テレビの話題

左利きのエレン(ドラマ)のロケ地撮影場所まとめ!

10月からスタートするドラマ左利きのエレンのロケ地や撮影場所についてまとめていこうと思います。まだまだ情報が少ないのですが、調べてみました!

スポンサーリンク

左利きのエレンのロケ地撮影場所はどこ?

ロケ地情報が解禁されていないのですが、漫画左利きのエレンからどんな場所が使われるのかピックアップしてみました。

まずは、左利きのエレンの主人公の朝倉光一が働くオフィス!光一は広告代理店で働くデザイナーです。広告代理店からお客さんのところに出向くため都内の各地でロケが行われているのではないかと思います。

そしてエレンとの繋がりを見つける横浜の美術館!

漫画だと横浜の大きい美術館の横に、エレンが黒人アーティストのバスキアのような絵を書いているシーンがあるのですが、ドラマでもこの横浜の美術館の壁が使われるかもしれません。

横浜の美術館と言えば、みなとみらいにある「横浜美術館」が思い浮かびますね。

こちらが横浜美術館の外観です。雰囲気もとってもいいですよ!ドラマでこの場所が出てきたら横浜美術館ですね。

放送後に確認して実際どこが使われたのか追記していきますね!

光一は、横浜の美術館の落書きを目にして、自分の絵の何百倍も上手いやつ!この絵を書いた横浜のバスキアを探そうということになるんです。

ドラマでも現在の光一と、高校時代の光一のシーンが描かれていくと思います。

スポンサーリンク

エレンと光一が通っていた高校のロケ地はどこ?

エレンと光一は高校生の時に出会うため、高校生活のシーンも度々登場するのではないでしょうか。そうなると、学校のロケもしているはずですね。

どこの学校を使用しているのか現在調べていますのでお待ちください。

スポンサーリンク

左利きのエレンの第一話で使用されたロケ地はどこ?

Coming Soon

左利きのエレンの第二話で使用されたロケ地はどこ?

Coming Soon

左利きのエレン第3話で使用されたロケ地はどこ?

Coming Soon

左利きのエレン第四話で使用されたロケ地はどこ?

Coming Soon

左利きのエレン第五話で使用されたロケ地はどこ?

Coming Soon

左利きのエレンは現在も撮影が行われています。ロケ地の目撃情報や新しい情報が入り次第追加してきます。