高校野球

遠藤成(東海大相模) の中学や身長は?球速や出身ボーイズも調査!

スポンサーリンク
第101回全国高校野球選手権大会の神奈川大会で優勝した東海大相模。中心となった選手はドラフトも注目している遠藤成選手です。そんな遠藤成選手の出身中学や中学時代の成績、身長や球速スピードなど、甲子園球場でも活躍が期待される遠藤成選手について調べてみました。

スポンサーリンク

遠藤成(東海大相模)の出身中学やボーイズはどこ?

遠藤成選手は小学3年生の時に野球を始めました。遠藤成選手は東海大相模のメンバーでは珍しい秋田県出身の選手です。出身中学は仁賀保中学校で、中学時代は由利本荘シニアに所属していました。

シニア時代には全国大会も経験しています。

U15の選手には惜しくも選出されていませんが、地元空きたを離れて神奈川の強豪校東海大相模を選らんでいることからスカウトされていたのは間違いないでしょう!

遠藤成東海大相模での成績は?

遠藤成選手、強豪東海大相模に進学して1年生の春からベンチ入りをしています。1年生からベンチ入りできるなんて、実力が認められていたのですね。

初の公式戦デビューは1年生の秋の大会でした。大和南戦で公式戦デビューを果たし、完投勝利!またこの秋の神奈川大会で東海大相模は優勝し関東大会でもベスト4になります。

そして2年春の選抜春の高校野球に出場し、初戦の聖光学院高校選で初の甲子園のマウンドに立ち1安打1四球無失点で抑える好成績を見せます。

しかし2年生の夏の北神奈川大会の前に右手の親指を骨折してしまい、惜しくも大会に出場することはできませんでした。

親指の骨折が完治した秋の神奈川大会では、3回戦の山北高校戦で本塁打を打ち完全復活をアピール!

またこれまで最高速度が144キロだったのを145キロまで伸ばし、ストレートやスライダーをまぜたピッチングで相手チームの打者を三者三振するなど活躍を見せている選手です。

また投手だけでなく打者としても非常に安定した選手で甲子園でも二刀流選手として活躍も期待されています。

スポンサーリンク

遠藤成の身長体重は?投球スピードはどれくらい?

遠藤成選手の身長は178㎝、体重は80キロです。投手としては平均よりやや高めの身長で、投球スピードはMAX145キロをマークしています。

得意な球種はスライダーなどの変化球です。

また目標としている選手は、昨年夏の甲子園で優勝をした大阪桐蔭の根尾昴選手です。根尾選手を超えるようなビッグな選手になりたいと話しています。

夏の甲子園の切符を手にした東海大相模。是非根尾昴選手越えを目指して頑張ってほしいですね。

遠藤成の父親も野球選手だった?

遠藤成選手の地元は秋田県ですが、なんとお父さんは昨年甲子園で準優勝をした金足農業高校の野球部出身だったそうです!!

父親の母校である金足農業の吉田輝星投手のことは、地元で有名だったので、遠藤成選手ももちろん知っていました。

吉田輝星選手の甲子園での活躍を見て、自分も負けたくない、このままでは終われないと奮起したそうですよ!

お父さんも息子が母校の金足農業で活躍してくれたら一番嬉しかったのかもしれませんが、今は遠く離れた神奈川で一人頑張る息子が甲子園の舞台に再び立つことが決まり、全力でサポートや応援をしてくれることでしょう。

スポンサーリンク

まとめ

優勝候補の一つである東海大相模の遠藤成選手について調べてみました。最後の甲子園の舞台で全ての力を出し切って、スカウトの目に止まるピッチングができるといいですよね!

同じ神奈川県民として応援しています!