気になるニュース

サニブラウンの日本人に違和感?日本人なのか国籍や両親も調査!

100m走日本男子の記録を塗替えたサニブラウン選手が今日本人なのか、日本人に違和感と言われています。なぜ日本なのかと言われてしまっているのでしょうか?

サニブラウン選手の国籍や両親、また日本人に違和感発言について調べてみました。

スポンサーリンク

サニブラウン選手は日本人だけど違和感あり?

陸上の100m記録者だった桐生祥秀選手の記録を0秒01更新したサニブラウン選手。更なる新記録を出すのではないかと期待されていますが、サニブラウン選手のことを日本人と呼ぶのに違和感がある言われてしまっています。

なぜなのか?それはサニブラウン選手の見た目です。見た目で判断されてしまっているのです。これって差別的な発言にも聞こえてしまいますが。

ネットでの声を拾ってみると

・サニブラウンは純粋な日本人じゃないからイマイチ喜べない

・サニブラウンは日本人男子の身体能力を超えている

・サニブラウンが優勝したけど素直に喜べない

などなどサニブラウン選手がハーフのためにひどいことを言われてしまっているのです。

そんなことを言ってしまうとスポーツ選手でハーフで純粋な日本人ではない人は結構いますよね。

例えばテニスの大坂なおみ選手もそうですし、同じ陸上のケンブリッジ飛鳥選手もそうです。実は大坂なおみ選手が優勝した時も同じような意見がありました。

純粋な日本人じゃないとダメなんでしょうか?こんな酷い意見ってひどくないでしょうか?

サニブラウンの国籍はどこ?

サニブラウン選手の国籍は、日本です。国籍が日本であれば日本人です。見た目は純粋な日本人とは違いますが、サニブラウン選手は日本で育ち言葉も日本語で日本の陸上競技選手として登録されています。

サニブラウン選手の出身地は福岡県。お父さんは確かにガーナ人ですが、日本で生まれて、ずっと日本で生活してきました。

日本人じゃない、違和感があるって言葉はどんだけサニブラウン選手を苦しめているのか、考えなくても分かることです。きっとこれまでもサニブラウン選手は見た目で判断されたり、嫌なことを言われて育ってきたのかもしれません。

それでもサニブラウン選手は自分は「日本で生まれて、日本で育っているので日本人以外なんでもない」と思っています。

見た目で判断されてしまったらハーフの人は日本代表にもなれないし、スポーツ大会への出場はできなくなります。

こんなに心が狭い人がいるのも残念です。

サニブラウンの父親はどんな人?

サニブラウン選手のお父さんは、ガーナ出身でラティフ・サニブラウンさん。得意なスポーツはサッカーが得意です。

お父さんは陸上の経験はありませんが若い頃からサッカーをやっていて運動は得意。現在は都内でスポーツバーの経営をしているほどです。スポーツバーの経営をするくらいなのでスポーツは得意なんでしょうね!

またサニブラウン選手より身長が大きくて、190㎝くらいあるそうですよ!また体格もガッチリでサニブラウン選手より強そうです笑

ちなみにサニブラウン選手は身長188㎝。十分大きいですよね。陸上選手なので身長は高い方が圧倒的に有利なので恵まれた体格はお父さん譲りです。

スポンサーリンク

サニブラウンの母親はどんな人?

サニブラウン選手のお母さんは明子さんです。明子さんは、福岡県出身で高校生の時に陸上をやっていました。明子さんが得意だったのはサニブラウン選手と同じ100mです。

またお母さんの明子さんは100mハードルもやっていて、100mとハードルでインターハイ出場経験もある実力者。

サニブラウン選手はお母さんの影響から陸上に興味を持ったのは間違いないでしょう!サニブラウン選手は小さい頃から足が速く瞬発力もあったので、陸上選手だったお母さんは、息子には陸上のセンスがあると早い段階で見抜き、サニブラウン選手のコーチを探したそうです。

陸上経験を持つ母が身近にいたのはサニブラウン選手にとっても心強い存在でしょうね。お母さんも息子が日本新記録を達成し、喜んでいることでしょう。

サニブラウンは200m走もすごい?

サニブラウン選手が新記録を樹立したのは100mですが実は200m走でもすごい結果を残しています。

その実力は世界でも認められていて、ボルトに近い選手とも言われているんです。ボルトの名前を聞くとサニブラウン選手がどんだけすごいのか分かりますよね。

実際2015年の世界ユース選手権ではボルト選手の記録を塗り替えているので、着々とボルト選手に追いついていますよね!

サニブラウン選手は、まだ20歳なのでこれから筋力をもっとつけて伸びていくのは間違いないでしょう!東京オリンピックではメダルも射程圏内です。

これは期待してしまいますね!

スポンサーリンク

サニブラウンの名前の由来は?

サニブラウン選手の名前が日本人っぽい名前でないことも違和感があると言われている理由の一つです。ケンブリッジ飛鳥選手だったら「ケンブリッジ 飛鳥アントニオ」というのがフルネームで、飛鳥という日本人らしい名前が入っていますよね。

サニブラウン選手だとフルネームの中にも日本人らしい名前がないので、外国人?と勘違いされてしまうこともあるようです。でも話せば日本語なので日本人だと分かるらしい。

サニブラウン選手のフルネームは、サニブラウン・アブデル・ハキームです。アブデル・ハキームが名前になり、サニブラウンが性となります。

アブデル・ハキームが名前になるのですが、この名前はサニブラウン選手のお父さんの故郷ガーナで名付けられました。ガーナでは祖父が孫の名前を命名する慣習があり、サニブラウン選手の祖父が名づけ親となり外国人の名前となりました。

アブデルは、特別な意味が込められているそうです。お母さんの明子さんも、最初は日本人らしい名前にしたかったかもしれませんが、故郷のガーナの祖父が名付けてくれる名前を大切にしようと思ったのでしょう。

日本人らしくない名前だと、確かに外国人っ?日本人じゃないの?って思ってしまいますが、現在は色んな人がいて、色んな名前の人がいますので、サニブラウン選手のことを応援しましょう!

スポンサーリンク

サニブラウンの経歴

後程詳しく追記します。

まとめ

日本人新記録を達成したサニブラウン選手。肌の色や名前が違うだけで、日本人じゃないの?日本人違和感とと言った酷い言葉を投げられて、やはり相当ショックだと思います。

容姿とか見た目とか関係なく、頑張る姿を素直に応援してあげたいですよね!

新しい記録を目指して頑張ってもらいましょう!応援しています。