宝塚

天飛華音の評判や年齢本名は?お茶会情報も調査!

宝塚歌劇団星組男役の天飛華音の評判や本名や年齢、お茶会情報が知りたいという声が出ています!若手でイケメンの天飛華音さん。今回は、天飛華音さんの評判や本名、年齢、またお茶会情報などを調べました!

スポンサーリンク

天飛華音の評判や入団時の成績は?

天飛華音さんは宝塚歌劇団に入団した時の成績は2番でした。(この時の首席は星組次期娘役トップスターの舞空瞳さんでした。)入学するだけで難しい宝塚の中で2番で入団というだけでも十分優秀だということがわかりますよね。

また背も高くビジュアルもカッコいいし、声も星組次期トップスター礼真琴さんに似ていると言われているそうです。

新人公演の時には本公演で礼真琴さんが演じた役を演じて歌も芝居も上手いと評判でこれからの活躍が期待されている男役だということです。

天飛華音の年齢や本名は?イケメンすぎる!

宝塚歌劇団の人で本名非公開にしている人もいるように天飛花音さんも本名や年齢も非公開にしています。両親から分かるかも知れないと調べてみましたが残念ながら情報は出てきませんでした。

ただ同期の舞空瞳さんと同様中学を卒業して宝塚音楽学校に入学しているのでそこから考えるとまだ20~21歳ぐらいではないかと考えられるのではないかと思います。まだ若いですね~。

そしてビジュアルもOGの蘭寿とむさんに似ていると言われているそうで“イケメンすぎる”とファンの間で話題になっているということです。

気になったので写真をみましたがイケメンでカッコいいと思いました。宝塚の男役の人はしぐさとか本当にカッコいいですよね!!その上天飛華音さんはまだ若いですしこれから益々人気が出るのは間違いないでしょう。

スポンサーリンク

天飛華音のお茶会情報はある?

宝塚には知っている人もいると思いますが非公認のファンクラブ運営のお茶会というのがあります。このお茶会は公演期間中公演終了後にタカラジェンヌとファンの交流会で話をしたり、公演の裏話が聞けたり、質問コーナーがあったり、プライベートの話を聞けたりする会で会費制です。

ただしまだ下級生ではお茶会がない人もいます。そして内容が多少違う人もいます。お茶とケーキが概ね出るそうでケーキは持って帰っていいそうです。

参加するにはファンクラブに入会して公演終了後に出待ちをしている運営会の人に“お茶会に参加したい”と手紙を渡すと案内状がくるそうです。

その他にも参加者から紹介してもらう方法もあるということです。お茶会はタカラジェンヌと直に触れ合える場所ですがいつも参加できるとは限らないそうで会場によって参加人数が決まっているそうです。

またお茶会はいつも開かれているわけではないので情報を運営会の人から聞く必要があるみたいですね。

会費もトップスターだと多少違うそうなので気を付けた方がいいですね。2018年に星組は公演中にトークショーを開催しそこに天飛華音さんも参加したとのことです。

トークショーもいいですが直に触れ合えるお茶会はまた違いますよね。ただ今のところ天飛花音さんだけではなく102期生の今年のお茶会の情報はまだ入って来ていません。

天飛華音の兄弟や両親はお金持ち?

天飛華音さんの両親や何人兄弟なのか調べましたが、名前や年齢、職業などの詳しい情報はわかりませんでした。

ただ2018年のトークショーの中で両親も宝塚のファンで地元にいた頃には宝塚OGの瞳まりあさんが鹿児島市で主催する“マリアミュージカルアカデミー”に通っていたことを話しています。

マリアミュージカルアカデミーの料金を調べてみました。

・4歳~5歳のポコ・アポクラス(入会金10000円1レッスン1時間9000円)

・6歳~7歳のリトルスタークラス(入会金10000円1レッスン1レッスン1時間10000円)

・小学生のためのプチファンタジークラス(入会金10000円1レッスン時間30分12000円)

・中学生のためのリトルスタークラス(入会金10000円1レッスン2時間13000円)

・宝塚受験クラス、個人レッスンクラス(レッスン料は問合わせてください。)

・大人のためのマスタークラス(入会金10000円1レッスン2500円)

・楽しく歌うたう人のためのエトワールクラス(入会金10000円1レッスン15000円)

があります。天飛華音さんは宝塚受験クラスに通っていて合格していると考えるとある程度の経済力はあるのかなと思います。

以前テレビで宝塚OGの人の宝塚を受験するための学校を取材していたのを見たのですが、(その学校は東京でした。)それでもなかなか合格するのは難しいと言っていたので中学を卒業して合格するというのはすごいですよね。

スポンサーリンク

天飛華音の出身地は中学はどこ?

