皇室関係

紀子様の母親の実家は韓国人? 朝鮮総連と関係について詳しく!

皇后さまに就任された雅子様より国民の関心が強いのは紀子様!紀子様には色々な噂が広まっていて、今日はその噂の一つである紀子様の母親の実家が韓国人で朝鮮総連と関係性についてです!

噂の段階ではありますが、火のない所に煙は立ちませんので何かしら関係があるのではないかと踏んでいます!!

早速紀子様の母親の実家や韓国人で朝鮮総連との関係性が本当にあるのかどうか調べていきたいと思います!

スポンサーリンク

紀子様の実家の両親や兄弟は誰?

紀子様の実家の両親や兄弟についてまずは調べてみました!

父親:川嶋辰彦(かわしま たつひこ)さん

母親:川嶋和代(かわしま かずよ)さん

長女:川嶋紀子(かわしま きこ)様

長男:川嶋舟(かわしま しゅう)さん

紀子様は4人家族で兄弟は弟が一人いらしゃいます。父親の川嶋龍彦さんについては後程詳しく調べていきますが、職業は学習院大学の名誉教授となっています。

秋篠宮様と紀子様が出会ったのも学習院大学ですので、何か縁を感じますよね!それもそのはず、秋篠宮様と紀子様が出会ったのは、大学内の書店というのは有名な話ですが、この時に「こちらのお嬢さんは川嶋教授の娘さんです」と書店員からご紹介があったそうです。

つまりお二人のご縁は父親が学習院大学教授であったことで、より最初の印象も強くなったのではないでしょうか?大学教授の父親もまた、紀子様も当時昭和天皇の孫であった秋篠宮様が学習院大学にいることは存じていたことでしょう。

紀子様の父親は大学教授の川嶋辰彦さんということはだいぶ有名ですが、では母親はどんな人だったのでしょうか?

紀子様の実家の母親は韓国人?経歴は

紀子様の母親は、川嶋和代さん。旧姓は杉本和代さんです。川嶋和代さんについてネットで調べてみると韓国人というキーワードが出てきます。何やら韓国と繋がりがあるのでしょうか?

川嶋和代さんの情報は少ないのですがわかっていることは

生年月日:1942年2月28日

年齢:77歳

中学・高校は名門女子静岡英和女学院

昭和女子短大卒業後に静岡市の会社に勤務。後に川嶋龍彦氏と出会い1964年に結婚。

1966年9月11日 紀子様ご出産。

川嶋和代さんの学歴を振り返ってみると、当時女性が大学に進学するのもまだ珍しい時代でしたので、家柄もよくお金があった家だったのかもしれませんね。

それもそのはず、紀子様の母親の実家である杉本家は旧満州鉄道のエリート会社員だったんです!

満鉄の話を今の時代にされても、ピンとこない方が多いと思いますが戦前の日本にとって満鉄は日本の植民地を広げるための重要な任務を背負っていました。

紀子様の母親である和代さんの父親は、旧南満州鉄道にとっては欠かせない優秀な技術者の一人だったのです。

歴史の遡る話になってしまいますが、紀子様の母親は御年77歳ですから、その父親の話となると今から100年ほど前の日本の話になってしまいます。

つまり紀子様の母親の和代さんの父親は高収入を得ていて、エリートだと言えますね!

その紀子様の母親が韓国人との噂がネットではありますが、確証できる証拠は出てきていません。もしかすると、父親が旧満州鉄道に深く関わっていたことから紀子様の母親も朝鮮族という見方をされてしまうのかもしれません。

スポンサーリンク

紀子様の母親の和代さんは朝鮮総連との関係があるの?

和代さんは朝鮮総連ともかかわりがあるとか・・・ 朝鮮総連とは簡単に言うと、日本で暮らす北朝鮮の人のサポートや集まり、北朝鮮との大使館的な役割をしている団体のことです。

正式名所は、在日本朝鮮人総連合会と言います。

ネットの噂を集めると紀子様の母親である和代さんは、この団体の電話番の仕事をしていたというのです。そのことから紀子様の母親も朝鮮人であるという人がいるみたいですね。

ただこれはどこから出たのか分からない情報です。実際朝鮮人であれば確たる証拠があると思いますし、もっと情報も出てくるのが普通ですが一切それはないので、事実ではないということでしょう。

紀子様のアンチが広めている心無い書き込みの可能性が大です。よって紀子様の母親は朝鮮総連と関係はないでしょう!

続いて紀子様の父親である川嶋辰彦氏についてです!

紀子様の父親は誰?学歴や職業について

紀子様の父親である川嶋辰彦さんの簡単なプロフィールはこちら!

生年月日:1940年(昭和15年生まれ)

出身大学:東京大学

職業:経済学者・学習院大学名誉教授

現在も現役で大学名誉教授として仕事をされている辰彦さんは、東京大学を卒業後、1964年にご結婚され、1972年ペンシルベニア大学院の専任講師となり渡米します。学習院大学の助教授に就任されたのが1973年です。名誉教授になられたのは2011年からです。現在も名誉教授でいらしゃいますので生涯現役を貫くのでしょう。

スポンサーリンク

紀子様の弟川嶋舟の職業や結婚歴は?

