高校野球

井上広輝(日大三)の身長や中学はどこ?球速球種ドラフト評価も調査!

井上広輝選手(日大三)の身長や出身中学、球速や、球種ドラフト評価はどうなっているのか調べてみようと思います。

夏の高校野球の出場は逃していますが、井上広輝選手はドラフトでの評判も高い選手のため今後の進路も非常に気になる選手の一人ですね!

 

スポンサーリンク
 

 

井上広輝(日大三)の身長体重は?

 

この投稿をInstagramで見る

 

Mさん(@89photo_baseball)がシェアした投稿


井上広輝選手は、身長181㎝体重81㎏。
恵まれた体格を生かした投球は上半身に頼ったフォームでしたが、今春に右肘を痛めたことをきっかけに下半身の強化に力を注ぎ、下半身をしっかり使ったフォームを模索したり、ケガや失敗を受け止める精神面での強さも兼ね備えています。

1日に坂ダッシュを20本、筋力トレーニングはスクワットなどで、ふくらはぎを中心に鍛え、その結果体重は昨年夏から4キロアップし、太腿は61㎝と、右肘痛で離脱時に下半身を強化したことで、球速アップにも繋げています。

井上広輝(日大三)の出身小・中学やボーイズはどこ?

厚木市立南毛利小学校→厚木市立南毛利中学校。南毛利中は、原辰徳監督(読売)が2年まで通っていたそうです。(相模原市立上鶴間中学校へ転校)

小学校1年から兄の大成さんの影響で、当時兄が所属していた、恩名ソフトでソフトボールを始め、中学校は2年まで兄と同じ相模ボーイズ、3年から海老名南リトルシニアでプレーします。この時から投手を始めました。

 

スポンサーリンク
 

 

井上広輝(日大三)の球速球種や投球スタイルは?

常時140~146キロ、MAX152キロ。持ち球は、スライダー、チェンジアップ、シンカー、フォーク、カーブ。

横に曲がるカウントも取れ、三振も取れる高校生としてはハイレベルなスライダー。手元でブレーキして、シンカーの軌道で落ちて行く、左の強打者からでも空振りを取れるチェンジアップ。

柔らかな腕の振りからの直球は、非常に威力があり、空振りが取れる質が高いと評価が高いです。シュート回転で抜ける球も多く、安定してくれば、更にワンランク上のレベルで行けるでしょう。

右打者には外角のスライダーで空振りを取り、左打者には外角に135キロ前後の速いシンカーでゴロを打たせ、110~120キロのチェンジアップで緩急を付ける、以上の3球でバランス良く打者を打ち取る投球スタイルです。

抜け球はあるものの、捕手の構えたコースには投げ分けており、特にスライダーは右打者の外角に制度良く投げられています。制球力には、心配はなさそうです。ノーワインドアップから始動し、左足をゆったりと胸元の近くまで引き上げる。

右足の膝を適度に曲げてバランス良く立つことが出来る。左足を遊撃方向まで伸ばして行きながら、重心を下げながら、左足の膝をロッキングさせて着地を行う。

テークバックの動きを見て行くと、内回り右肘をぐっと上げる形で、無理に右肘を上げると張りやすい投手。日大三高の監督、コーチらはそのあたりを考慮して、投球制限などを行っている可能性も考えられます。

そこから頭を下げてリリースに入りますが、内回りの腕の振りで、打者に近いところでリリース出来ており、球持ちが良く、回転数が高い直球を投げる要因になっています。

踏み出し脚の左足はしっかりと体重が乗ってフィニッシュ出来ており、躍動感溢れ、速球を投げられるフォームになっています。

ただしかなりエネルギーを使う投球フォームのため、将来的に投球フォームのマイナーチェンジなどの可能性がありそうです。

井上広輝(日大三)のドラフト評価は?

