未分類

今年の冬は寒いのか2019!それとも暖冬?2019年の冬至はいつ?

いよいよ12月となり寒さもこれから深まる季節ですね。この時期になるとテレビでもよく耳にする、今年の冬は暖冬なのか、それとも寒くなるのか。また、エルニーニョ現象ってたまに聞くけど何?などなど気になることをまとめてみました。自分で使うもよし、プレゼントにもよしの寒さを乗り切るおすすめグッズも一緒にご紹介しますよ!

スポンサーリンク

2019年の冬は寒いのかそれとも暖冬?

毎年気になるのが今年って寒いの?

それとも暖冬なの?ということです。

冬は寒いのが当たり前ですがなるべく暖かい方が過ごしやすいですよね。気象庁の発表によりますと今年の冬は比較的暖冬の確率が高いそうです。特に西日本では暖冬になる確率が高いそうですよ!

しかし天気というのは先になるほど読むのが難しくなってきますので、いくら暖冬だから気象庁が発表しているとは言え急に寒くなってどこが暖冬???ってなることもありますよ。

今年の冬は寒いのか1か月予報(12月28日まで)

気象庁は今年の冬の傾向などを予想した季節予報を発表しています。それによりますと、12月は北海道、東北地方など北日本は平年より気温が低くなる確率が40%。関東甲信、東海、近畿、四国、九州は平年より高くなる確率が40%北陸では平年なみの確率が40%沖縄では平年より高くなる確率が70%と非常に高くなっています。

12月は北日本では寒い傾向にあり、関東以南は暖かい傾向にあるようです。

スポンサーリンク

今年の冬は寒いのか3カ月予報

12月は上記のような予想になりましたが、冬はまだまだ長いです。特に年が明けてからはぐっと冷え込みますよね。2018年から2019年のにかけての冬は全体的にみてどうなのか、3ヶ月予報も発表されています。

3ヶ月予報になると

北海道、東北、北陸も平年より気温が高くなる確率が上がり40%となります。

関東甲信、東海も同じく40%

近畿、四国、九州では更に上がり50%となります。

沖縄は少し下がりますがそれでも50%です。

12月もほとんどの地域で平年より気温が高くなるけいこうにありましたが、1.2月は更にその傾向が強まるようです。

猛暑の後の冬は寒くなる?暖かくなる?

さて、今年の夏の暑さ、皆さま覚えていますでしょうか? 6月から8月の平均気温は、東日本で平年より1.7℃高くなり、1946年の統計開始以降、最も高くなりました。平成最後の夏は最も暑い夏となったんですね。

 

また、様々な場所で40℃を超える気温を記録したり、猛暑日が続いたりと本当に暑かったですね。とにかく暑かった2018年の夏ですが、よく猛暑の年は暖冬だとか猛暑の年は寒冬だとかいいますよね。

 

それって実際のところどうなのでしょうか?調べてみると実はあまり関係がないようです。猛暑→暖冬の年もあれば、その逆の猛暑→寒冬の年もあるようでこちらはあまり参考にならなそうですね。

スポンサーリンク

今年の冬2019は寒いのか近年の寒さの傾向は

近年地球温暖化などの影響で地球の平均気温は上がっていると言われていますが、やはり暖冬が多いのでしょうか?

2013年以降の傾向をまとめてみました。

・2013〜2014 東日本と沖縄で寒冬、北日本、西日本は平年並み

・2014〜2015 北日本で暖冬、その他の地域では寒冬

・2015〜2016 全国的に暖冬

・2016〜2017 2年連続で全国的に暖冬

・2017〜2018 全国的に寒冬、特に西日本では記録的な寒さに

ここ数年は暖冬の年が多いものの、寒冬の年もあるんですね。特に2017年から2018年にかけての冬は寒さが厳しく、西日本では32年ぶりの寒さになりました。普段あまり雪が積もらない東京でも。23cmの積雪がありました。

 

そして今年の冬は比較的暖冬になりそうという予報が出ていますので寒いのが苦手な人には朗報です!

