気になるニュース

チョグクの娘や息子の大学はどこ?美人でかわいい!不正疑惑は事実?

日韓問題が悪化していますが、韓国の元大統領府の民情秘書室長経歴があり、現在は、法務部長官内定者のチョグク氏。超エリート街道を歩くチョグク氏ですが、娘を不正に大学に入れた疑惑が持ち上がっています。そのチョグクさんの娘が美人みたいです。そして息子もイケメンなんだとか?娘はどこの大学に通っているのでしょうか?

注目されているチョグクさんの娘と息子の画像は?大学はどこ?美人でイケメン!という話題について調べてみました!

スポンサーリンク

チョグクのプロフィールは?

名前:チョグク

生年月日:1965年4月6日

年齢:54歳

身長:185㎝

出身大学:ソウル大学

大学院:カルフォルニア大学バークレー校

職業:政治家・教授・法学者

身長が185㎝もあり以前はイケメンで仕事もできて人気だったチョグクさん。今は韓国ではチョグクさん問題で大騒ぎです。自分の権力を屈指して娘の裏口入学させた疑惑があるので、韓国国民も激怒です。

それもそのはず韓国の大学受験はとっても大変だからです。

チョグクさん自身はソウル大学法学部を卒業されているのでかなり優秀です。

1999年に東国大学法学部教授に就任

2002年にソウル大学の教授に就任

2017年5月から2019年7月まで大統領側近と言われている大統領府民情首席秘書官に就任。

2019年8月9日に法務部長官候補に選ばれたばかりで、今回の裏口入学問題が発覚したのです。

素晴らしい経歴の持ち主で、しかも出世コースを進み、大統領の側近にもなったのに、ここで人生は崩壊していまいました。

また娘以外にも息子の兵役逃れも発覚し次々と権力を利用した不正が暴かれています。

チョグクが玉ねぎ男と呼ばれている理由は?

チョグクさんはなぜ玉ねぎ男というあだ名がついたのでしょうか?

その理由は、むいてもむいても疑惑が出てくるからだそうです。なるほどって感じですね。

娘の不正入学から始まり、息子の兵役逃れ、更には偽装の不動産売買疑惑など、次々とたまねぎのように不正が出てきています。

これだけやっているということは、もっと不正はやっていそうですね。不正に慣れてしまうとちょっとくらいという感覚になってもおかしくありません。

チョグクさんは会見を開いたのですが、会見時間が8時間を超える長時間会見となりこちらも話題になっていましたね。8時間も会見していたら、何の質問をされて何と答えたのか、こんがらがってわからくなりそうです。

チョグクさんもかなりお疲れのようでしたが、韓国のマスコミの追求もすごいので言い逃れはできません。

スポンサーリンク

チョグクの嫁と子供は?

チョグクさんの奥様は、チョン・ギョンシムさんです。2人には子供が2人いて娘さんの名前はチョ・ミンさん。とっても美人な女性で韓国の女優さんのようです。

そして息子さんは、チョ・ウォンさんで現在は大学院生のようです。

嫁のチョン・ギョンシムさんは東洋(ドンヤン)大学の教養学部の教授をしていて、チョンギョンシムさんは英語を教えているそうです。

嫁のチョンギョンシムさんもソウル大学に通っていたそうで、大学時代にチョググさんと知り合ったそうです。

チョグクの娘の大学はどこ?不正入学は事実なの?

チョグクさんの娘は高麗大学出身です。この大学に入学する時に不正したのではないかと疑惑が持たれていますが、何もなければ疑惑はおきませんし警察も確たる証拠を持っているのでしょう。

娘のチョミンさんの学歴もすごくて、高麗大学、ソウル大環境工学大学院半年、釜山の医療大学院と、学歴は、はちゃめちゃです。文系から理系の大学に行き、最後は医大ですよ!普通じゃ考えられないコース。

また釜山医療大学に通っていたときは、奨学金を受け取っていたこともわかりました。奨学金は3年間学期ごとに200万ウォン貰っていて、3年間の合計は1200万ウォンにもなります。

また娘は成績が優秀なわけでもなく、なぜここの大学にいるのか、また1200万ウォンの奨学金を受け取っていたことには納得できないと韓国国民を怒り心頭状態です。

チョグクさんはお金持ちで裕福な家庭でしょうから、なぜ奨学金を受け取る必要があったのでしょうか?資産も多いし、チョグクさんはら奨学金受給対象者から外れるのが普通でしょうからね。

国民も怒るのは当然です。

チョ・ミンさんが大学を不正に入学したと言われているのは、大学の筆記試験を受けないで入学したからんです。韓国では受験戦争と言われているくらい大学受験は過酷な戦いがあります。

それをチョグクさんの妻が大学教授であることを利用して、知人に頼み複数の大学の研究室にインターンとして通い、論文の共同著者に名を連ねてもらったそうです。

それを内申書に記入し、筆記試験をしないで韓国の名門大学高麗大学に入学したというのが許さることなのか?と問題視されているのです。

韓国は学歴社会!大学受験は過酷すぎる?

韓国と言えば大学入試がとっても大変なことで有名ですよね。日本でも韓国の大学受験のニュースが報道されていますが、韓国は学歴社会!!韓国の子供たちは良い大学に入るために小学生のころから猛勉強に励む子が多いそうです。

日本とはだいぶ環境が違いますね。大学受験に臨むために、韓国の高校生は朝から晩まで受験勉強をしています。一部の高校生が朝から晩まで勉強しているわけでなく、大学受験に合格することが人生を左右すると言われているため、必死に勉強する高校生がたくさんいるんです。

そのため受験のライバルは強敵ばかり。

韓国の大学受験はスヌンと呼ばれる「大学修学能力試験」があります。日本だとセンター試験のようなものです。

しかし日本と違うのは、大学独自の試験はなくて、スヌンの一発勝負しかありません。この1回の大学受験で将来が決まるようなものなので、もちろん浪人はできますが、やはり受験に失敗していまうと、日本以上に将来の不安を感じてしまいます。

また受験に失敗して自殺してしまう方もいるそうで、本当に韓国の大学受験は大変で過酷です。そのため、まさかの不正や裏口入学なんてことが万が一あった場合は、韓国国民全員を敵に回すと考えていいでしょう。

それをチョグクさんは娘のために?不正入学をさせた疑惑が持たれています。チョグクさんだけでなく嫁も関わったとされているので家族全員で不正を認知した?ということになってしまいますね。

スポンサーリンク

まとめ

チョグクの娘や息子の大学はどこ?美人でかわいい!不正疑惑は事実?という問題について調べてみました、次々と不正が発覚しているチョグクさん。どこで人生を間違ってしまったのでしょうか?

娘さんの学力が足りなくて、筆記試験は受けなかったのでしょうか?それが本当に娘のためになるのか、頭が良い仕事もできるチョグクさんなら正しい判断ができたと思うのですが、残念です。