スポーツ

三木二郎の嫁は美人で可愛い?水泳やコーチの実積は!

今期待されている水泳の池江璃花子選手のコーチの三木二郎さんの奥さんが可愛いと評判になっているようです。そこで三木二郎さんの奥さんのことやどのような経歴で池江璃花子選手のコーチになったのかについて調べてみることにしました。

スポンサーリンク

三木二郎のプロフィールと経歴

本名:三木二郎
生年月日:1983年5月31日
身長:181㎝
体重:79㎏
出身地:滋賀県
所属:ルネサンス

三木二郎さんは1987年4歳から京都踏水水泳会で水泳を始め小学校2年から競泳コースに転向しました。2000年9月シドニーオリンピックに日本最年少で出場、200メートル個人で16位になりました。

2001年福岡世界水泳で200メートルで5位に入賞。400メートル個人メドレーで8位に入賞しました。2002年3月京都外大西高校を卒業し、京都踏水会を退会しました。
ジュニアオリンピック春季大会200メートル個人メドレーを日本新記録で優勝。最優秀選手に選ばれました。

2002年4月日本大学経済学部に入学。東京スイミングセンターに入会しました。
2002年横浜パンパシフィック大会200メートル個人メドレーで5位に入賞しました。
同年釜山アジア大会200メートル個人メドレーで大会新記録で銀メダルを獲得しました。

2003年7月バルセロナ世界水泳200メートル個人メドレーでは22位でした。
2004年4月日本選手権200メートル個人メドレー、400メートル個人メドレーともに日本新記録で優勝しました。

2005年モントリオール世界水泳選手権では12位でした。
2006年ミズノ(ミズノスイムチーム)に入社しました。
2008年4月日本選手権200メートル個人メドレーでは11位、400メートル個人メドレーで8位と力の衰えを隠せず現役を引退しました。「最後に良い泳ぎをみせたかったんですけど全力をは打し切った。短いようで長かった」と話しています。

2016年3月からJOC海外研修制度によりイギリス水泳連盟(BRITISHSWIMMNG)に所属し、研修し帰国しました。2018年5月池江璃花子選手のコーチに就任しました。

三木二郎の水泳の実力は?

三木二郎さんの現役時代の実力について調べてました。三木二郎さんは地元滋賀県の中学を卒業し、京都外大西高校に進学。高校在学中の17歳の時に最年少でシドニーオリンピックに出場しました。そして高校卒業後、日本大学に進学しました。それからも

・日本選手権
・パンパシフィック
・世界水泳
・アテネオリンピック

などの大会に出場しました。2004年の世界選手権では200メートル個人メドレー、400メートル個人メドレーの2つで日本新記録を出して優勝しています。2008年には力の衰えを理由に日本選手権を最後に現役を引退しました。そしてその後JOC海外研修制度を利用して
イギリス水泳連盟に所属し、世界水泳のレベルを勉強し池江璃花子選手のコーチを務めています。

スポンサーリンク

三木二郎コーチの実積は?

三木二郎さんは北京オリンピック代表を逃がして現役を引退しました。その後、東京オリンピックが開催されることが決まると「もう一度オリンピックにトライしたい」と指導者に転身を決意し、2016年からイギリスでJOCの研修制度を利用し2年間コーチ留学しました。帰国後早々に池江璃花子選手のコーチに就任しました。国内でのめざましい成績はまだありませんが、今後の指導者としての活躍が期待されています。

三木二郎が池江璃花子のコーチに選ばれた理由は?

そんなコーチとしての実積がない三木二郎さんがどうして池江璃花子選手のコーチに就任したのか調べてました。三木二郎さん自ら現役引退後水泳選手のサポートをしたいと思いミズノに入社したそうです。

しかし2020年に東京オリンピックが開催されることが決定した時に水泳のオリンピックコーチとして関わりたいという思いからミズノを退社。コーチとしての経験を積むために2016年からJOCのコーチ留学をするために2年間イギリスに行きました。

そして2018年に帰国したときに池江璃花子選手からコーチをしてほしいと依頼され、同年5月にコーチに就任しました。池江璃花子選手が三木二郎さんにコーチを依頼した理由は
「海外でコーチの勉強をしてきたことが大きい」と話しているそうです。

池江璃花子選手もちょうどそれまで指導してもらっていた村上二美コーチから離れた時で、「東京オリンピックでメダルを取るためにはもっと強くなりたい。世界のトップ選手になるためにはさらに挑戦しないといけない。」と思っていたということで新しいコーチを探していたタイミングで三木二郎さんが帰国したとのことで、コーチをお願いしたということです。

スポンサーリンク

三木二郎の指導方法は?

その三木二郎さんはどのような指導をするのでしょうか。三木二郎さんはイギリスで「選手に選択肢を与え、自ら考えて行動させる」という指導法に一番感銘を受けてたとのことです。

イギリスでは選手が毎日コーチの元を訪れ、日常的に意見をぶつけ合うとのことで、お互いに納得した上で練習に取り組むというコミュニケーションの大切さを学び、不安や不満を積極的に聞き入れ、ともに課題を解決していくという指導法を実践したそうです。

また池江璃花子選手の弱点だったキック力に目をつけ、腹筋、背筋を使った両足のトレーニングなどに重点を置いていたととのことです。そのような指導の元池江璃花子選手は世界大会で次々と結果を残し、個人・リレー合わせて計2種目の日本記録を更新するなどの成績を残しています。

三木二郎は結婚して子供はいる?嫁は美人?

三木二郎さんは結婚していて子供さんもいることがわかりました。結婚したのは若い頃のようですが、そんな三木二郎さんの奥さんは可愛くて美人だという噂が出ているようです。
調べると三木二郎さんの奥さんは元モデルさんで名前を「美咲」さんというそうで、かなりの美人だということです。

また子供さんも長男と長女2人いるそうです。スポーツ選手のコーチをしていると海外遠征や試合などが多いと奥さんの協力も必要だと思いますが、それは分かっていることで応援してくれているということです。その代わり家にいるときは子供さんと遊ぶなどをしているそうですよ。

スポンサーリンク

池江璃花子が白血病で三木コーチの反応は?

オーストラリア合宿から調子が悪かった池江璃花も子選手が2月7日に帰国し精密検査を受け、2月12日の自身のTwitterで白血病だということを告白しました。これを受けて水泳連盟はすぐに記者会見を開きました。

その中で三木二郎さんは「今まで見たことがない肩で呼吸をすることがあった。」と明かしました。また「病気に立ち向かう姿には頭がさがる。応援していくだけ。温かく見守っていただければ。」と話しています。このことを受けて4月2日から開催される日本選手権は断念することが明かされました。

池江璃花子選手は個人5種目の日本記録をもち、昨年のジャカルタ・アジア大会で6冠を達成するなど成長著しく、2020年の東京オリンピックでの活躍を期待されていましたが、今回病気が発覚し、精神目でも池江璃花子選手の支えになりたいと話しています。

まとめ

2月12日に池江璃花子選手が白血病を告白した時は日本中が驚いたと思います。また病気に対して前向きに取り組むと聞いた時はきっとたくさんの人が頭がさがる思いをしたのではないでしょうか。この病気の治療は大変だと聞いたことがあるだけですが、同じ経験をしてまた活躍している人もいるので、しっかりと治療してまた元気になった姿を見せてほしいと切に願っています。

あわせて読みたい
池江璃花子治療方法や現在の状態は?急性慢性どっちなの池江璃花子さんの告白から一夜経ちましたがが、池江璃花子さんの応援エールが世界中から集まっていますね!白血病と診断された池江選手ですがどん...