芸能人

小泉孝太郎の学歴は慶応大学?中学や高校も調査!

小泉元総理の長男で俳優の小泉孝太郎さんの出身は慶応大学?また中学や高校はどこに通っていたの?という噂が出ています。そこで政治家の一家に育ちながらなぜ芸能界に入ったのか?出身学校は本当に慶応大学なのかについてできるだけ詳しく掘り下げていきたいと思います。

スポンサーリンク

小泉孝太郎プロフィール

本名:小泉孝太郎

生年月日:1978年7月10日

身長:177㎝

血液型:AB型

家族:長男、弟二人

愛称:孝太郎、こうちゃん

出身地:神奈川県横須賀市

職業:タレント、俳優

所属事務所:イザワオフィス

小泉さんの父親は誰もが知っていると思いますが、第87・88・89代と内閣総理大臣を務めた小泉純一郎さんです。 3歳年下の弟は自民党衆議院議員の小泉進次郎さんです。俳優の上地雄輔さんは子供の頃から家に泊まりにくるくらい仲が良いそうです。

また仲が良い芸能人に細川茂樹さん、ムロツヨシさんなどがいます。第4級無線技士の資格も持っています。名前の由来は元産経新聞記者で政治評論家の俵孝太郎さんからとったそうです。

2000年に開催された「21世紀の石原裕次郎を探せ」オーディションをうけましたが、身長が180㎝なかったために二次審査で落選。しかし翌年父親が総理大臣になると「小泉総理の長男がイケメンらしい。」と評判になり、話題性からも複数の芸能事務所が獲得に動き、現在の事務所イザワオフィスと契約しました。契約後話題性からすぐCMの出演が決まりました。

・2002年ドラマ「初体験」で俳優デビュー。

・同年「ナースマン」「幸せのしっぽ」に出演。

・2003年「僕だけのマドンナ」に出演。

・2004年「異議あり!女弁護士大岡法江」に出演。

・2005年「スローダンス」に出演。同年NHK大河ドラマ「義経」に大河ドラマ初出演。

・2006年「ガチバカ」に出演。同年「アテンションプリーズ」出演。

・2007年「ハケンの品格」に出演。

・2008年「ごくせん」第3シリーズに出演。

・2009年NHK大河ドラマ「天地人」に出演。

・2011年NHK朝の連続テレビ小説「カーネーション」に出演。

・2013年NHK大河ドラマ「八重の桜」に出演。2015年「警視庁ゼロ係~なんでも相談室」シリーズ主演。

その後も「ブラックペアン」2時間ドラマ、映画「踊る大捜査線」シリーズ、劇場版「仮面ライダー響と7人の戦鬼」「UDON」などに出演。またディズニー映画「ベイマックス」ハマダタダシ役の吹き替えを担当。

2013年からは「ニンゲン観察モニタリング」にレギュラー出演中。その他CM、ラジオと多方面で活躍中です。

小泉孝太郎の学歴!出身中学高校はどこ?

小泉さんは横浜市の私立関東学院六浦小学校を卒業。父親が野球好きだったことから小学校から野球をしており、ピッチャーを務めていました。中学は関東学院六浦中学校に進学。中学時代も野球部に在籍してレギュラーとして活躍しました。また高校は中高一貫校だったのでそのまま関東学院六浦高校に進学。高校時代も野球部に在籍し、甲子園を目指し3年間野球漬けの毎日を過ごしていました。

小泉孝太郎の出身大学どこ?

小泉さんは高校卒業後、2浪の末日本大学経済学部夜間部に進学しました。がその後中退しています。理由として芸能界に入りが理由と見られています。ちなみに日本大学経済学部夜間部は2009年に廃止されています。

 

また小泉さんの曾祖父がとび職だったことから学生時代はとび職に憧れ、ニッカポッカをはいて解体現場でアルバイトしたこともあるそうです。他にも大学時代の友人に誘われ、一日中パンにバナナをのせるアルバイトをしたこともあるそうです。

 

また大学時代は父親が総理大臣だったのが 嫌で合コンのさいに名字を名乗りたくなかったと後に話しています。しかし「横須賀の小泉」だけで素性がばれてしまうことが多く、「関係ないです。違う小泉です」と言っていたそうでうよ!父親が総理大臣だと子供もかなり気を使いますよね。

 

スポンサーリンク

小泉孝太郎はく慶応大学ではないのになぜ噂が?

小泉さんの出身大学は日本大学なのですが、慶応大学を卒業しているという噂が流れました。なぜそんな噂が流れたのでしょうか?実は慶応大学を卒業しているのは父親の小泉元総理で、この情報と小泉さんの情報が混ざってしまい間違った情報が流れてしまったみたいです。

小泉孝太郎の父小泉純一郎との親子関係は?

