季節のイベント

お雛様は誰が買うの?次女の場合や地域によって違うのか調べてみた!

子供が産まれるとたくさんのイベントがありますが、3月にあるのは女の子のお祭り「ひな祭り」ですね!初節句の時にはお雛様を買うご家庭も多いと思います。楽しみな反面どんなお雛様にしよう?誰が買う?と悩むことも色々。今回はお雛様は誰が買うのか、次女や三女の場合はどうするの?などお雛様の気になることについてまとめてみました。

スポンサーリンク

お雛様は誰が買うの?誰か買うかで揉めることも

そもそもお雛様は誰が用意する?ということですが、一般的には赤ちゃんのお母さん側の祖父母が雛人形を買うことが多いようです。しかしこういった風習は地域や各家庭によって考え方が違う場合が多くあります。

 

両家とも相手方が買うと思っている場合は自分たちで気に入ったものがあるから、と説明して用意してしまえば済む話ですが、問題なのは両家とも自分たちが用意したい!と主張する場合です。

 

孫の誕生は嬉しいことですから、お父さん側、お母さん側、どちらの祖父母も張り切ってしまい、結果自分たちは板挟みになってしまったなんて話を聞いたことがあります。せっかくのお祝い事も揉め事が起きてしまうと苦い思い出になってしまいますよね。

 

こう言った揉め事を起こさない為にも、初節句を迎える前に両家でよく話し合うことが大切ですね。お嫁さんからお姑さんにはなかなか話しづらいことも多いですから旦那さんにも協力してもらい、どちらが用意するかは事前に決めましょう。

 

どちらも用意したがった場合には、例えば小学校入学の際にランドセルをお願いするなど他のお祝い事でバランスを取るなどすると良いですね。

次女や三女のお雛様は誰が買うの?

こちらも明確な決まりはありませんが、やはり母方の祖父母が用意することが多いようです。長女の時に母方の祖父母が用意し、父方の祖父母も用意したがっていた場合には次女のお雛様をお願いするというのもいいでしょう。

 

また次女や三女には吊るし雛や、他のタイプのお雛様を買うというパターンもよくありますよ!小さい頃はいいのですが、だんだんと「お姉ちゃんはあるのになぜ私にはないの?」と疑問に思ってくることももちろんありますよね。そうゆうことって大人になっても引きずることもあるらしいので、ちゃんとした立派なお雛様じゃなくても、何かしら用意してあげた方がいいかもしれません。

 

最近は本当にたくさんの種類のお雛様がありますので大きさも小さい物から大きいものまで値段ではなくて次女にも三女にも何かしら用意してあげられるといいですよね!

スポンサーリンク

お雛様は子供一人に一つずつ必要なの?

長女が生まれた時にはお雛様を買う家庭が多いと思いますが、次女や三女が生まれた場合はどうでしょうか?そもそもお雛様はなんのためにあるのかということですが、実は女の子の厄の身代わりになってもらうお守りのようなものなんです。ですので、本来は1人につき1組お雛様を用意するのが望ましいという考えがあるようです。

 

しかしそうは言っても、現実問題としてお雛様をいくつも用意するのは大変です。飾る場所やしまう場所にも困ってしまいます。個人個人で用意してあげたいけれど、置く場所や仕舞う場所はどうしよう?そんな時にはコンパクトなお雛様や、つるし雛、市松人形なども考えておくと良いでと思います。

・コンパクトなお雛様

伝統的な立派なお雛様ももちろん素敵ですが、近頃はちょっとした所に飾れるコンパクトなお雛様もたくさんあります。木で作られた物などもありますよ!

・つるし雛

つるし雛というのは小さなお人形をたくさんつるした可愛らしい飾りです。お人形の種類は食べ物やお花や鳥など多種多様で様々な願いを込めて吊るされます。長女のお雛様の隣にも飾りやすいですね!

・市松人形

江戸時代の歌舞伎役者、佐野川市松という人をモデルに作られたと言われている人形です。この佐野川市松という人が大変な美貌の持ち主で、この人のように綺麗な子に育ちますようにと願いを込めて飾られるそうです。

ご両親は次女にも立派なお雛様を!と思っている可能性もあるので、飾る場所やしまう場所の事情のことも話し、ご両親と相談して決めるとよいですね。ただ、上記のようなものも含めて絶対に一人一つ用意しなくてはいけないかと言われると、個人的には無理に用意しなくてもよいと思っています。

 

私の友人に5人姉妹の子がいますが、そういう家庭で5つもお雛様を用意するのは本当に大変なことですよね。飾る場所を確保するのも大変です。長女の時に買ったお雛様を家族みんなのお雛様と考えて1つで済ませてもしまってもお雛様はきっと次女、三女、もちろんそれ以降に生まれた女の子も、みんなを見守ってくれるはずです♪

 

スポンサーリンク

お雛様を誰が買うかは地域によって違う?