2019年の冬はなぜ暖かくなる?エルニーニョ現象とは?

気象の話題でたまに耳にする「エルニーニョ現象」。エルニーニョ現象が起きると暖冬になる、なんて話も同時に聞くことも多いですよね。エルニーニョ現象というのは、簡単に言えば海面の温度が高くなることを指します。

 

数年に一度、赤道近くの太平洋東部にかけて、例年より海面の水温が、2~5 °C ぐらい高くなることがあるのですが、普通海面の水温は4月には低くなります。しかしそれが6か月~1年間も下がらないときがあります。

 

数年に一度起きるこのような現象を「エルニーニョ現象」と呼んでいます。ちなみに「エルニーニョ」というのはスペイン語で「神の子」という意味があるそうですよ!さて、ではなぜ海面温度が高くなると暖冬になるのでしょうか?

 

赤道近くの太平洋東部の近くにおける海水温が上昇すると太平洋上に暖かく湿った空気が生まれます。これが日本へも流れてきます。この暖かい空気のお陰で暖冬になる、というわけです。

スポンサーリンク

2019年の冬至はいつ?

2018年の冬至は12月22日(土)です。

2019年の冬至は12月22日(日)です。

冬至といえば一年で最も昼間の時間が短くなり、ゆず湯に入ったりかぼちゃを食べたりする日ですね!冬至の日にゆず湯に入る理由には諸説ありますが、昔は強い香りは邪気を祓えると考えられていたそうでこの時期が旬のゆずは最適だったのですね。

 

また、寿命が長く病気に強い柚子の木にならって長寿祈願の意味合いがあるとも言われています。また、かぼちゃを食べる習慣もありますね。冬至の日には「ん」がつく食べ物を食べると運気が上がると言われていました。

 

も「かぼちゃ」は「ん」がつきませんよね。昔の人はかぼちゃのことを「なんきん」と呼んでいて「ん」か2つもついている!というわけだったようです。冬至の習慣をすると風邪をひかない!なんて言われていますから、是非ゆず湯であったまってかぼちゃを食べてみて下さいね♪

寒い冬におすすめグッズはこれ!

暖冬でも冬は冬。やっぱり寒いんですよね。そんな冬を乗り切るおすすめグッズを紹介します。

 

nuku2   (3540円)

可愛らしい動物の形のフットウォーマーです。冬は部屋は暖房が効いていることが多いと思いますが、暖房が効いていても足元は冷えませんか?特に女性は冷え性の方が多いですよね。そんな時に活躍するのがフットウォーマーです。

 

こちらのフットウォーマーは蓄熱式となっていて、20分の充電で最大4時間ポカポカと暖かさが持続します。重さは1.6kg、コードレスなので家の中でどこでも持ち運びができて便利ですね!

・靴下サプリ まるでこたつソックス (1800円)

ユニークな名前の靴下です。名前の通りとにかくあたたかい靴下で、足首をあたためてつま先まであたたかいとのこと!生地には発熱素材を使用し、足首には特殊な編み方で暖かくなるツボを刺激!カラーはブラック、グレー、ワインレッドの三色です。

・Music Earmuffs (2160円)

耳あてとヘッドホンが一体化した商品です。通勤、通学、お散歩中に音楽を聴いている方、結構いらっしゃるのではないでしょうか?しかしふつうのイヤホンをしてしまうと耳あてをするのはちょっと難しいですよね。

寒い冬、耳はガードしたいけど音楽も聴きたい!そんな願いを叶えてくれるのは嬉しいですよね!

まとめ

2018年から2019年にかけての冬は比較的暖冬になりそうですね。個人的に厳しい寒さはつらいのでちょっと嬉しいです!とは言え冬はやっぱり寒いんですよね。防寒グッズなどを活用して乗り切りましょう♪

 

また、冬は冬休み、クリスマス、お正月、バレンタインなどイベントも盛りだくさん!寒さに負けず楽しい冬にしましょう!

スポンサーリンク