・「まっすぐとスライダーのコンビネーションが良い」
・「よく腕が振れている、器用でセンスを感じる。フォームがキレイで将来性を感じる」
・「BIG4(奥川、及川、佐々木、西)に迫る力がある」
・「肘の柔らかさと、しなり、力強さがある」
・「完成度が高い」

などと、各球団も好評価、12球団が視察済みです。井上選手の特徴は何と要っても、スローイングの美しさではないでしょうか。観る者をうっとりさせる、兄譲りのしなやかな腕の振りです。ドラフト1位指名の可能性もかなり高いと言われています。

 

スポンサーリンク
 

 

井上広輝の兄弟は?兄も野球選手?

U18W杯で活躍した井上大成は、2学年上の兄。日大三→青学大に進学しています。
日大三時代は、櫻井周斗(DeNA)、金成麗生(トヨタ自動車)とネームバリューのある逸材がいたため大きな話題にはならなかったが、三塁手の好素材として注目されました。

井上選手がソフトボールや、野球を始めるきっかけや、日大三高に進学したことなどをみると、兄弟とても仲が良いのでしょうね。常に、野球に関する相談などもしているのでしょう。

井上広輝の野球経歴!ソフトボールで日本代表に選ばれていた?

海老名南リトルシニアでは、南関東選抜に選出されました。日大三高に進学しようと思ったきっかけは、お兄さんの大成さんが当時在籍していたのと、2011年エースを務めていた吉永健太朗選手(JR東日本)に憧れていたことからだそうです。

また海老名南リトルシニアの中込明宏監督も、日大三高出身ということもあったかもしれません。日大三高では、1年夏から背番号20でベンチ入り、1年秋に背番号11。

1年秋からはリリーフ投手として活躍し始めます。井上選手は長所に「前腕の強さ」を挙げています。肘から先、手首にかけて人並み外れて強く、幼少期にソフトボールで大きめの球を投げていた影響ではないかと、井上選手自身は自己分析しています。

ソフトボールでは、6年時に日本代表に選出され、世界選手権大会に出場の経験もあります。他に代表歴としては、2018年東京都高校選抜、2019年U-18野球ワールドカップ日本代表に選出されています。

 

スポンサーリンク
 

 

井上広輝の成績や防御率は?

 

この投稿をInstagramで見る

 

あおきはなさん(@hn__baseball_2)がシェアした投稿


井上選手が注目され始めたのが、1年秋の神宮大会で、石川県の強豪・日本航空石川を相手に6イニング投げ、8奪三振を記録しました。2年春の選抜で2試合に登板し、12イニングで3失点と好投します。

この後肘を痛め離脱しますが、2年夏の甲子園では、3イニング無安打無失点、150キロをマークします。高校日本代表第一次まで選ばれました。残念ながら、最終メンバーには選ばれませんでしたが、井上選手の能力の高さが周囲に認められているという証ですね。

甲子園通算成績は、4試合、16 2/3回、10奪三振、4与四死球、防御率は1.62。

 

スポンサーリンク
 

 

井上広輝のプロフィール!

・生年月日:2001年11月19日。
・ポジション:投手、右投右打。
・出身地:神奈川県厚木市。
・家族構成:両親、兄。
・好きな言葉:最強。
・遠投は、115メートル。

2019年の年頭には、「ドラフト1位を目指して練習に取り組みたい」と、目標を掲げました。BIG4と呼ばれる、奥川、及川、佐々木、西に並ぶ期待と注目度の高い選手です。

明確な目標を掲げ、目標に向かって頑張っている姿は、とても輝いていますね。野球に対する情熱やストイックさは勿論持ち合わせていますが、それと合わせて自分自身を見つめる冷静さも兼ね備えているので、性格的にも将来が楽しみな選手です。

スポンサーリンク

まとめ

今年の夏の甲子園を懸けた西東京大会は、残念ながら桜美林相手に準々決勝敗退となりました。高校野球は終わってしまいましたが、次なるステージに向けて、頑張って欲しいですね。