さきほど、お雛様は一般的には赤ちゃんのお母さん側の祖父母が買うことが多いとお話ししましたが、みんながみんな同じ考えとは限りませんね。こういった風習というのは地域、または各家庭によって考え方が異なるものです。

 

さらに言えば人にはそれぞれ事情というものがあります。それは経済的なものであったり、ご両親がご健在がどうかであったり、様々です。今は昔からの風習にとらわれず、用意できる人が用意するという考えも広まっています。

お雛様はいつ出していつ片付けるの?

お雛様はひな祭りの時に出し、終われば仕舞うイメージがありますが、実際決まりはあるのでしょうか?お雛様を飾る時期は、立春から2月中旬にかけてがよいと言われています。 立春は節分の翌日ですので、節分で豆まきをして厄を払ったあとに飾るのがよい流れなのではないでしょうか。

 

次に片付ける日です。大体のご家庭では、3月3日のひな祭りが終わったら片付ける場合が多いですね。二十四節気の「啓蟄」の日がお雛様を片付けるのに最適な日とも言われており、3月6日頃です。

 

片付ける日に明確な決まりは無いものの、いつまでもお雛様を出しているとお嫁にいけなくなる、なんて迷信も耳にしたことがあります。長く飾りたい気持ちはありますが、ひな祭りな終わったら来年に向けて綺麗に片付けてあげましょう。

スポンサーリンク

母親のお雛様を子供にあげるのはいいの?

お母さんの中にはご自分のお雛様を娘に譲りたいと考えている方もいらっしゃるのではないでしょうか?先程も少し触れましたが、お雛様というのは基本的に一人に対して一組という考え方です。お雛様の持ち主の厄除けとしての役割がありますのでお下がりというのはあまり良いものではないようです。

 

お母さんのお雛様が素晴らしいものですとついつい娘にと思いますが、お母さんのお雛様はご実家に飾ってもらい、娘さんとご実家に見に行くのがよいのではないでしょうか。

 

お雛様を買わない選択はあり?

お雛様を置く場所や仕舞う場所の問題、お家のインテリアに合わない、こどもが怖がるなどの理由で買わない選択をするご家庭もあるようです。たしかにこういった飾りって場所をとりますし、出し入れも大変なんですよね。

 

最近はインテリアにこだわった海外のようなお部屋に住んでいる方も多くてインテリアに合わないというのも気持ちは分かります。しかしせっかく女の子が生まれたのにお雛様は無しというのもちょっぴり寂しい気がします。

 

我が家は男の子しかおらず、お雛様はないので羨ましいですよ!近頃は住居の環境などな合わせて様々な種類のお雛様が販売されており、必ずしも伝統的なお雛様を選択する必要はありません。

 

例えばテディベアのお雛様や、ディズニーのキャラクターのお雛様もあるんですよ!また、手のひらサイズのちょこっと飾れるタイプや、15体の人形が揃っていながらもコンパクトにまとまっているタイプなど、本当に多種多様です。

 

お雛様は買わないという選択もありますが、伝統的なお雛様でなくてもご自宅の環境に合わせて幅広い選択肢の中から気に入ったものを見つけてみるのもいいですね!

 

スポンサーリンク

お雛様の歴史!いつからあるの?なんのため?

ひな祭りの歴史は古く、その起源は平安時代にまでさかのぼります。この頃貴族の女の子の間で流行った「雛遊び」という人形を使ったおままごとのような遊びと、その後できた厄や汚れを移した人形を川に流す厄払いの行事が合わさったものが元となったと言われています。現代では、女の子の健やかな成長を願ってお雛様を飾り、ひな祭りを行なっています。

まとめ

今回は初節句を迎えるにあたりお雛様についてでした。おじいちゃん、おばあちゃんが孫を思って張り切ってくれるのは嬉しいですが、揉めるのだけは避けたいところですね。事前によく話し合ってステキなひな祭りを迎えられるとよいですね!