紀子様には弟さんがいて名前は川嶋舟(しゅう)さん。紀子様より7歳年下で、幼少期はよく紀子様が弟の舟さんを可愛がり、面倒見のいいお姉さんだったそうです。

弟川嶋舟さんも高学歴で、優しくて人柄良い性格。川嶋舟さんも学習院高等科までエスカレーター式で進学し、大学は獣医になるために麻布大学獣医学部を卒業され、獣医師になりました。

川嶋舟さんも父親のように研究が熱心で、獣医師になったものの、獣医師としてのレベルアップを求めて東京大学大学院獣学を専攻し卒業するという申し分ない経歴の持ち主なんです。

現在は獣医師として仕事はしていなく、東京農業大学農学部准教授をしております。

また私生活では、離婚を経験しておりシングルファーザーとして頑張っているようです。離婚原因は元嫁の浮気が原因での離婚ということで、この衝撃ニュースは世間を騒がせたのは言うまでもありません。

紀子様の弟であり、眞子様、佳子様、悠仁様にとってもは叔父さんになるわけです。紀子様自身、皇室に嫁いでからは実家に帰ることも少なく、実の弟さんの舟さんとも会うことは少なかったようですが、離婚となりシングルファーザーともなれば、ご心配になってしまいますよね。

紀子様の実家にはテレビがなかった?現在はどうなった?

紀子様はご結婚当時3LDKのプリンセスとして呼ばれていましたが、ご結婚するまでは社宅暮らしをしていたことで、マスコミも秋篠宮様が社宅暮らしのお嬢様を選らんだというニュースを連日報道していたようです。

社宅というのは、当時川嶋辰彦さんは、学習院大学の助教授をしていましたので、教員住宅の団地で暮らしていました。川嶋一家は11年間こちらの社宅で生活していたんです。

社宅暮らしって貧乏なの?と思ってしまいますが、そうではありません。紀子様の父親である川嶋辰彦さんは真面目で謙虚な性格。大学の助教授にもなっていたので、収入は安定していましたが、社宅という暮らしを選び、贅沢な生活はしていませんでした。

またこの社宅にはテレビはなかったようです。これもお金が無かったからではなく、テレビを見る時間があれば、勉強したり本を読んだり趣味の時間に費やして欲しいという気持ちから家にテレビは置かなかったそうです。

年頃の娘さんだったらテレビくらい見たかったでしょうけど、その教育方針も紀子様は素直に受け入れていたようです。

紀子様は教育熱心で子育てには厳しいと言われていますが、当時の自分の心境が頭に残っているのではないでしょうか?

スポンサーリンク

紀子様と秋篠宮様との出会いから結婚まで

学習院大学構内の書店で礼宮文仁親王(秋篠宮様)と出会った紀子様。気さくな性格で、活発な性格だった礼宮文仁親王にサークル活動に誘われたり、サークル仲間の一員として出かけることが増え二人の距離は少しず縮まっていきました。

交際をするようになり、割と早い段階で両陛下に紀子様をご紹介しています。紀子様をデートに誘った秋篠宮様は、両陛下がいる三浦半島に行きます。

散歩中だった両陛下の前に紀子様を連れていき、交際している女性だということを紹介されたとか。

男らしい性格というか、カッコイイなと思ってしまいました。早く両陛下に紹介したかったのも、やはり堂々と交際をしたいという気持ちと、将来のことも視野に入れて、なるべく早く紀子様皇室という場所に触れて慣れて欲しいという気持ちがあったのだと思います。

プロポーズは、目白駅近くの横断歩道で 信号待ちをしている時です。

「私と一緒になってくれませんか?」と突然のプロポーズに紀子様は大変驚いたそうです。その場で即答はできずに「少し時間をください」と返事をしたとか。

このプロポーズも映画のワンシーンのようですね。お兄様の浩宮殿下が雅子様にしたプロポーズも素敵でしたが、天皇家のご子息のプロポーズはどちらも素敵だなと思います。

礼宮文仁親王と交際していることは実家の両親には伝えていた紀子様。しかし結婚となると、また違ってきますよね。なんせ天皇家の息子の嫁になるわけですから。

気軽に娘に会いにいくことは不可能ですし、子供が生まれて孫に会いたいと思ってもできません。特に母親の和代さんは悩んだと思いますよ。一番に苦労するのは紀子様自身ですから、苦労するであろう場所に嫁に行きなさいとは言えないでしょう。

それでも紀子様はご結婚をされていますので、芯のある強い女性なんだと思います。芯が強くないと皇室ではやっていけないでしょうね。そう考えると雅子様も紀子様も強い女性なんですね!

スポンサーリンク

まとめ

紀子様は何かと悪い噂が流れてしまいますが、秋篠宮様とご結婚して皇族になったからには、自分に厳しく、また子供たちの教育や皇族としての立ち振る舞いには特に厳しく指導されてきました。

それもそのはずです。何か少しでも変なことがあればマスコミのネタにされ厳しいバッシングをされてしまうからです。紀子様のご心労はマックス状態でしょう。

特に娘の眞子様と小室圭さんの婚約問題は、前代未聞の状態と言えます。我々国民がここまで心配しているのですから、母親である紀子様は相当ですよね。

これに加えて、弟のことや両親のことまで、あれこれ言われてしまうのですから、紀子様もお疲れ状態です。

それでもいつもにこやかに、笑顔を見せてくれる紀子様は大変芯の強い女性ですね!ご苦労も多い紀子様、頑張ってほしいと思います。