姿を見せて頂きたいですね!
最後までお付き合い頂き、ありがとうございました!