天飛華音さんは鹿児島県鹿児島市の出身で中学まで地元で生活していました。
中学校は地元の市立吉野中学校に通っていたことがわかっています。

しかし中学卒業後宝塚音楽学校に入学しているので部活には入部していなかったかも知れませんね。ただどんな中学生だったのか気になります。当時から男役っぽくイケメン女子だったのか、それとも女の子らしかったのかも見てみたいですね!

天飛華音が新人公演に選ばれた理由は?

天飛華音さんは入団してまだ4年ですが、入団当初から2番という成績で入団しビジュアルも含め公演出演を重ねてきて、本公演で礼真琴さんが演じた役を演じたことで評価され新人公演の主演に選ばれたのではないかと思います。

天飛華音さんは102期生でまだ先輩もいるのでその先輩を抜いて選ばれたというのはそれだけこれから期待されている男役なのだと思います。

天飛華音の歌唱力や演技力は?

天飛華音さんは前述したように入団してまだ4年ですが公演出演を重ねてきて歌唱力も演技も確実にアップしているとファンの間では評判になっているようです。また先輩の礼真琴さんが演じた難しい役を演じたことも評価されているのではないかと言われているそうです。

ファンの間でもこれからも先輩からたくさん勉強してますます歌唱力と演技力をつけていってほしいと注目されているということです。どちらにしてもこれからどんな男役になっていくのか楽しみですよね。

スポンサーリンク

天飛華音のプロフィールや経歴!

本名:非公開
芸名:天飛華音(あまとかのん)
誕生日:2月9日
年齢:非公開
身長:171㎝
血液型:AB型
出身地:鹿児島県鹿児島市
所属:宝塚歌劇団星組男役
愛称:ぷっくん、カノン
2014年4月宝塚音楽学校に入学しました。

2016年3月宝塚歌劇団に102期生として入団、成績は2番でした。(首席は舞空瞳さんでした。)同期には舞空瞳さん、潤花さん、水乃ゆりさん、彩海せりさんなどがいます。
その年の星組公演「こうもり…こうもり博士の愉快な復讐劇/THEENTERTANER!」で初舞台をふみました。(宝塚大劇場のみ)その後星組に配属されました。

2016年8月~11月宝塚大劇場公演「桜華に舞え-/SAMURAITHE-FINAL-/ロマンス!!
(Romance)」に出演しました。
2017年3月~6月宝塚大劇場「THESCARLE
TPIMPIMRNEL」新人公演:ベン役(本公演役:天華えまさん)に出演しました。
同年7月~8月シアタードラマシティ・日本青年館公演「阿弖流為-ATERUI-」に阿奴志己役で出演しました。

同年9月~12月宝塚大劇場「ベルリン我が愛/BouqdutTAKARAZUKA」新人公演:ロルフ・シェヘンベルク(本公演役:瀬央ゆりあさん)に出演しました。
2018年2月梅田芸術劇場シアタードラマシティ・TBS赤坂ACTシアター公演「ドクトルジバコ」に号外売りで出演しました。

2019年1月シアター3月宝塚大劇場「霧深きエルベのほとり/ESTRELLS~星たち」新人公演:ズビアス役(本公演役:七瀬ひろきさん)本公演:ヨーニー役で出演。

同年年7月~10月宝塚大劇場「GODOFSTARS-食聖-/EclairBrillant(エクレールブリアン」新人公演:ホンシンシン役で(本公演紅ゆずるさん)で初主演予定です。

スポンサーリンク

まとめ

天飛華音さんは星組の男役の中でもまだ若いですがこれからの活躍が期待されている一人です。ビジュアルもカッコいいし、入団した時の成績からもこれからが楽しみなタカラジェンヌですね。

余談なのですが、2017年に出演された舞台が「阿弖流為(あてるい)」と出ていてたまたまほんの少し前まで読んでいた小説に阿弖流為という名前とその歴史が出てきていたのでびっくりしました。(小説は歴史物ではないのですが)

舞台は見ていないのでわかりませんが名前が同じなんてこんな偶然があるんだなと思ってしまいました。これからの活躍が楽しみです!