スポーツ

小池祐貴の筋肉や身長は?かわいい笑顔が人気で3人目の9秒台!

陸上の短距離走選手の小池祐貴選手が日本人3人目となる9秒台をマークしましたね!小池祐貴選手は身長がそこまで高くないのですが筋肉がすごいと話題になっていた選手。また小池祐貴選手の笑顔がかわいい、癒されると女性ファンも多い選手なんです!

小池祐貴選手が日本人3人目の9秒台の記録をマークしたことで、東京オリンピック男子短距離走では代表争いが熾烈になってきましたね。

誰が東京オリンピックの切符を手にするのか、今回は小池祐貴選手について調べていきます!

スポンサーリンク

小池祐貴のプロフィールと経歴は?

名前:小池裕貴(こいけ・ゆうき)

生年月日:1995年5月13日

出身地:北海道小樽市

身長:173cm

体重:73kg

小池祐貴選手は元々小学生から中学生までずっと野球をやっていた野球少年でした。そんな野球少年だった小池祐貴選手が陸上に興味を持ったのは、中学3年生の時です。

陸上を始めたきっかけは、個人競技をやってみたい、個人の力で勝負してみたいと思ったことが陸上を始めたきっかけとなりました。

中学3年生の時から本格的に陸上を始めたので正直遅いと感じますが、それでもライバルをガンガン出し抜いて、実力をつけていきました。なんと中学3年の秋には100mで大会に出て12秒21をマークしています!

めちゃくちゃ早いですよね!野球をずっとやっていたので運動神経もよく体力や走るのには自身があったそうです。

多少なりとも、走るのに自身がないと陸上で勝負してみたいとは思わないですよね!野球も好きだったけど、それより個人での一発勝負の陸上に魅力を感じた小池祐貴選手でした。

小池祐貴の出身中学や高校はどこ?

小池祐貴選手の出身地は北海道小樽市です。小学校は地元小樽市立小学校に通い中学は立命館慶祥中学に進学しています。この立命館慶祥中学は、人気の中高一貫校で北海道江別市にあります。

中学3年生の夏から陸上を始めたので、本格的に陸上に取り組み成果を出したのが高校時代です。2011年の高校1年生の時に100mでインターハイに出場します。

また国民体育大会の100m走で2位になり、高校男子100mの新星として注目を集め始めました。高校2年生、3年生でもインターハイに出場しますが、ライバルであった桐生祥秀選手にはどうしても勝てず悔し涙の2位の結果に。

高校時代の目標とするライバルは桐生祥秀選手で、桐生選手に勝つことを目標としていました。

大学は慶応義塾大学に進学しています。

そんな小池祐貴選手の筋肉が凄いと注目されているんです!

スポンサーリンク

小池祐貴の筋肉がヤバイ!

 

この投稿をInstagramで見る

 

Yuki Koike(小池祐貴)さん(@yuki_koike_)がシェアした投稿


小池祐貴選手と言えば、筋肉の付き方が他の選手よりすごいと注目されているんです!陸上選手なのに、なんでこんなにムキムキマッチョマン?と思ったくらいです笑

特に太股の筋肉はヤバイです!!あまりにも太いので、ラグビー選手のようですね。この太股に合うズボンはあるのでしょうか??

特に女性陣は、ムキムキなボディには惚れてしまいますよね!カッコイイです。

この鍛え上げられた筋肉があるからこそ、日本人3人目となる9秒台をマークすることができたのですね!

小池祐貴の身長は低い?

小池祐貴選手の身長は、173㎝です!陸上選手にとっても身長が高いほうが、有利と言われていますよね。ただ短距離走の場合は身長差はあまり関係ないようです。

背が高い方がストライドが大きそうですが。桐生祥秀選手も175㎝なので、小池祐貴選手と2㎝しか違いませんので殆ど同じです。

なので短距離走は身長は特に関係なく、安定した走りができるように体幹を鍛えたり、筋力アップすることが大事になってきます。

ちなみにボルト選手は195㎝ありますが、身長どうのこうのと言うよりは元々恵まれた新体能力があったとしか思えないですね!

なので身長が172㎝の小池祐貴選手にも可能性は十分にあります。

スポンサーリンク

小池祐貴がかわいい?

小池祐貴選手は女性ファンが多くて、その理由は小池祐貴選手のかわいい笑顔です!小池祐貴選手がニコッと笑った顔は、可愛いし、優しいスマイルで魅力がいっぱいすね。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Yuki Koike(小池祐貴)さん(@yuki_koike_)がシェアした投稿

優しさがにじみ出ている笑顔に女性ファンが急上昇。陸上男子って結構イケメンが多いですよね、でも可愛い笑顔の人は少ないと思いませんか?

走っている姿はたくましいのに、勝利した後のこの笑顔はたまりませんね!女子は胸キュンしちゃいます!

スポンサーリンク

小池祐貴と桐生祥秀の関係は?仲が悪いって本当?

小池祐貴選手と桐生祥秀選手は不仲なのと一部で噂されているのを耳にしました!それは2019年5月に開催された陸上世界リレーで日本は失格になってしまったのは記憶に新しいと思います。

この時400mリレーに選ばれたのは、多田修平選手、山県亮太選手、小池祐貴選手、桐生祥秀選手でした。日本のエースサニブラウン選手は怪我のため出場ができずに、桐生選手がアンカーになったのですが・・・

バトンミスがあったのは3走の小池祐貴選手からアンカーの桐生祥秀選手へバトンを渡す時。

そしてミスをしてしまった小池祐貴選手はミスした瞬間に笑顔だったことが批判されています。

小池祐貴選手にとってもこのレースは貴重だったはずです。ただでさえ、男子100mはライバル多しですからね。しかしこのミスからの笑顔はちょっとまずかったのではないでしょうか。

小池祐貴選手も「やっちまったー!」という顔だったのでしょうけど。これが世界陸上や東京オリンピックだったら・・・な状態でしょうね。

そして浮上したのが2人の不仲説!元々二人は高校時代からライバルでしたし、小池祐貴選手は桐生選手にいつも負けていたので、常に桐生祥秀選手が先を走っている存在でした。

しかし、いくら高校時代のライバルであってもスポーツは実力の世界です。また同じ日本チームのメンバーですから不仲ということはないでしょう。小池祐貴選手もそれは一番自分が分かっていることです。

桐生祥秀選手の存在があるからこそ、小池祐貴選手も頑張れる所があると思いますし、お互い切磋琢磨する存在になっています。

今回は桐生祥秀選手やサニブラウン選手しか到達できなかった9秒台の記録に小池祐貴選手も到達!これは非常に嬉しいことですよね!

まとめ

日本人3人目の9秒台の記録を出した小池祐貴選手。前回の世界リレーではミスをしてしまったので今回記録を出して挽回できましたね!

小池祐貴選手も9秒台に到達し熾烈な代表争いになるのは間違いありません!

目標である東京オリンピックに出場できるように引き続き頑張ってほしいと思います。