大学時代小泉さんは父親の存在が重圧だったそうです。友人と合コンにいっても「横須賀の小泉」というだけで父親のことがばれてしまい、「関係ないよ。違う小泉だよ」と言っていたと言います。また芸能界に入った当時は親の七光りと言われ、なんとか自分の実力で生き残ろうと努力しましたが最初はなかなかうまくいかなかったようです。

 

しかし幼少の頃から「政治の世界に入ることを反対され、自分の道は自分で決めなさい」と言われて育ち芸能活動についてうるさく言われることはないとのことです。小泉元総理は息子さんの出ているドラマなどを今でも見ているそうで、今では弟さんも含めて3人で食事する機会を定期的に設け、ドラマの感想を発表しあっているそうです!

 

最初は父親の存在が大きすぎて嫌だったこともありましたが今でなんでも話せるということで良かったですよね!

小泉孝太郎が俳優になったきっかけは?

小泉さんが俳優になるきっかになったのは大学在学中に2000年に開催された「21世紀石原裕次郎を捜せ」のオーディションを受けたことがきっかけでした。しかし二次審査で身長が180㎝に足りないということで落選しています。

しかし翌年父親が総理大臣に就任すると「小泉総理の長男がイケメンらしい」と話題になり、前述のオーディションの応募経験がわかると小泉さんが芸能人志望だったこともあり、複数の芸能事務所が獲得に動き、結果ドリフターズなどが所属する現在の事務所と契約しました。

芸能界に入った当時は総理大臣の長男という話題性からCMの依頼は15社にものぼったということです。また同じ事務所の故いかりや長介さんにデビュー前から役者についての手ほどきを受け、大変気に入られていたと言います。そして2002年フジテレビの「初体験」で俳優としてデビュー。その後数多くのドラマ、映画、CM、バラエティなど幅広く活躍中です。

スポンサーリンク

小泉孝太郎の父小泉純一郎の教育法は?

小泉さんの尊敬する人物は父親だそうです。政治家として多忙を極め、総理大臣になるとますます忙しい日々を送っていた小泉元総理ですが、少しでも時間があると自宅に戻り、息子さんたちとキャッチボールをしていたそうです。首相という立場であると日本を背負っているわけですから、中々自分の子供のことまで手が回らないのは正直なところでしょう。

 

ただし時間は本当に短く、7~8球で仕事に戻らないといけなかったようです。しかし小泉元首相はそんな短い時間を大事にしていました。少しでも子供の心に残ってくれればいいと思っていたんでしょうね。

 

その思いは通じて、小泉孝太郎さんの中には、自分との時間を大切にしてくれた父親に感謝していると話していました。また政治家の家というと裕福なイメージがありますが、お小遣いというのはなく高校生時代のお小遣いは月500円だったと言います。

 

お正月に次々と訪れる来客からのお年玉もすべて断っていたそうで、父親の前で財布を開けることは許さず「お金の計算はするな」と育てられ、食事のナマーはもちろん、手拭いの使いかた迄チェックされるほど厳しく育てられたと言います。

 

エスカレーターやエレベーターを使うことも禁止されていたということで、「目の前に楽な道と辛い道があったら必ず辛いと思う道を行きなさい」と言われていたそうです。

 

小泉孝太郎と兄進次郎は仲が良い?兄の学歴は?

小泉さんの弟さんは自民党衆議院議員の小泉進次郎さんです。それぞれ芸能界、政治家と違う道をに進んだ二人ですが、年齢も3歳違いで、弟さんは幼少期の頃は大のお兄ちゃんこで、「おにい、おにい」と言ってついて回っていたそうで、小泉さんの方が少し嫌なところがあったと言います。

 

また小学生の頃は兄弟下喧嘩が絶えることはなく、父親は「兄弟喧嘩は当たり前」という方針だったようです。しかし成長するごとに親に相談できないことも兄弟同士で相談するようになり、喧嘩も減ったそうです。

 

同じ中高一貫校に進学したため弟さんが生意気だと先輩に目をつけられると、お兄さんの仲間たちが仲を取り持ってくれたということです。弟さんも「兄に守られている」という感覚があり、同級生と遊ぶよりお兄さんの友だちと遊ぶことが多かったようです。

 

そっけない態度で弟さんに接していたこともある小泉さんですが、陰ではきちんと弟さんを守り支えていたいいお兄さんですね。また弟の進次郎さんは高校卒業後関東学院大学経済学部に進学。卒業後コロンビア大学大学院で政治学を学び、父親の跡を継いで政治家になりました。今はお互い仕事は忙しいですが、父親も交えて 3人で定期的に食事をしているということです!

 

スポンサーリンク