スポーツ

石川真佑の高校時代の成績や実力は?兄は石川祐希で兄姉エピソードも調査!

スポンサーリンク
石川真佑選手(東レアローズ)の高校時代の成績や兄はあの石川祐希選手で注目されていますね!今回は女子バレーボール界の期待の星、石川真佑選手(東レアローズ)について調査してみました。

兄はあの石川祐希選手ですが、それだけでなく、石川真佑選手(東レアローズ)の高校時代の成績、実力派の選手としても有名で、女子バレーボール界の期待の星として注目を浴びています。

そして、何と言ってもかわいい!!兄姉仲はどうなんでしょうかね!?

スポンサーリンク

石川真佑の出身中学高校は?

 

この投稿をInstagramで見る

 

レオさん(@sa_to_6)がシェアした投稿


長野市立裾花中学校→下北沢成徳高校。中学は地元愛知県ではなく、バレーボールの名門である長野県の裾花中学校を選びました。

高校から地元や親元を離れるアスリートは多いですが、中学から親元を離れての生活には相当な不安などもあったでしょう。

それだけに、真佑選手の覚悟が伝わって来ます。この名門・裾花中学校では、何と1年からレギュラー獲得、全国中学大会優勝2回、準優勝1回の成績に貢献しました。

3年時には、JOC杯全国都道府県対抗大会に長野県代表で出場し優勝、最優秀選手に選ばれました。

石川真佑の高校時代の成績や実力がすごい!

高校は東京の下北沢成徳高校へ進学します。高校も言わずと知れた、木村沙織さん、荒木絵里香さん、大山加奈さんなど多くの全日本選手を輩出した超名門校です。

自らを厳しい環境に置き、挑戦を続ける真佑選手はメンタルも強さを感じますが、誰よりも努力家なのでしょうね。

下北沢成徳高校でも、1年からレギュラー獲得、エースとして春高バレー優勝の原動力になっています。

翌年の春高バレーでは、残念ながら金蘭会高校(大阪府)に敗れはしたものの、両チーム最多の25得点を叩き出した絶対的エースでした。

翌々年は、3位に終わりましたが、高校3年時は、インターハイ、国体と2冠を達成。
名将・小川監督に「天才」と言われる、真佑選手の強みは変幻自在のスパイクです。

現在も得意なプレーは、スパイクと答えています。以前は強い力を出すために身体に負担をかけながら、無理もしていたようですが、体幹を鍛えることにより、現在は解消しているようです。

レシーブに若干の課題はあるものの、小川監督は「木村沙織や、黒後愛と同様にどの試合でも狙われる。他のチームの皆さんに育てて貰っている」と語っています。バレー人生で思い出の試合や場面は、日本一になった大会。優勝が決まった瞬間だそうです。

スポンサーリンク

石川真佑は小学生時代からすごかった!

岡崎市立矢作南小学校3年の頃から、バレーボールをやっていた姉や、兄(石川祐希選手)の影響でバレーボールを始めます。当時の真佑選手は、野球もやっていたそうですよ!

後に、バレーボールに専念することになりますが、両親もスポーツ選手だったこともあり、スポーツ全般何でも出来たのでしょう。
DNAなんでしょうね。

石川真佑の進路は?日本代表入り?

下北沢成徳高校を卒業後は、高校時代の先輩である黒後愛選手も所属する、東レアローズに入団しました。東レアローズとはと問われ、「成長する場所」と答えています。

常に謙虚で、努力を怠らない真佑選手、意識が高い選手ですね。また東レアローズは、滋賀県大津市に本拠地を置いていますが、ホームタウンの魅力は「琵琶湖」だそうです。

今シーズンの意気込みは、「チームの勝利に貢献出来るよう、精一杯頑張ります」
得点なプレーは、スパイク。

4月には兄・石川祐希選手とともに、全日本メンバーに選出されました。真佑選手は、以前から東京五輪にも出たいとの意欲を持っており、いよいよ日本のエースとして活躍する第一歩ですね。

スポンサーリンク

石川真佑の兄は石川祐希で兄弟仲は?

尊敬する人物を問われ、兄である石川祐希選手と答えています。中学時代に受けたインタビューでは、「兄が世界で活躍しているので、負けないように自分も頑張りたい。東京五輪も目指したい」。

また、まだまだ足りないと前置きしながらも、
「『石川祐希の妹』ではなく『石川真佑の兄』と言われるようになりたい」とも語っています。真佑選手にとって、兄は目標の選手でもあり、兄のように「世界で活躍出来る選手になること」が目標です。

常に兄・石川祐希選手の背中を追いかけているのでしょう。また真佑選手は、兄にアドバイスを求めることもあるようで、その際は祐希選手も具体的なアドバイスをくれたり、兄妹仲はとても良いようです。

石川真佑の姉もバレーボール選手?

医師か祐希選手、真佑選手と常に二人が注目されていますが、実は姉がひとりいます。祐希選手のひとつ年上です。

姉のバレー部に見学に行った際、祐希選手が勧められるままにスパイクを打ったところ、キレイに決まったことに喜びを感じたのだそうです。

それがきっかけとなり、祐希選手は小学校4年からバレーボールを始めました。真佑選手も、姉と、兄の影響で小学校3年からバレーボールを始めました。

両親ともにスポーツ選手でしたが、全く別の競技だったことから、バレーボールを選ぶ可能性は、このお姉さんの存在なくして、現在の祐希選手、真佑選手はなかったでしょう。

ある意味、生みの親的存在かもしれませんね。お姉さんは既にバレーボール界からは引退されているようですが、自分がきっかけとなり弟と妹がバレーボールを初めて、しかも日本代表に選ばれるまでになるなんて、本当に嬉しいことでしょうね!

スポンサーリンク

石川真佑の父母はどんな人?

両親ともにスポーツ選手だそうですが、何と父は元実業団の陸上選手、母は元実業団のバスケットボール選手だそうです!正に、スポーツ一家なんですね。

両親ともにスポーツ選手だったからこそか、兄・石川祐希選手は以前に両親に対して感謝の気持ちを述べています。

「小中学校のバレー部は強豪校で、毎週末遠征に出かけていました。部員の保護者が交代で送り迎えをしていたので、時間や経済的な面でとても負担をかけたと思います。それでも『やりたいことをやりなさい』と常に子供の意思を尊重してくれたことには凄く感謝しています」と話しています。

真佑選手、姉もまた同じなのでしょう。真佑選手は、選手として心がけていることとして「身体のケアをしっかりする。感謝の気持ちを忘れない」と語っており、これも幼い頃からの両親の教育から身に付いているものなのでしょうね。

石川真佑のプロフィール

 

この投稿をInstagramで見る

 

🦆さん(@bluebutterflyvb)がシェアした投稿


・生年月日:2000年5月14日。
・血液型:AB型。
・出身地:愛知県岡崎市。
・身長体重:174㎝、65㎏。
・ポジション:アウトサイドヒッター(ウイングスパイカー)。
・背番号:17。
・ニックネーム:まゆ。
・座右の銘:成長はいつも限界のちょっと先にある。
・性格:負けず嫌い。
・子供の頃の夢:バレーボール選手。
・得意科目:国語。
・ストレス解消法、休日の過ごし方:美味しいものを食べる、寝る、お出かけする。
・元気の源:友達。
・試合前のリラックス法:音楽を聴くこと。

スポンサーリンク

まとめ

顔立ちは、祐希選手に似ているでしょうか。SNSなどでも、超かわいいと、たくさんの可愛らしい画像が挙げられています。プライベートの真佑選手は、まだ19歳の普通の可愛らしい女の子。

ところが、バレーボールとなると一変して、頼りになる存在。その裏には、人前では決して見せることのない、影で努力を重ねている選手です。

真佑選手も選手として心がけていることとして挙げている、感謝の気持ちを忘れずに、そしてまだまだ若い選手ですから、くれぐれも怪我などには注意して、頑張って頂きたいですね。